2008年09月10日

漢方薬の一番いい飲み方

今回は、患者さんの方から、リクエストをいただいて、書きたいと思います。

不妊症から妊娠まで その5はまた今度

漢方薬は、何種類かの生薬で構成されています。

例えば、桂枝茯苓丸なら 桂枝、茯苓、芍薬、牡丹皮、桃仁の5種類で構成さ
れています。

各生薬は、それぞれ違った働きをもっていて、次項有この組み合わせは、最近考え出されたわけではなく、動物実験をもとに考え出されたわけでもありません。

ひらめき過去、2千年間の中でいろいろな組み合わせが使われて生き残ってきた経験の賜物です。

生薬は、自然のものなので、食べ物に近いものです。
例えば、湿疹によく使用する消風散にはゴマが生薬として含まれています。

ひらめきそれら、自然のお薬が膨大な時間と犠牲を経て絶妙な組み合わせになっています。

ですから、漢方薬の効果を最大限生かそうと思うと空腹時にお白湯で飲むことがよいのです。

次項有なぜなら、胃に食べ物やお薬や飲み物が残っていて、漢方薬と混ざってしまうと絶妙な組み合わせが微妙な組み合わせに変わってしまうからです。

一方、病院の新薬は、だいたい食後でもOKです!

なぜなら新薬は単体の成分でできているからです。

いろいろな働きのものが絶妙な組み合わせになっていません。あせあせ(飛び散る汗)

それに自然のものではなく、身体の通常の働きからは、考えられないくらい強い働きをしますので、単体でものすごく効きます。どんっ(衝撃)

だから体質を選ばず、誰でも同じようにすばやく効くのです。
新薬の場合は、お薬の働きにすごく頼るので、お薬の効果時間が切れれば、おもしろいほど、きっちりと症状があらわれます。ダッシュ(走り出すさま)

漢方は、生薬自体の効果が治療のメインではありません。

眼鏡身体をどう補助してやれば自然治癒力が発揮されるのかを考え効果を発揮させます。なぜなら薬の効果だけに助けられているとお薬をやめることができないからです。

それは、治癒とはいいません。
新薬は、そこんとこをうまく説明してます。
そう、ビタミン剤以外は大体「対処療法です」とちゃんと書いてあります。

これは、勝手な持論ですが、新薬もうまく使えば治癒率があげることができる思います。

次項有いろいろな体質の方にあわせて分量を調節し、お薬をその体質にあわせて数種類、組み合わせるのです。
それと新薬は、漢方薬より効果が早いので、患者さんを1日ごと(ヘタすりゃ何時間か)に経過観察し、お薬があっているかどうか見ていきます。

もちろん、あっていないと判断すれば、組みあわせの変更です。

病院が人で溢れかえってパニックでしょうね。
また1日ごとに観察される患者さんも治療のためとはいえ実際は嫌でしょう。
じゃあ、もうちょっと強制的な効果じゃなく、生体リズムにあわせた効果速度に調節して、、、

あっそれって漢方薬ですね。

目西洋医学も今の形が確立してから300年ちょっとなので漢方のように後1700年位たて複数の薬の使い分けができるかもしれません。

soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
不妊症や蕁麻疹、アトピーなど病院のお薬を飲んでもなかなかよくならない方あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 22:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
Posted by サトシ at 2008年09月12日 08:07
サトシさん、なかなか、おもしろいブログですね。応援ありがとうございますっ!!

これからもよろしくお願いします。
Posted by 華陀 at 2008年09月12日 09:51
コメントありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
Posted by サトシ at 2008年09月12日 12:30
華陀さんはじめまして。
私の悩みを聞いていただけますか?

2ヶ月ほど前から急に吹き出物が多発しました。
顎、フェイスラインがメインで頬にも少々、おでこ、こめかみにも。
普段から白にきびが出やすい方でたまにそれが悪化して炎症を起こすこともありましたが、
こんなにたくさん出来たのも、なかなかよくならないのも初めてです。
授乳もしていて生理も再開していたこともあり、
ホルモンバランスの崩れかと思い「当帰芍薬散」を薬局で購入して3週間飲みましたがあまり改善がみられませんでした。
最近断乳し、おもいきって皮膚科に行きました。ビタミン剤3種類と抗生物質のクリームと弱いステロイドのクリームと「加味逍遙散」を処方されました。にきびで気分が沈みがちだったのが加味逍遙散を飲んだら少しすっきりした感じがしました。奥様が加味逍遙散でにきびを治されたとのことですが、どれくらいの期間飲まれたのでしょうか?私のようなタイプにはやはり加味逍遙散が適切でしょうか?
長々と申し訳ありません。
よろしくお願いします。
あっうちの主人もサーフィンをしてます^^
Posted by モナ王 at 2008年09月12日 20:27
モナ王さん、初めまして。
まず、白にきびということなんで、にきびの先が膿んでいるのでしょうか?

ニキビの状態だけ、お聞きしていますと十味敗毒湯や荊芥連翹湯も処方候補に入ってきます。
ただし、あくまでニキビの状態だけをみてなので、全身の状態をみる必要もありますが・・・

当帰芍薬散に関してですが、当帰芍薬散は陰のオ血と呼ばれる体質に使います。
この体質の方は時間がかかります。
ですから3週間では、よかったのか悪かったのか判断がつきません。

うちの妻が加味逍遙散を飲んだ期間は、3ヶ月位です。(全部は書いていませんが、最初の月は、漢方薬をもうひとつ飲んでいました。)

漢方薬は個人の体質に合わせた治療なのでモナ王さんが、3ヶ月かどうかは、わかりません。
その方の体質によって全然違ってきます。

人によっては、証(体質)が1ヶ月で変化し、漢方薬を変方(変更)することもあります。

僕は全身症状を細かくお聞きして、漢方的体質、治療戦略をたてた上で治療します。
申し訳ないですが、ニキビの状態だけでは、加味逍遙散があうタイプかどうかわかりません。

漢方薬は、患部の状態や全身症状、見た目などから判断し、証(体質を)を決定します。

皮膚科の先生に決定された証をお聞きし、漢方的にどういった目標(例えば、上熱をとって気を発散させる)で治療されるのかお聞きしてはいかがでしょうか?
それを参考にすれば、現在うまくいってるのかどうかある程度、推測できますよ。

台風、来ました!
いい波、期待してワクワクしてます。
Posted by 華陀 at 2008年09月13日 10:39
華陀さん こんばんは。
お返事ありがとうございました。
とても丁寧にアドバイスくださってうれしいです。

にきびは赤紫っぽくて奥にこもった感じが多いです。結構大きいので目立ちます。
それが時々炎症を起こして膿が出たりもします。
大きいの以外にもすごく小さい白にきび(コメド)がたくさんあります。
皮膚は薄く色白です。
とにかくこもりやすい体質のようで普段から毛穴が詰まりやすいです。
フェイスラインはホルモンが影響していることが多いらしく、出産や授乳のこともあり、プチ更年期のような症状もあったりするので、皮膚科の先生は加味逍遙散を処方されたようです。「ぱっと見は当帰芍薬散タイプだと思ったんだけど3週間飲んで結果が出ないのなら違うね〜」とおっしゃられていました。

↑の漢方相談という所から相談すると詳しい証を知ることができるのですか?
華陀さんが診断してくださるのでしょうか?

台風で海はクローズになってないのですか?
波乗り楽しんでくださいね^^
Posted by モナ王 at 2008年09月13日 22:43
漢方は一定のマニュアルがないので、処方される方によって考え方が変わりますが、僕の経験上では、以前も書きましたが、当帰芍薬散を飲んで3週間で結果を期待するのは、ちょっと難しいと思います。(陰証のお薬なので・・・)

こればかりは、体質を総合的に判断しないとわかりませんが、体質によっては、経験上、3日目から変化が出る方もいらっしゃいます。

漢方相談というところから相談できます。
私が判断します。
ただし、詳しい証を判断するサービスではなく、治療を前提とした証の判断です。

海はクローズしていない、ポイントを選らんでいけますので、問題ないのですが、日曜日はイベントがあって、波乗りいけませんでした。

月曜日に行こうと思ったら、子供が熱、出しちゃっていけませんでした。
残念!
Posted by 華陀 at 2008年09月16日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。