2006年02月02日

体質の判断 【微熱や熱】 その1

熱が続く原因は、いろいろあります。
ウィルスによる炎症、風邪のときの熱は、典型的な熱症状の原因です。

その他、肝炎・扁桃炎・副鼻腔炎・慢性腎炎・胆嚢炎・関節炎なども微熱が続
いたりする原因となります。

胆石でも微熱が何日も何日も続くことがあります。
西洋医学的には、熱は、ごくかんたんにいうと免疫を上げようとした結果とし
て出てきた症状です。


一方漢方では、必ず体温が上がることが熱があるといいません。exclamation
えっ?
体温上がってないのに熱がある・・・あせあせ(飛び散る汗)

ここが漢方の不思議なところ!

漢方では、実際に体温が上がっていることも熱があると言いますし、”のぼせ
る”とか”ほてる”というのも熱があると判断します。
また、新陳代謝が活発になりすぎている状態も熱がある”熱症状”と捉えます。


ひらめき一般的には、「新陳代謝が活発なのは、元気でいいこと!」みたいに思われま
すが東洋医学の健康の基準は、「なに事もほどほど」
「がんばりすぎも後でつかれますよー」ってことなんです。


漢方独特の判断の仕方によっては、実際に体温が上がって熱がでていても患者
さん自身は、熱の症状がなく、逆に「冷える!」「寒い!」など寒冷の症状が
あれば、寒アリと判断し、熱を冷ますお薬でなく、熱を与えるお薬で
熱を冷ま
すこともあります。
ダッシュ(走り出すさま)

熱を与えて熱を冷ます・・・漢方って不思議です。(って思ってるの僕だけ)

こういったケースの場合、単純に
体温上がってる→熱を冷ますお薬=副作用みたいな症状
となるのです。

これは、副作用ではなく、体質に合ってない!!だけです。

また続き書きます。


soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
痔や脱肛、痔ろうの方、もちろんその他、病院のお薬を飲んでもなかなかよくならない方
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


                           
人気ブログランキングに参加しています。
役に立ったと思ったら、ぜひとも応援クリックお願いします m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方的 体質チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック