2006年02月17日

胃もたれ 吐き気 胃のこと 続き

前回の 胃もたれ 吐き気 胃のこと はコチラ

吐き気とは、嘔吐する前に起こるものです。
吐き気と嘔吐という症状は、食べすぎから、ガンまでいろいろな病気の可能性があります。

大まかにみても、慢性胃炎・胃がん・胃アトニー・急性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・妊娠悪阻・風邪・インフルエンザ・肝炎・月経困難・胆のう炎・胆石症・片頭痛・脳出血・脳腫瘍・脳血栓・脳梗塞・くも膜下出血・メニエル・緑内障・尿毒症・腎不全・急性虫垂炎・急性腹膜炎・急性腸炎・尿管結石・食べすぎ・乗り物酔い・神経性嘔吐症・熱射病・日射病・・・・などです。

ほんとに多いexclamation×2

ただ単に吐き気・嘔吐があると上のどれかの病気なのか?というわけではありません。
この吐き気や嘔吐に「腹痛がある」とか「みぞおちあたりがもたれる」とか「頭痛がある」とか「めまいがある」とかでどの病気なのか絞られてきます。

ですから吐き気や嘔吐があるからただ単に胃が悪いのかなと決めるのは危険です。ひらめき

例えば胃がんの場合、初めのほうは、ほとんど症状はありません。
軽くもたれる感じで、食欲がないという程度ですがガンの状態が進むとみぞおちの鈍い痛みと吐き気が出てきます。それがさらに進むとやせてきたりします。

つまり、吐き気や嘔吐は、ぜんぜん問題ないかもしれないし、めっちゃ危ないかもしれないということですね。

ですから薬を飲むかどうかは別として検査は重要ですね。ひらめき

かくいう僕も胃痛と吐き気が続いて、いっときは、胃ガンじゃないかとびびりまくっていたときがありました。あせあせ(飛び散る汗)

検査してみたら・・・何にもありません。とのこと
な〜んだという感じ

でもその後、問題ないということで薬も出ず「ハイ!終了」となりましたが、症状はしっかり次の日も次の日も続きました。

結局、漢方薬を自分で選んでしばらく飲んでいたらよくなりました。

吐き気が続いたり嘔吐が続いたりしたら、検査は重要です。
自分が思っているよりもすんごい悪い状態かもしれないので。ふらふら
でも逆に症状があるのに検査で何にもないということもあります
これは、漢方治療が向いてるかもしれませんね。

病院で検査して原因があって薬をもらって飲んでてても一向によくならなければ漢方薬は適していると思いますよ。

soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
胃痛や吐き気、胃潰瘍など病院のお薬を飲んでもなかなかよくならない方
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


                           
人気ブログランキングに参加しています。
役に立ったと思ったら、ぜひとも応援クリックお願いします m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 症状を治す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次男のことですが毎朝吐き気がして学校を休んでいます。本人は早く学校に行きたいのに吐き気がして行けないと言っています。吐き気のことを調べたら@余分な水分の毒素が溜まってしまっている A気の流れが滞っている B季節や気候の影響を受ける などが当てはまっています。
どのような薬が適しているのでしょうか。
Posted by 菊川 正明 at 2006年10月29日 21:31
コメントありがとうございます。
弟のためにお優しいお兄さんですね。

AとBは吐き気のある方は誰でも当てはまるものだと思います。

@に関しては、水分の滞留の場合もあったり、熱が胸の辺りにたまっている場合もあったり、はたまた内臓が寒、つまり冷えを受けることによって起こったりといろいろあります。

それを判断するには、体格や食欲などなど総合的に判断しないと漢方は西洋医学とは違いますので”吐き気”だけで分析することはありません。

詳しいことは”漢方的体質チェック”なんかも読んでみてください。

なので申し訳ないのですが吐き気の部分だけでお薬を選ぶとあてずっぽになってしまいます。

ご参考になりましたでしょうか。
Posted by 華陀 at 2006年10月31日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13406836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック