2006年03月13日

体質チェック 三陰三陽 その1

漢方には、独特の体質を判断する方法があります。
それが三陰三陽exclamation「さんいんさんよー」と呼びます。

何じゃそりゃ?って感じですねあせあせ(飛び散る汗)

かんったんっに言うと
◆今病気がどの段階にあるのか
◆その病気の性質はどんななのか

を知ることができる漢方的体質チェック方法です。

西洋医学では、リウマチやガンなどは、今何期にあるか、レベルが何になるのかとわけていますがあんな感じです。

現在の症状がどの段階にあるかで当然、使う漢方薬も変わってきます。
段階は、全部で6段階あります。

三陰というのは、陰証と呼ばれる状態が中心となる体質のことです。雪
三陽というのは、陽証と呼ばれる状態が中心となる体質のことです。晴れ

三陰三陽では、通常、病気は陽証から始まっていき除々に陰証にむかって進んでいきます。つまり陰証になるほど病は重いという考え方です。

ですから順番からいくと三陽三陰ですね。
三陽の初め、病気の始まりは太陽病です。

太陽病とは、身体の表面に病があり、症状は頭痛、発熱、悪寒が代表的な症状です。表面に病気がありますから筋肉痛や肩こりなども太陽病の症状となります。

次にその太陽病の段階で病気が治らないと次の段階に進んでいきます。
次の段階は少陽病となります。

少陽病は、病気が身体の表面からやや中へと侵入していった状態をいいます。
代表的な症状は、吐き気、口が苦い、食欲がない、みぞおちあたりがつかえた感じがするなどで喉の症状や胸の症状関係はこの少陽病であることが多いです。

次の段階に進むと陽明病となります。
完全に身体の中に病気が侵入し身体は熱をもった状態となります。
代表的な症状は、便秘です。その他、汗がだらだらと出るのもこの病態期の特徴です。

次回は陰証が中心となる三陰病です。


soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
痔核や痔ろう、脱肛など、病院のお薬を飲んでもなかなかよくならない方
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。

                           
人気ブログランキングに参加しています。
役に立ったと思ったら、ぜひとも応援クリックお願いします m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方的 体質チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14713975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック