2008年10月24日

にきびが気になるキレイな女性

肌のトラブルは女性がもっとも気になるところ

肌が荒れていたり湿疹があるとそれだけで気分が落ち込むものです。もうやだ〜(悲しい顔)

肌がキレイになれば精神的にも落ち着晴れやかな気分になれます。

今回は、20代後半になってから、にきびがどんどんとでき始めた方の症例です。

相談の方は、20代後半の方で体格、やせずぎず、太りすぎずの普通の体格です。ニキビは頬からアゴにかけてあり、根元部分は白く先の方はあかーくなっています。

お仕事は、精神的というより肉体的に酷使するもので疲れやストレスがたまると甘いものが食べたくなるようです。

問診にすると冷えが強く、生理のときはお腹が張ったような感じになるそうです。

ニキビの漢方薬は大きくわけると上半身がのぼせるタイプと全体が冷えるタイプにわけられます。

今回の方の場合は、全体が冷えるタイプ
この体質にあう漢方薬を飲んでいただこうexclamation

ひらめきもちろん養生も重要なので甘いものも控えないとなかなかよくなりません。

甘いものは精神的な緊張を緩めストレスを緩和してくれますがあまり多く摂りすぎると糖分が代謝するときミネラルを奪い間接的に代謝が落ちて身体が冷えやすくなります。

漢方薬を飲んでいくと初めはニキビの先の赤みがだんだんとなくなっていきました。にきびの数は少ししか減らなかったのですが生理が安定してきました。

その後にすこーしずつニキビの数が減ってきました。

ツルツルお肌までもう少しですぴかぴか(新しい)

●ニキビなど、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif                       


posted by 華陀 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 漢方治療例(症例) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

にきび ストレスについて
Excerpt: ○ストレスで悪化する可能性もある 臨床的に見ても、ストレスは確かにニキビを悪化さ...
Weblog: にきび にきび治療情報ナビ
Tracked: 2006-11-21 19:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。