2006年06月16日

食欲のあるなし

漢方医学では、食欲があるかないかということは、かなり重要です。
例えば風邪でも食欲がある人の風邪とない人の風邪では、漢方薬も違ったもの
になります。

また薬のために食欲がなくなることもあります。
漢方薬の中にも食欲に影響するものもあるので食欲の有無もきちっとチェック
してお薬を選ぶ必要があります。

ひらめき東洋医学には虚証と実証とよばれる体質の判断がありますが、この体質を判断するときに食欲があるか。食べ過ぎても下痢をしないか。吐き気がこないかを判断基準として使うこともあります。

変わった判断としてお腹がすきやすいか。少し食べると満腹感があるか。食べる前は食欲があったのに食べ物をみると食欲がなくならないか。などがあります。わーい(嬉しい顔)

胃腸の弱い人は、食事の後、だるくなって眠くなりやすいです。

漢方では、胃腸の弱いことを脾虚とよびます。
脾虚のタイプの方には、あまり強い漢方薬を使うとよけいに症状がひどくなる
こともあるので気をつけないといけません。

漢方医学では、食欲がないということと食べられないということはわけて考えます。
食欲があって食べられない方は、お腹の張り具合もチェックしないといけませ
ん。

医食同源という言葉があるように食べることは、治療の基本です。
身体が悪くなるのもよくするのも食べ物が基本にあります。

その食べ物も食欲がなければ意味がありません。
ですから漢方医学では、食欲の有無が重要になるのですね。



soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
胃炎や、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など、病院のお薬を飲んでもなかなかよくならない方あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 症状を治す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
漢方について大変興味があります。
また見に来ます。
できれば相互リンクお願いできますか?

よろしくお願いします!
Posted by おさたん at 2006年06月17日 17:12
見にきていただいて、ありがとうございます!!
ブログ拝見しました。
病院の裏話、最高ですね。
これからもジャンジャン暴露してください。
リンクしておきますね。
Posted by 華陀 at 2006年06月17日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19137254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック