2006年08月08日

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト

パイレーツ・オブ・カリビアン2 見てきました!

前作もものすごいお金がかかってるなと思いましたが今回も相当、お金がかか
っている感じです。

paireatsu.gif

公式HPはコチラ

ストーリーは、前回の不死の海賊 バルボッサからブラックパール号(ジャック・スパロウの海賊船)を奪い返した海賊船の船長 ジャック・スパロウ再び、気ままな海賊生活を送れるはずの彼の前にはたまた海の悪霊が立ちはだかる。

悪霊の名はデイヴィ・ジョーンズ
13年前にジャックはデイヴィ・ジョーンズと契約をかわしていた。
それは、プラックパール号の船長になれるかわりに自分の魂をデイヴィ・ジョ
ーンズにわたすこと。

契約期間は終わり、デイヴィ・ジョーンズが悪霊たちとともにジャックを追い
つめる。
ジャックは悪霊から逃れるための方法を探して冒険にでる。


前作同様、海賊の伝説満載です。

イギリス政府や悪霊、謎の部族に海の悪魔の伝説になっているクラーケン
謎の鍵!謎の宝箱!

海賊時代ってこんなだったのかな〜とイメージできる作品です。

話の筋は単純なんですが、場面がつぎつぎに移っていくため、なんか話がよく
わからん感じになります。

あんまり、神経質に話を追わないでとにかくその場を楽しむ的にみるとほんとにおもしろいです。

また女性にとっては最高でしょう。

いい加減だけど男前で男のフェロモンとセックスアピールむんむんのジャック
・スパロウ

まじめで勇敢なウィル・ターナー


つきあうときに一度は迷ってしまう2人の正反対の色男男の魅力たっぷりな作品です。

ジャック・スパロウ役にはジョニー・デップ
いわずと知れたセクシーな男

最近の出演作ででは、「チャーリーとチョコレート工場」が有名ですが、実は
「シザー・ハンズ」で脚光を浴びました。

ジョニー・デップで個人的におすすめな作品は「フロム・ヘル」「シークレット・ウィンドウ」です。
どちらもちょっと危なげな感じでいいですよ。

ウィル・ターナー役にはオーランド・ブルーム

「ロード・オブ・ザ・リング」で脚光をあびました。
おすすめ作品は「キングダム・オブ・ヘブン」みためのちょっとキレイ系な感じと違って精悍な感じがでていておもしろいですよ。

エリザベス・スワン役には、キラー・ナイトレイ
お嬢様で文句がつけがたいウィルと婚約しているにもかかわらず、自由気まま
なジャックが気になる役どころ

他には「キング・アーサー」にも出演しています。

デイヴィ・ジョーンズ役にはビル・ナイ
正直あんまり知りません。
でも大ベテランだそうです。

今回、かなりの存在感があったのは、怪しげなジプシー・クイーン役のナオミ・ハリス

汚い格好で出てきますが、なんかかわいい雰囲気がただよっています。
次回作はコリン・ファレル主演の「マイアミ・バイス」だそうです。

監督はゴア・ヴァーンスキーという方です。
アメリカ版のリングを手がけた方です。

製作はあのジェリー・ブラッカイマー
「アルマゲドン」「パールハーバー」「ナショナル・トレジャー」とまず間違
いなく楽しめる映画ばかり製作してます。

雄大な景色にさまざまなアクションを堪能するならパイレーツ・オブ・カリビアンはおすすめです。わーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

神戸フランツ【ヨーグルト生チョコ】
Excerpt: ブルガリアにある石畳をイメージしたヨーグ・・・
Weblog: チョコレート武勇伝
Tracked: 2006-08-10 14:49