2012年04月10日

ツムラの漢方薬は、なぜ効かないと言われるのか? その1

病院業界での漢方薬No.1シェアはツムラの漢方薬です。
なので、病院で漢方薬を貰っている場合は大体、ツムラの漢方薬を飲んでいると思います。

そのツムラの漢方薬ですが、僕ら漢方業界では、なぜか効きが悪いと言われています。(あくまで噂なので実際はわかりません)
業界だけでなく、僕たち身近な漢方医の間では、ツムラの漢方薬をで効かせたい場合は、3倍量は飲めとも言われています。

業界全体の経験的なところから来る噂だと思うので真意はわかりませんが、僕の経験から『なぜか」を個人的見解で勝手に考えてみました。(ちなみに他の漢方薬メーカーでこれだけ、全国的に、こんな噂がたっているところはありません)

まず、僕の実際の経験からお話します。

その人は病院で一切、体質判断されずに病名漢方で処方されました。

しかし、僕が体質からみても、すでに処方された漢方薬と同じでした。
たまたま、処方と体質があってたのですね。ラッキー!

で、その漢方薬、かれこれ半年は飲んでいるとのこと。
僕は患者さんに『病院と同じ、処方になりますが、それでもいいですか?』
と事前にお聞きしたら、かまいませんとのこと。

その後、うちの漢方薬を飲んで1週間で効果が出ました。
ツムラの漢方って何が違うの?

もう一人の方は、副鼻腔炎。

この人は、もともとツムラの漢方薬でもそこそこ効いている方でした。
うちでは、違うことで相談していただいていたのですが、どうも、そのツムラの漢方薬、飲んだら、なんとなく効くが、だらだらと1年以上飲んでいて、ぴしゃっと治らないのでやめられないとのこと。

業界的に『ツムラの漢方薬は3倍飲まないと効かないと噂されている』という話をしていたら、その方が実際に3倍量に挑戦したようです。(うちの漢方薬ではないので指示はしていません)

そしたら「前よりも効いた」と
しかし、量が半端じゃないので、先生のところで出してほしい。とのこと。

そして処方としては、同じものをお渡ししました。
もちろん、量は通常の規定量。

そしたら、「ツムラの3倍量より効いた」とのこと。
しかも、ツムラの飲んでから、「なんとなく効いてるのかな」といった感じではなく、明らかに「効いた」感じがあったとのこと。

僕は『そうでしょう!』という思いより、漢方家として、「噂は本当やったんや。なんでツムラの漢方薬が効かないのかが不思議だ」と思いました。

なぜなら、ツムラの漢方薬も処方構成が変わらないはずだからです。

漢方薬は、飲めばかならず、なんらかの効果があるというものではありません。

新薬の場合は、体質の違いによって、同じお薬の効果が変わることはありませんが、漢方の場合は、体質と漢方薬が合っていなければ、ウンともスンともいわない時もあります。

だから、体質であわせずに病名漢方で処方している漢方薬が全く効かないのはわかります。

でもそれは僕らも条件は同じ・・・

でも、この例で使った処方は、ツムラもうちも全く同じ処方です。
で、100歩譲って、患者さんに慎重に慎重にミスリード(うちのが効いたんじゃない?と思わせないように)しないように聞いてみても、やっぱりツムラは効いていない感じ。

そこで考えてみました。

その2へ続きます。 続きはコチラから
「ツムラの漢方薬は、なぜ効かないと言われるのか? その2」

soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
不妊症の病院でうまくいかない・・・ホルモン剤を飲んでもなかなかよくならないとお悩みの方。
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。

posted by 華陀 at 11:53| Comment(18) | TrackBack(0) | 病気を治す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。なるほどと思いながら読ませていただきました。
トラックバックがうまくできなかったので、記事にリンクさせていただきました。
また読ませていただこうと思います。
ためになる記事を、ありがとうございます。
Posted by smaila at 2013年10月21日 12:46
お読みいただきありがとうございます。
またリンクもありがとうございます。

あくまで私見ですが、この業界で、かれこれ16年以上携わり、いろいろ現場の裏側も見てきましたので、それほどハズしてないんじゃないかと思います。

これからもお読みいただけたら嬉しいです!
Posted by 華陀 at 2013年10月22日 18:45
同じような記事をクラシエの漢方でも出てきます
クラシエとツムラで潰しあってるんでしょうか
Posted by at 2013年12月21日 08:02
コメントありがとうございます。
医療漢方のシェア取りとしては互いに潰し合っていると思います。

クラシエさん(カネボウからの社名変更)もカネボウ時代の多額の債務超過でホーユーに営業権が譲渡され、ツムラさんも売上げ低迷の起死回生に今の新薬分野の社長が業績を回復させたので、どちらも治療云々よりもコストカットによる業績アップが命題となれば、自然の薬である漢方薬の質は自然、落ちてしまうのかもしれませんね。

そこが人工化合物である新薬と自然のとれたものからしかつくれない漢方薬との違いで、皮肉なことに業績を上げようと思えば思うほど、患者さんにとっては良くない状況になっていくような気がします。
Posted by 華陀 at 2013年12月21日 15:30
今漢方外来に係ってますが、他科のドクターが
「ツムラは3回飲まないときかないよ」と教えて頂きました。保険を適応させるためと原材料の値上がりをどう吸収するかで2回なんか決めてるけどねと。1種はうまく効いてますがもう1種が謎です。ふむふむといつも拝見させて頂いてます。
Posted by あひゃ at 2014年09月22日 23:50
ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
漢方薬の場合は自然原料で相場があるので、薬価差益がなくなっていますものね。漢方薬メーカーも儲けがないから続々と手を引いているのが現状です。治療云々よりも健康保険と経営の実質的な問題ですね。

僕らの業界では、昔からツムラで単発で本当に効かせたかったら、1回当たり3倍飲めというのが誰が言い出したのかわからないですが、なかば常識になっています。僕は直接、聞いていないのですが、当のツムラの勉強会でゲスト講師の先生(医師)が「3倍飲まないと効かない」と説明していたのを聞いたことがあるそうです。

漢方薬をマニュアル処方されているドクターが多いので、患者さんのためにドクターに向かっては、あえて辛辣に書いていますが、これからもお読みいただければ幸いです。
Posted by 華陀 at 2014年09月25日 18:31
私は、30代から、女性系の漢方を沢山飲み、今は、整形外科の漢方も飲んでいます。勿論、ツムラ漢方88です。前に飲んでいた漢方は、副作用
が出て、頻尿、尿が出ずらい、胃に激痛が走り、
吐き気や嘔吐をしてしまいました。今、試して
いるのが、ツムラ漢方88です。
もう、これで落ち着いて欲しいです。
Posted by きぬ at 2015年01月10日 13:08
きぬさん>何のトラブルで漢方薬をお飲みなのかわかりませんが、二朮湯は僕は急性の肩の痛み位しか使いませんね。漢方ではめずらしく限定的です。二朮湯が持ってる範囲が狭いので、僕は急性以外は使いにくいです。
でも、これで落ち着くとよいですね。
Posted by 華佗 at 2015年01月13日 18:24
先生。実は、二朮湯は、私の病気で、頸椎椎間板ヘルニアで、急に肩が痛みだしたので主治医が、
処方したのです。
そして、薬の情報は、薬剤師も詳しいと思い、新薬ですか?と、尋ねたところ、珍しいお薬です、
とおっしゃったので、遅い時間に行くと在庫がなく、翌日の昼間以降でしたら、届いています、と
言われました。
薬の説明書に、胃に優しいとも書いてありました。
私の場合は、ツムラ漢方88は、早く痛み止めを
ということで、先生が出してくださいました。
Posted by きぬ at 2015年01月14日 04:14
きぬさん>二朮湯は痛み止めではないですよ。脾虚と上焦の水毒の証に用います。脾虚とは消化器の弱った状態、上焦の水毒とは、肺から上の上半身の水の巡りの悪さのことで、そういった証を調整することから、肩の痛みに使うことが多いです。しかし漢方の場合は、証の目標がかならずしも。とはならないので、もし、それで合っていれば、それはそれでいいことです。結果オーライが漢方のおもしろいとこでもあり、堅っくるしくないのが漢方のいいところでもありますす。
Posted by 華佗 at 2015年01月16日 18:59
先生。二朮湯確か、五十肩に効くと記載もしていたように、思います。私の場合は、病気で、頸椎椎間板ヘルニアなので、昨年、手術を勧められましたが、リスクが高く、失敗したら、一生そのままで生きなければならないそうです。
良い漢方が出てきてくれないでしょうか?
今の医療現場では、確かに、ツムラ漢方しか出しません。理由は解りませんが、もっと他者からも、漢方を出して欲しですね。
今、お通じを良くするもの、更年期症状を緩和するもの、そして、二朮湯と飲んでいます。漢方は、長い時間飲まないと、効き目がありませんね。
Posted by きぬ at 2015年01月18日 05:06
きぬさん>ちょっと気になったので1つだけ。漢方薬自体はツムラだけでなく病院関連でも他社のものもありますよ。医者は処方箋に書いて薬局に丸投げできるので、他メーカーのものを処方することも可能です。問題は、ソコではなく、大半の病院が東洋医学的な体質を診断し、漢方薬を東洋医学的な役割として使っていないことです。漢方薬をサプリメントかなんかと勘違いして、病名や症状にあてはめて簡単に処方していることが根本的な問題だと思います。
Posted by 華佗 at 2015年01月20日 20:04
華陀先生。
電車を終点まで乗って行くと、多分、在日中国人
の先生のやっていらっしゃる、整形で、27番を
宣伝してました。うつの痛みにも効くというのは
どういうことでしょうか?
少々、興味があります。教えて頂きませんか?
Posted by きぬ at 2015年01月25日 16:57
きぬさん>ご質問、ありがとうございます!27番は麻黄湯ですね。うつの痛み???よくわかりませんね。
漢方では、うつなどからの痛みは「気・血・水」の「気」の問題として捉えることが多いですが、麻黄湯は何の関係もないですね。うつと関係なく水毒体質という水の問題からの痛みなら使わないこともないですが・・・どちらにしろ漢方は「うつ」に漢方薬を合わせるのではなく、うつの人の「体質」に漢方薬を合わせるので「うつの痛み」って宣伝している時点でダメダメな感じがします。
Posted by 華陀 at 2015年01月27日 18:41
華陀先生。
お忙しいところ恐縮ですが、ある、整形外科の宣伝に27番漢方は、椎間板ヘルニア、脊髄に効くとありました。失礼致しました。
まあ、こういう宣伝は、あてになりませんから、
漢方の先生の出される結果が、正しいと思います。
私は、素人ですから、こういうネットや、本を
読むしかないですし、内服薬、漢方の書いてある本が、2008年版です。余りにも古いので、今の漢方では、太刀打出来ません。
今回は、大変勉強になりました。
Posted by きぬ at 2015年01月28日 09:38
先生、初めまして。調剤薬局で助手をやっている者です。
先生のこの記事を拝見しましてとても驚きました!
ツムラさんも大変な中頑張ってこられたのでしょうけれども、患者からしてみれば困った状況なのですね…。
うちの薬剤師は風邪を引いた時にツムラ1葛根湯を2倍量飲んでいました。それでも効かないじゃん、と思いました。
先生のところにかかりたいです。これからも記事を楽しみにしています✧٩(ˊωˋ*)و✧
Posted by つばめ at 2017年01月22日 01:06
コメントありがとうございます!
惜しい!業界的にはよく3倍量と言われています。
うちで何人か実験してくださった方がいらっしゃって、急性の頭痛や副鼻腔炎などが、ツムラではどれくらいの量で治るかというのを「うちで治るのを確認してから、ツムラのを飲んでみる。うちの漢方薬、ツムラの漢方薬を1日ずつ交互に繰り返す」というのをやってみたら、皆さん「本当に3倍量的な感じ」と言っておられました。
ただし、これは、自分に合っている漢方薬がわかっている前提が必須で体質と合っていない漢方薬は何倍量にしようと効きません。
Posted by 華佗 at 2017年01月27日 19:34
はじめまして。興味深く記事を拝見しました。僕もツムラの辛夷清肺湯はあまり効かないのに、小林製薬のの市販薬を飲んだら効き目が全く違うのでびっくりしました。もう通販でツムラのものを買う気は全くなくなってしまいました。
Posted by pooh at 2017年02月05日 13:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック