2012年06月05日

よい漢方のお店のご紹介

うちのお店には、かなり遠くからも来ていただいています。

遠い人だと名古屋や、近畿地区でも2時間くらいかけてくる人もめずらしくありません。

最近、その遠方から来られている方によく聞かれるのが、その方の近くで、いい漢方のお店はないですか?という質問。その方の友達が漢方自体に興味を持ち、やってみたいとのこと。

例えば、京都とか、神戸とか・・・。

正直、答えにくいです。

なぜなら、名古屋から来てくれている人がいるのに、「あーそこだったらこの店がありますよ」なんて言いにくいです。

もちろん、質問されている患者さん自身は、遠くても、まごころ漢方をご紹介してくださっているのですが、その当人の方の価値観なので、これはなんともしょうがないです。

もうひとつ理由があります。

うちに来てほしいからではなく(来てほしいですが 笑)

昔、僕は全国の相談薬局さんを回ってお仕事をしていました。
なので、全国400店くらいのお店を知ってます。
(知ってるというのはその相談責任者の先生を知ってる)

だから、どの地区を言われても、そこだったら、ここにお店がありますよって言えます。

でも、言えません。

なぜなら、僕の知ってるとこは、8割か下手したら9割、漢方をまともにできないからです。
「なんかよい感じの漢方とサプリを飲みたい」だけならすぐに紹介できますが、
その方の目的が「治ること」だったら紹介はできないです。

あまりにも漢方の知識、経験、腕が乏しいようにしか見えなかったからです。
でも、売り込むためのトークは抜群です。

でも、そんなことはない。なぜその漢方薬を選んだかちゃんと東洋医学的に説明できるし、うまくいかなくても、2週間〜4週間で体質にのっとって漢方薬を変更もできる。という本格漢方をしている方で京都とか神戸の方がいらっしゃればご連絡ください。ご紹介します。

元に戻って、このことをうちのデザイナーに話したら、「嘘でしょ?」って言うから、
だったら、今度、漢方専門っぽいとこで変装して一緒に相談してみる?って冗談で言いました。「いく!いく!」って本人はノリ気♪です。

そういえば、昔、同じノリで日○堂ってとこに女の子連れて不正出血の相談にいきました。
女の子も漢方のエキスパートでもちろん、2人とも漢方なんて知らないと言う設定。

本当に不正出血で悩んでいて、相談したら、1ヶ月3万円×6ヶ月で治るとのこと。
その後、僕が2週間で治しました。

実際、漢方をよくわかってないのに知ってるフリしてやってるお店が多いので、
僕は、月1回「本当に漢方を勉強したい先生」方に集まっていただいて講演をさせてもらってます。

営業トークで漢方するんじゃなくて、本当に漢方で治療したいって人は、
ぜひ、勉強会にご参加ください。

infoあっとmagocoro-kanpou.com (あっと を@マークに変えて送信してください)
までご連絡ください。
(一般の方はご遠慮ください)


posted by 華陀 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気を治す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック