2014年09月18日

良い鍼灸や整体院の見分け方の話しの続き

以前に勝手に漢方家からみた良い鍼灸院や整体の見分け方の記事を書きました。

なぜ、そんなことを書いたかというと僕の右腕が小指から後背筋の辺りまで痛んだからです。
今まではも筋トレなどで高重量を上げた時に肩の筋などをおかしくしていたこともありましたが、その時は漢方家らしく、漢方薬のみで治していました。

なんで、今回は鍼灸や整体に行こうと思ったのかというと、以前からうちの患者さんから「どこか良い整体院や鍼灸ってないですか?」って聞かれていたからです。

だったら、漢方薬だけで治さずに鍼灸か整体にいって治してみよう!
そして、鍼灸や整体の実態を知ってみよう!と思いました。

それであえて一から探しました。
一から探せば、Webサイトなどから見た時にどんなところが良い医院なのかを理解しやすいと思ったので。

と、考えていたら、よく考えたら仲の良い人の中に鍼灸師がいることに今さらながら気づいたので、その人にもいろいろと詳しく聞きました。

前の自分なりに調べた結果はコチラをご参照ください。
漢方家からみた良い鍼灸や整体院の見分け方

その方に聞いたことからの補足です。
鍼灸などには、正確には鍼灸、接骨院、整体院があるそうです。

そのうち、鍼灸と接骨院は国家資格によって保険適応で治療できます。
そして、整体院などはクイックマッサージやカイロとも同じ感じで、国家資格ではなく、保険適応はできません。

鍼灸と接骨院は保険適応で治療できる代わりにそれゆえの規制があります。
厳密にいうと鍼灸は、本来は病院で治療したけれども、ダメだった場合に限り保険適応で治療できるそうです。

そして、接骨院は事故などの急性病のみは保険適応で取り扱ってよいけれども、慢性病は本当は治療しちゃダメなんだそうです。
これらは保険適応に対するルールですね。

整体院やカイロは国家資格ではないので、保険適応はできないそうです。

保険適応に関しては保険適応で漢方薬を扱っている病院をみていても、保険適応でまともに漢方治療できる医者なんて、ほぼいないことを身にしみて知っているので、僕の中では除外です。
治す腕がなさそうなグループから探すのは苦労しそうですから。

鍼灸も痛いのは嫌だし、かといって鍼なのに無痛とか言ってるのも患者に媚びるために本来の治療目的をねじ曲げて本格感がなくなっている感じがあるのでパス。

ということで、結局、家の近くでいい感じの整体院があったので、そこに行きました。

初めての体験でした。
最初、いろいろと詳しく症状を聞かれました。
そして、施術が始まると、なんかマッサージするのかなと思ってたら、ゆーっくり伸ばしたり、揺らしたりする感じです。

なんか、微妙に揺らされる感じの動きが多かったので何度も寝そうになりました。
正直、もっとガーッとマッサージしたりしないと治らないんじゃないの?と思っていましたが、施術が終わってみると痛みはすっかり消えていました。
あら、不思議!

その夜はなぜか痛かった方の前腕がパンパンに筋肉痛になりました。
そして、翌日はその筋肉痛も肘や小指の痛みもなくなりました。

でも、そこから3日目、なんとなく今度は痛みが戻ってきそうな感じ。
この時から自分の現在の体質に合わせて漢方薬を飲み始めました。

そしたら、以前に筋を傷めた時に漢方薬だけを飲んでいたときよりも、めちゃめちゃ効く感じです。
漢方薬を飲んで40分位したら、スーッと軽くなる感じがあります。

実は、先生から毎日やってるピアノやギター、筋トレはやめるように言われていたのですが、治療の経過をみたかったのであえて、環境を変えずにやっていました。

ピアノなんかを弾いた後は右の小指が痺れていたのですが、それが、筋肉が張る程度になっていて、それも漢方薬を飲めば2時間位したら脹れもなくなります。

そして、1週間後にもう一度、治療してもらいに行きました。
その後は小指の痺れや右腕肩の突っ張り感は、すっかりなくなりました。

今、1週間経っていますが、全く問題ありません。
この結果から、僕は勝手な推論を立てました。

今まで筋を傷めた時に漢方薬で治していましたが、割合、長めに飲んでいたら、徐々にマシになる感じだったのですが、整体で治療してから飲むとすぐに効いた感じがしてくるのです。

そこで考えたのは、漢方薬は腰痛や膝痛、筋の痛みを治すときは「通ざればすなわち痛む」という考えを元にその人の体質に合わせて血や水を流す処方を選ぶのですが、大きく歪んだ筋や筋肉をある程度、正しい位置に整えられたら、漢方薬はすごく効きやすくなるんじゃないかと思いました。

今もピアノのオクターブ奏法の多い曲を弾くと前腕は張りますが、前のように肘から突っ張るような感覚はありません。あくまで筋肉痛です。

整体もすごいんだなと思いました。
鍼灸もためしてみたいですが、やっぱ痛いのはやだな・・・


posted by 華陀 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック