2015年02月03日

漢方薬の有効成分を考えても無駄!

漢方薬の中身はいくつかの生薬で、できています。
例えば葛根湯なら、葛根、桂枝、麻黄、芍薬、大棗、甘草、生姜 です。
これは薬やサプメントなどで言われるような成分ではなく、個々の独立したものです。
いわば、これらも1つ1つも1つの薬です。
だから漢方薬の中には一味処方といって、厚朴という生薬のみの漢方薬というものもあります。

よく勘違いされるのが生薬1つ1つに単純な効果や成分があって、それらを患者さんの言っている症状に合わせて付け足していけば、いろいろ治せると勘違いしていること。

西洋医学の薬は薬の中に有効成分というものがあって、それが、解熱や鎮痛に効きます。
だから、熱があれば、解熱の成分のある薬。下痢があれば、止瀉の成分のある薬を足していきます。

でも漢方薬は西洋医学とは全く違うのに東洋医学も同じように考えて、生薬の成分を研究したりしますが、そもそも漢方の治療理論は有効成分を積みかさねて治療していくわけではないのです。
生薬内の成分分析は漢方の自由研究としては良いでしょうが、現時点では実践の治療では何の役にも立たないと思います。

漢方薬を有効成分で考えるのであれば、そもそも何十億もかけて何万人も使って、効果と安全性を調べている今の病院の薬を飲んでいるほうが遥かにマシです。

そういえば、昔にツムラの営業さんが「麻黄湯がインフルエンザに効くのは麻黄湯の中の”麻黄”という生薬ですよ」と漢方の医学理論とは何の関係もない意味不明なことを言ってましたが、これも病院の薬と同じ発想ですね。

「何かの有効成分があるから効いている」という考え方。

漢方はどちらかというと現西洋医学の薬学や生理学よりも料理などで考えたほうがいいと僕は思います。

八宝菜の中には白菜、たまねぎ、にんじん、きくらげ、たまご、たけのこ、干ししいたけ
、もやし、豚肉、イカ などを入れますね。

この時の具材が生薬になります。その具材を炒めた結果、できあがった八宝菜というのが漢方薬の名前ですね。
漢方薬の名前って料理名っていっていいかもしれません。

薬の成分は化学式で固有のものが決まっています。
しかし漢方薬においての生薬は料理の具材みたいなものなので、ある漢方薬だけの成分ではありません。

例えば、麻黄湯がインフルエンザに効くのは麻黄が効くから。とツムラの営業さん言ってました。しかし、麻黄湯の中の麻黄というのは、麻黄湯にしかない生薬ではありません。

さっきの八宝菜に使った豚肉みたいなものです。
豚肉っていろいろな料理に入ってますよね。
麻黄だけが効くのであれば、葛根湯にだって”麻黄”は入っています。他にも薏苡仁湯とか、五積散という漢方薬にも”麻黄”は入っています。

さっきのツムラの営業さんの話からいけば、だったら、麻黄が入っている薏苡仁湯とか、五積散もインフルエンザに効くんですか?という話になりますね。

それどころか、麻黄の効果であれば、いっそ”麻黄”一味だけでいいじゃね?なんて思います。
ちなみに麻黄の一味処方は漢方薬処方の中には存在しません。

生薬はバラバラに使わずにいろいろな生薬を組み合わせて漢方薬として使ってきています。この何千年変わらずに。
だから、生薬をさっきの麻黄みたいに生薬の単体効果だけで使ったりするのって、漢方治療ではなく漢方を理解できない人が自分の知ってる西洋医学理論にあてはめて、ただ単に漢方薬を使用しているだけ。に見えます。

要は治療として生かしてないような・・・

料理も豚肉が好きだからって、豚肉だけで食べないですよね。
炭で焼いて塩をパッパッと振って豚肉だけで食べるのも悪くないですが、そんな食生活だけを延々と続けていると絶対に身体が悪くなっていきます。

やっぱり、そこに白菜いれたりキノコいれたりして、いろいろ食べて、バランスの良い食事をするのです。それが健康になる秘訣ですね。
トマトの有効成分はリコピンなど食べ物にも有効成分がありますが、それで、日々の食事を考える人なんていないですよね。
多分、その成分を1つ1つ考えて料理をつくったって、元々、伝わってきている料理のレシピのバランスの良さには敵わないですね。
だったら、成分や生薬1つ1つで細かく考えるのではなく、レシピのバランスがなぜ良いのかを学んで使ったほうがいいです。

漢方薬も同じですね。
生薬を具材のようにいろいろと組み合わせていくと、いろいろなタイプに合う漢方薬の出来上がり。

漢方薬ごとに1つの有効成分があるわけでなく、使っている具材(生薬)は他の漢方薬でも使われているし、他の具材(生薬)との組み合わせによって、味(効果)も変わるのですね。

薬膳や中華料理のように漢方薬も特別なものでなく、非常に料理に近いものです。
僕は、理論的に新薬の薬理の化学式のような理論的にはっきりしているものも好きですが、やっぱり漢方の料理的感覚で治療を考えていける部分が好きですね。
ちなみにこんなことを考えながら中華料理をつくるもの好きです。

「麻黄が有効成分だよ」的なものって、本来の漢方治療からかけ離れるのですが、一般的な理論としては、西洋医学っぽくってわかりやすいのです。
僕が言ってる「漢方薬は料理だよ」ってのは西洋医学や分析学からみれば、非常に非理論的なのですが、僕は、漢方の真髄に近づくには、こっちで考えたほうがいいのではないかと思うのです。

そして、うちみたいな伝統漢方の治療はどうも女性には受け入れやすいようです。
女性が受け入れやすいのは、女性は新しいことが例え理屈的にわからなくても、果敢にチャレンジしたり「漢方は有効成分理論ではなく料理である」というほうがわかりやすいのかもしれません。

なので、漢方薬で治療する際に有効成分が何かなどは気にしたって治療の何の役にもたちませんよ。意義はあるかもしれませんが、それは治療とは関係のない研究者にまかせておきましょう。


posted by 華陀 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック