2015年12月22日

病気の原因は残念ながら1つではない!

このブログでも何度か触れていますが、患者さんからよく「私の病気の原因は何ですか?」と聞かれます。

この時、質問されている患者さんはどうも「病気になるのは何か1つの決定的な原因がある」と考えておられるようです。

ところが、さっきなったばかりの急性の病気や怪我じゃない限り、まず、その病気の原因が1つなんてことはありえません。残念ながら慢性病は何十も何百も細かな原因が過去から積み重なって今の病的状態があるわけです。

西洋医学は病気の原因を突き止めて、その原因を取り除くことが基本的な治療の考え方にあります。
もともと、怪我に対する外科手術的治療や菌が原因の病気の治療から発展しているので、レントゲンで怪我の状態を確かめて手術したり菌を殺してしまえば、どちらも原因が1つとはっきりとしているので、1つの原因を取り除けば、その他、いろいろな症状は全て治る可能性があります。

病気の原因が1つだけと思い込んでしまうのは、多分、西洋医学のこういった感覚を自分の慢性病などにもあてはめてしまうのだと思います。

「病気の原因が1つ」なんて怪我や菌くらいなので、逆に言えば、病気のほとんどの原因は何十も何百もあると考えたほうが可能性が高いわけです。

病院で治らないのは、何十も何百もある原因を追求しないで、1つの症状とか原因を追いかけるトンチンカンなことになってるから、治らないわけです。

結局、やってることは原因から派生した結果である、いろいろな症状に対してその時だけ対応しているだけですね。

漢方は1つの原因を追求するのかというと漢方は治療の基本として1つの原因を追求しません。
漢方では「どこの臓器が悪いのか?」などの体の中の1つの原因を探そうとはしないのです。

漢方の場合は、さいしょっから原因ではなく体質を見ますので、身体の問題、全部を聞き出していきます。
「原因は無数にたくさんある」という前提から治療にはいっていくのですね。

漢方の場合は「原因→治療方法を探す」という流れになりません。
今、現在の状態を素直に見ます。

説明のためにごく単純な例にしてしまえば、
「下半身が特に冷えている」という現状の体質を分析し、単純に「下半身を温める漢方薬」を合わせるわけです。
「冷えていたものを温めれば治る」
実に単純な分析と治療方法です。

この時に「下半身が特に冷えている」原因を探します。
探すのはたった1つの原因じゃないですよ。

西洋医学なら「末梢血管の流れが悪いから」と身体の中の1つの原因にしようとしますが、漢方の場合は、考えられるだけ原因を探します。

その時に漢方は身体の中の要素のアンバランスを原因として探します。
「どこの要素とどこの要素とどこの要素の連携が悪いのか?」
1つの原因に絞りこもうとするわけではないので、医者は多分、漢方は非常にやりにくいと思います。

医者が病名や症状だけをあてはめてマニュアルだけで漢方薬を処方しているのは、漢方のこういった全身から見たアンバランス感を探すという感覚が西洋医学と正反対だからじゃないかと思います。

気・血・水のバランス。
肝の臓、心の臓、脾の臓、肺の臓、腎の臓のバランス。
体内のバランスだけでなく、最近の天候が原因の1つなのか?
最近の食事や睡眠、ストレスなどの生活環境が影響したのか?
本当に慢性的なものなのか?
ある症状は今だけの症状なのか?

西洋医学はその人の体内だけを見ますが、漢方の場合は、身体だけでなく、その人まるごとを見て、なぜその病気になっているのかを「考える」のですね。

漢方は「体質に合わせる」と言ってる位ですから、マニュアルなんて通じないのです。
毎回、その人に対して、その人の治療方法を考える必要があります。

不妊治療の病院で不妊には当帰芍薬散がいいとか、ネットで子宮筋腫には桂枝茯苓丸がいいとか、アトピーには消風散がいいとか。

不妊症とか、子宮筋腫、アトピーというのはあなたの体質ではなく、ただのその他大勢の似た感じの状態の人をひとくくりにした病名なのです。

そんな漢方薬の使い方は要するにあてずっぽうです。
もちろん、漢方薬自体は効果がありますので、たまたま治ることもありますが、漢方薬は変化を与える薬なので、逆に身体が悪くなることもあります。

あなたは、東洋医学的にどんな体質なのか?
適当に「病名という誰でもない体質」で漢方薬を選んでもそれは漢方ではないです。
治ったのはラッキーだっただけ。
漢方の治療を最大限、使うのであれば、身体の複数の原因、生活環境の複数の原因、あなたの食事や睡眠、ストレスなどの複数の原因。

これらを全て抜き出して総合的に考えれば、漢方は最大の効果を発揮してくれますよ。


posted by 華陀 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431535010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック