2005年09月19日

漢方は3000年!の歴史「古典その1」

東洋医学の元となっている本ができたのは、なんと紀元前後だといわれています。

なんて古いのでしょう。その本の名を【黄帝内径】(こうていだいけいと読みます。)
この本は【素問】と【霊枢】という2部から成り立っています。
2部セットで黄帝内径という本になります。

【素問】は人間の身体の生理、養生方法、生活の衛生面などを季節や天気とどう関係するのか
を記しています。


■人間の住んでいる環境が身体にどんな影響を与えるか?
■住んでいる環境によってかかりやすい病気はどんな病気か?
なんかについて書かれています。

日本にあてはめていえば北海道に住んでる人と沖縄に住んでる人では
かかりやすい病気が変わってくるということですね。
つまり北海道の人と沖縄の人は飲む薬や食べたほうがよいものも当然変わってきます。

【霊枢】は針灸の使い方について書かれています。
針灸も東洋医学の1つの方法です。
【霊枢】は針灸のマニュアル本みたいな感じですね。

soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
痔や脱肛、痔ろうの方、もちろんその他、病院のお薬を飲んでもなかなかよくならない方
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。



人気ブログランキングに参加しています。
少しの時間をさいて、ぜひともクリックお願いします m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 東洋医学について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6932471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

証(ショウ)とは
Excerpt: 漢方を勉強していると東洋医学特有の概念とか言葉が多くあってちんぷんかんぷん、なんて方、多いんじゃないでしょうか? そんな中でもよく使われる東洋医学的なものさしとして証(ショウ)という考え方があり..
Weblog: キレイに漢方
Tracked: 2005-09-26 20:48