2005年09月25日

足が痛む患者さん その2

さてさてお昼の続きです。 
お昼の記事→足が痛む患者さん その1

さて次に必要な情報は『足の痛みを聞いた後は他にどんな症状がでているのか?』ですね。
聞いていくと・・・
耳夜寝ようとするときや朝方目覚めたときに汗が出てくるあせあせ(飛び散る汗)
耳夜寝ようとするときに心臓がどきどきと脈打つ
耳おしっこが出ずらいときがある。
耳のぼせる。
耳舌は少し湿っている傾向です。
今まで聞いたことや見たことをあわせて僕はこれは心臓の動悸と
自律神経が関係する問題
だと思いました。

なぜならどうも朝方、夕方、寝るときなど自律神経の切り替わり時期に
悪くなっているよう
だからです。

そこで一応確立の低い手足の痛みにたいする漢方薬を3日分
     確立の高い自律神経を整る漢方薬を2週間分渡しました。

結果は手足の痛みに対する漢方薬ではややよくなったような感じ
   自律神経を整える漢方薬では2日目から痛みがとれているようです。

まだ飲んでいる途中ですが経過はよいようですよ。

soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
痔や脱肛、痔ろうの方、もちろんその他、病院のお薬を飲んでもなかなかよくならない方
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。



人気ブログランキングに参加しています。
少しの時間をさいて、ぜひともクリックお願いします m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方治療例(症例) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック