2005年09月26日

糖尿病について考えよう!! その2

前回までの糖尿病の話はこちらです。

U型糖尿病とは、いわゆる一般的にもっとも多い生活習慣病からくる糖尿です。

空腹時の血糖値126mg/dl、随時血糖値≧200mg/dlのいずれかが,
2回目に行った検査でも確認できれば糖尿病またはこの数値以上であれば
1回でも糖尿病と呼びます。

原因は、肥満がもっとも多く中にはそれほど太っていなくても内臓の脂肪が
たっぷりとついている人もいます。


治療法はやっぱり、食事を制限すること、特に炭水化物を多く摂りすぎないこと 
インスリンの分泌を刺激しなよう3度の食事以外食べないことです。手(パー)

病院では血糖降下剤で血糖をコントロールしたり糖尿病がひどい場合は
インスリン注射をすることもあります。

漢方の治療では糖尿病の代表的な症状(口渇・多尿・空腹感・疲れやすくなる・空腹感)
に焦点をあわせた処方薬を使います。

糖尿病の初期で体格ががっちりしみぞおちのあたりが硬くなっているタイプ

胃腸障害、嘔吐、下痢がなく口渇、多尿、腰痛のあるタイプ

体格よく体力があり口渇と多尿が主な症状のタイプ

衰弱して体力がなく食欲なく貧血気味で足がむくみやすいタイプ

太鼓腹でのぼせや頭痛、肩こりなどのあるタイプ

もちろん実際はこれに加えて舌の状態や脈の状態も確認します。
東洋医学では日々の養生もお薬となりますので体質に適した漢方薬を飲みながら
食べ物の量を少なくし普段の生活のなかにとりいれることのできる運動を同時に
しながら治療していきます。

糖尿病が本当に怖いのは合併症です。糖の影響で血行が悪いためほかの病気に
なったりしたときにお薬が効きづらく治りが悪くなりますよ。



人気ブログランキングに参加しています。
少しの時間をさいて、ぜひともクリックお願いします m(__)m
    ↓
banner.gif




posted by 華陀 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気を治す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7328465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック