2008年09月05日

てんかん発作を起こす患者さん

てんかんで悩んでおられた方の漢方相談のお話

患者さんは30代前半の男性です。

お仕事の時間が不規則で、夜中の勤務もあり、かなり大変な状況。

てんかんの発作は夜に突然起こるようです。

発作は寝ているときに起こり、本人は、わからないようですが家族の方がみていると夜中に突然けいれんしているとのこと。

病院のお薬を飲んでいますがお薬は副作用も多く心配だとのことで漢方を飲んでみようとなったようです。

お話している時にピン!ときました。ひらめき

精神的にかなり緊張してしまうタイプのようです。

お話している中にも緊張がうかがえる部分が、たびたびあります。

緊張の強い人は漢方では肝の臓器が亢ぶっている証拠。

この亢ぶった状態を鎮める漢方薬を使えば、身体のバランスを整えることができます。

2週間後、精神的にかなり落ち着いてきたとの電話がありました。

やはり、水槽通り、精神的な緊張が発作を生み出していたようですね。

発作は頻繁ではないので、これからどうなるか!?です。

またご報告しますね。

●てんかんや神経症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter

人気ブログランキングに参加しています。
少しの時間をさいて、ぜひとも応援クリックお願いします m(__)m
    ↓
banner.gif


posted by 華陀 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方治療例(症例) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。