2005年10月16日

微熱が続く・・・その2

漢方では熱は重要な身体のサインとしてみます。

微熱が続くその1はコチラ

漢方では、表に出ている症状をもとにどんな体質かを判断し、体質をみきわめ
あなたの体質にピッタリのお薬を選んでいきます。


漢方的な熱の見方とは、必ずしも体温の上昇が実際にあることではないんです。
患者さん自身が『熱い』などと熱感を訴えていればそれは熱がある状態として
とらえます。(ちょっとわかりにくいかな?)

実際の発熱などは2つに分類されます。
さぁ〜チェックしてみましょー

1つは朝方は、熱がないが夕方になると熱が高くなってくるタイプ
微熱が続き寒(寒く感じる感覚)と熱を繰り返すので漢方では往来寒熱と呼ば
れています。


眼鏡この形の微熱が続く方は、病気に対抗する体力がやや落ちてきていることを表
していて疲労が強かったりするとよけいに熱が続いたりします。

もう1つは、全身に熱があるように感じ手先、足先から汗が出る状態でこれを
潮熱と呼んでいます。


眼鏡この形の熱が続く方は、病気に対抗する体力が病気の勢いに負けそうになり、
病気に勝とうとして勢いがついている状態で必要以上に熱が続き汗の出ている
状態が長く続きます。

手足が冷えている方は、多いと思いますが手足だけが熱くて布団から投げ出し
たくなる手足煩熱という症状もあります。


その他、すい臓などの炎症があったり、どこかの臓器がウィルスや菌に感染し
ていると微熱が続くことがあります。


漢方では微熱が続いている方や熱感が強い方はどんなタイプの熱の形なのかを
見極めることによってそれに合わせた漢方薬を処方します。


するとあ〜ら不思議、熱は嘘のようになくなるのですね〜ぴかぴか(新しい)

微熱が長く続くけど原因のわからない方は、漢方的にみていくとよくわかるの
かもしれません。
かわいい


ブログランキングに参加中!なるほどと思った方はクリックで応援してくださ
いね。ブログランキングのページへ飛びます。そうするとわたしにポイントが
足されて「ポイントが上がったということは応援してくれてる人がいるんだ、
また頑張ろう」となる仕組みです。
    ↓
banner.gif


posted by 華陀 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 症状を治す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック