2005年10月17日

シンデレラマン

恒例、漢方相談おやすみで映画みてきました!!
最近は、CGバンバン使った作品ばかりみてきたのでここらで趣向を変えて感動
の作品にしました。

wall4_200.jpg

ストーリーは、第二次世界大戦前の大恐慌の時代、1人のプロボクサーの物語
前途有望なボクサー ジム・ブラドッグ 圧倒的な強さを誇っていた彼が右手
の故障をきっかけに度重なる負傷から引退を余儀なくされる・・・

ボクサーとして選手生命を絶たれた妻メイと3人の子供達の父親でもある彼の
苦難が始まる。家族の幸せを願った彼の奇跡の物語


今までのボクシング映画は、一度試合に負けてそれから復活!
見事にチャンピオン奪取「やっぱあいつは強かった」(ロッキー?)
みたいな映画でボクサーが主人公だったけどこの作品は家族自体が主役で苦
難に打ち勝つのに必要なのは家族の力なんだと感じさせる映画です。

家族のために戦う勇敢さ、ただ待つ事のつらさ、支えることの重要さみたい
なのを感じます。
パンチ

ボクシングのシーンは映画館で思わず、立ち上がって応援したくなるような
臨場感わーい(嬉しい顔)

現代では失われつつあるような家族のあり方や男の強さを問われているよう
な感じです。

観ているときは正直ややダラダラ感を感じますが観終わった後、
『なんかよかったね』とじわじわと感動してきます。揺れるハート

夫婦の方やカップルの方におすすめの作品黒ハート

主演はご存知、ジム・ブラドッグ役のラッセルクロウ!!
グラディエーターの剣闘士役でオスカー受賞した名優
苦しさに耐える顔をさせたら天下一


妻のメイ役のレネー・ゼルウィガーはブリジットジョーンズの日記で有名

最後に重要な役割を演じていたジム・ブラドッグのマネージャー役のジョー・
グルード プライベートライアンにも出ていたようですが正直おぼえてません
が今回の役はいい味出してます。


監督はアポロ13ビューティフルマインドのロン・ハワード、ラッセル・クロ
ウとは前作ビューティフルマインドで一緒につくってますよ。

映画をまだ観てない方は、公式サイトの【TheLEGEND】をみてからいくとよりいっそう感動が大きいと思いますよ

公式サイトはコチラ




人気ブログランキングに参加しています。
少しの時間をさいて、ぜひとも応援クリックお願いします m(__)m
    ↓
banner.gif


ひらめきその他の記事を『読んだり調べたり』目次はコチラひらめき
posted by 華陀 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8248821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「シンデレラマン」
Excerpt: 製作年度:2005年製作国・地域:アメリカ上映時間:144分監督:ロン・ハワード製作総指揮:トッド・ハロウェル原作:−脚本:アキヴァ・ゴールズマン 、クリフ・ホリングワース音楽:トーマス・ニューマン出..
Weblog: ブログ-M's BLOG-M[エム]
Tracked: 2005-10-19 00:26

シンデレラマン
Excerpt: 家族愛が濃密に描かれた、安心して感動できる文化庁推薦的映画です。決してロッキーのようなマッチョなボクシング映画ではなく、あくまでもテーマは愛。それも家族の愛なのです。 ラッセルクロウ演じる主人公..
Weblog: シネマ・ぶりざーど
Tracked: 2005-12-25 19:56