2005年11月20日

高血圧によく使う釣藤散

釣藤散は、こんな方に使います。

慢性頭痛、偏頭痛、慢性の副鼻腔炎、肩こり、不眠症、神経症、動脈硬化症、
脳動脈硬化症、高血圧症
などに使います。

症状の特徴としては、朝方頭痛がし、その頭痛もあまり激しくなく起きだして
動いているといつのまにかいつの間にか頭痛を忘れているなどの頭痛などある
方に使うお薬です。

体格は中位でどちらかというと痩型、ある程度、元気だが気難しい老人に特に
あいます。

舌の状態は、湿っているのでも乾燥しているのでもない中間で舌の上には白い
苔がのっています。

働きは鎮痛効果、鎮静作用、身体の中の熱を冷ます作用があります。
精神神経症状を鎮める効果もあり、消化器も整えます。
身体の乾燥を潤し、便秘をよくする効果もあります。



頭痛や不眠、イライラが急激に強く表れる場合はまた違うお薬を使います。ふらふら

漢方無料相談受付中!!
痔や脱肛、痔ろうの方、もちろんその他、高血圧や肝班、アトピーでお悩み
の方もご相談くださいね。


soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
痔や脱肛、痔ろうの方、もちろんその他、病院のお薬を飲んでもなかなかよくならない方
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。



人気ブログランキングに参加しています。
役に立ったと思ったら、ぜひとも応援クリックお願いします m(__)m
    ↓
banner.gif


posted by 華陀 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方薬の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。