2017年07月21日

ウソにまみれた漢方業界の正体

最近、ネットもフェイクニュースやら嘘の情報が溢れていて、かなりのネットリテラシーを持って情報を見ないと真実かどうかも疑わしくなってきています。

リテラシーとはWikiによると「情報を自己の目的に適合するように使用できる能力のこと」となっていますが簡単に言えば、調べる対象の基礎知識を網羅していない状態では、ウソかどうかを判別することすらできないということです。

もうすぐ、誰もが安心して情報として活用できるのは時刻表位になるかもしれません。

どんな情報でも理解するためには基礎知識が必要だと思いますが、その中でも高レベルなのは医療情報だと思います。

医療情報の難しいところはガイドラインが絶対的に正しいわけじゃないということ。
最近、ネットでは医療に携わっていない人が「こんな運動したら妊娠した」みたいな記事を書いて、それを医者から「エビデンス」がないと突っ込まれていることがありますが、あれも微妙です。

もちろん、あまりにいいかげんなものは、アウトだと思いますが、ではエビデンスがあれば、いいのかというと、西洋医学で病気を調べると慢性病なんて、ほぼ「原因不明」だったりします。

エビデンスと言ってるもののほとんどは、急性的な症状に対して、一時しのぎできる対症療法の薬に関してなので、結局、慢性病に対してはエビデンスなしで治療してるじゃん!って思ったりして、そんな記事を見た時は「どっちもどっちじゃないの、よけ変わらんわ」と。

普段から明確な原因の説明も治療方針も説明できない医者が「エビデンスがない」と文句つけても、説得力が・・・

ちなみに僕と僕の家族は病院で「これが原因でこの治療方針で治る!」なんて説明を一度も受けたことがなく、なんか「ごにょごにょ」説明されて煮え切らない説明がよくわからないので、それに対してガンガン質問していくと最後に逆ギレされて終了!というのが最近のスタンダードです。

漢方には西洋医学的なエビデンス(科学的根拠)はありません。
なぜなら、科学に基づいて発達した医学ではないからです。
しかし、広義のエビデンスとしては理論や根拠はあります。東洋医学として。

漢方を西洋医学のルールや理論から翻訳しようとしていることが多いですが、漢方は中国で2千年前にすでに医療理論が確立している医学で、西洋医学の今の投薬で治療する理論は、漢方の発祥の1800年後、今からたかだか200年前あたりから発達してきたものです。漢方とゼロが一桁違いますね。

そもそも2千年前の時点で「観察・検査の方法」「診断方法」「治療方法」が決まっているのに、今更、科学の力で分析する必要がないのです。

何よりも滑稽なのは、科学の力で翻訳しようとしながら、その元の東洋医学の「観察・検査の方法」「診断方法」「治療方法」を理解していないのに、科学で理解しようとしているところ。

なんか、東洋医学思想が難解でわからないから逃げているようにしか見えません。
科学で漢方を分析してもいいと思いますが、それならせめて東洋医学の「観察・検査の方法」「診断方法」「治療方法」を完璧に理解し使用した結果、こんな壁にぶち当たった。位までやってほしいところです。

まとめると医療情報は一般の方の知りたいところかも知れないですが、せめて生理学と薬理学の基礎知識を知らないと自分にとって、どの情報が良くなくてどれが良いのかすら判別できないということと、実は西洋医学のガイドラインもあくまで参考にするものであって絶対ではないのです。

前置きが長くなりましが、本題はここからです。
漢方には実はガイドラインがありません。一応、70年前くらいに中国で再編された中医学は現在の漢方のガイドラインと言えばガイドラインですが、理論に偏りすぎて実践的でないというのが僕の意見です。

中医学派の他にも古方派、日本漢方派というジャンルが漢方にはあります。
古方と日本漢方は親戚同士みたいなものですが、中医学は、治療の考え方や診断方法は全く違います。別ジャンルの医学といってもいいくらいです。

ちなみに僕は日本漢方派です。これは室町時代から明治初期まで日本で医療として使われてきた医療です。
江戸後期に蘭学(西洋医学)が入ってくるまでは宮廷医も御典医も漢方でした。

漢方にガイドラインがないのは、マニュアル的にできないからです。
ただガイドラインがないといっても、最低限、守らないといけない原則や方法はあります。

それは『体質を分析し、体質に合わせた漢方薬を処方すること』
これはどの流派も絶対です。
間違っても不妊症に当帰芍薬散とか頭痛に五苓散など西洋医学の病名で漢方薬を選びません。

体質は東洋医学的体質のことで病名や症状を並べ立てることではなく、生活環境や生活リズム、体全体の症状を総合的に判断して導き出した答えが体質です。

現時点で日本で漢方治療しようと思ったらどんな機関があるのか、その特徴を書き出してみます。

■一般の病院の漢方薬
東洋医学としての知識はゼロに近いです。ツムラさんなどは西洋医学の病名に対して、どんな漢方薬を処方すれば良いのかというようなマニュアルを配っていて、営業さんは西洋医学的に「何人かにある漢方薬を飲んでもらったら、こんないい結果が出た」みたいなサプリの口コミみたいな資料をもっていって、医者はそのデータを根拠にしています。

もちろん、体質も診断せずに西洋医学の同じ病名の人に飲んでもらったデータは漢方的には何の役にも立ちません。
データを取る前に「体質を診断してデータをとり直そう!」って感じですが、そもそも漢方のルールで体質を診断できないので、はじめることができません。

処方の方法は、皆さんご存知のように病名のマニュアルで漢方薬を選んでいます。
実は医大でも漢方ってほぼ勉強していないので、素人の方とそれほど変わらないのです。

■漢方専門薬局
一般病院と違って、ここはやっぱり専門家に!と思うかもしれませんが、実は漢方専門と言いながら、ほとんどの店が専門と言えるレベルではありません。
なぜ、そんなことが言えるかというと、実際に昔に僕は漢方専門薬局さんをお仕事で関わっていたからです。

裏事情を知っているどころではありません。
ご本人たちから「漢方はよく分からないから教えて」なんて言われたこともあります。
ちなみにそこも看板は漢方専門です。

一般の病院よりはマシで、ほとんどのところは体質はみることができませんが、一応、2,3の症状を聞いて漢方薬を合わせたりします。
仕事上で会った先生は全国400人は越えていますが体質を分析できている先生には師匠以外では会ったことがないです。

瘀血タイプとか水毒タイプなどでわけて漢方薬を処方することが多く、症状ごとに1つづつ漢方薬を合わせる先生も多いです。結局、ものすごく漢方薬の種類が多くなってたりします。

説明は大体、五行論で、僕自身は五行論のみで体質分析できるとは考えていません。

よくあるパターンは「漢方薬だけでは効かないから」といって、サプリメントを加えたり、サプリメントも漢方薬かのように説明して、すすめていることがあります。

僕は漢方薬局さん対象に何度か勉強会をしたことがありますが、東洋医学的に体質を分析できる人は1人しか会ったことがないです。
あとは病名と症状を複合的にあてはめて漢方薬を選んでいた人がほとんどでした。

■ドラッグ・ネット通販
箱に書いてある「適応症状」や「病名」をみて自分で選んで買うこといなりますね。
ドラッグもネット通販も根幹は「売る」ことが目的ですので、店員さんや通販に問い合わせや相談をしても無駄です。

ある意味、病院の病名や症状だけをあてはめてマニュアル的に選んでいる感じと一緒なので東洋医学的な問診をとらず体質もみれない一般的な病院で漢方薬を処方してもらうなら、ドラッグやネット通販で買っても同じだと思います。

ネット上にある説明は全く当てになりません。
良さそうに書いていても『漢方の大原則が体質に合わせて漢方薬を選ぶこと』であって、主観的に効きそうなものを選ぶことではありません。

そもそも「効く」のは体質に合っている漢方薬であって体質は人それぞれ違うので、体質を診断しないで説明だけの時点で最早、漢方ではないです。

手前味噌で調子にのっていると思われるかもしれませんが、ちゃんと治療として漢方薬を使いたいのであれば、自分で体質判断して漢方薬を選ばないといけないので3年位は東洋医学を勉強して基礎を身につけたほうがいいです。

医者も東洋医学的に理解できていない東洋医学理論はそんな簡単なものではないです。

漢方薬自体は、いいものなのでラッキーで当たって治ることもありますが、ラッキーだけに頼るのであれば、体質と合っていなければえらい目に合うこともあるので無理して漢方でなくてもいいようにも思います。

■鍼灸医院
これは僕もびっくりしましたが、実際の鍼灸の先生の話を聞くまでは漢方薬とは異なりますが、鍼灸部門の東洋医学には詳しいのかと思いましたが、ほとんどの鍼灸医さんが用語やらを知っているだけで治療に役立てるレベルでは知らない先生がほとんどだそうです。

体質を東洋医学では「証」といいますが、証を分析して治療できる先生は、ほぼいないくらいのレアらしいです。
ちなみに鍼灸の先生で漢方薬のことをアドバイスする人がいますが、あれも怪しいです。
学校で勉強するのは、さわりだけ。ましてや漢方薬は臨床ありき。
毎回、処方していない人が漢方のことを知ることはできません。

僕も最初は皆さんと一緒で漢方を全く知らず、逆に怪しいとさえ思っていたところからスタートし、勉強すればするほど、びっくりしたのは、この業界はとにかく「証」という東洋医学的な体質を分析せずに漢方薬を選んでいることです。

結局、病名か症状にあてはめて、遊びの占いのノリで漢方薬を処方している間違った方法が、まかり通っているのが、この業界の裏事情です。

僕は、なんで漢方業界がこんなひどいことになっちゃってるのか悲しいです。
漢方の本質的な部分である自然治療の医療として復活させたいと思っています。


ご相談ご希望の方はこちらの「漢方相談する」に現在の状態を入力し送信してください。
お問い合わせはこちらまで。


posted by 華陀 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

漢方薬を飲んで悪くなることは良くないこと?

西洋医学と東洋医学は、どちらも「医学」という名前がついていますが、全くの別物です。

西洋医学の今のような治療が確立したのは2百年位前で、言うまでもなく発達したのはフランスなどのヨーロッパやアメリカです。何せ「西洋」医学ですから。

東洋医学が治療として確立したのは2千年位前、西洋医学と一桁、違います。場所は言うまでもなく中国。
東洋医学、西洋医学は、なんとなく、ひとまとめ的になっていますが、西洋医学は東洋医学の1800年後に今のような治療体系ができているのです。

つまり、西洋医学と東洋医学は何の関係もありません。

ところが、現在は、西洋医学の病名で漢方薬を処方するという、僕からみたら暴挙に見えるような方法がとられています。
漢方薬は、そもそも方証相対という「漢方薬=体質」⇄「体質=漢方薬」という考えが2千年前から、すでにあり、その時から漢方薬を選ぶために必要な体質の診断方法もあったわけですから、2000年前から存在する漢方薬を当時の体質診断方法は無視して1800年後の西洋医学の診断でマニュアル処方するというのは最早、コントの域です。
※漢方の体質判断や治療方針を立てるのは非常に難解なため、初心者の頃に西洋医学の生理学や病理学、病名を参考にしながら漢方薬の処方を勉強するのは有効だとは思います。ただし、あくまで初級、初心者の頃の話です。

これくらい、西洋医学と東洋医学は別物です。
違っている点は、診断や処方する薬が違うということに留まらず、そもそも「人間の体を治す方法」自体が違います。

西洋医学の薬は有効成分とよばれる人工的な化学成分を体内に入れて、その有効成分で、強制的に体内の働きを変えてしまいます。
有効成分が痛みの発痛物質を抑えて痛みを止めたり、胃酸を出す物質を抑えて胃酸を止めたり、血圧を強制的に拡げて血圧を下げたり。

いずれにしろ、薬の有効成分が強制的に働いて、体内の働きを変えて、症状を抑制したり、体内の働きを遮断したりして症状をなくします。

そして、これらの薬の副作用は、たくさんの人に飲んでもらった実験の結果によって「吐き気が発生する」「動悸が発生する」などと統計的にはザックリとわかっていますが、西洋医学は体質をみてから薬を処方するわけではないので「どんな体質の人に、どんな副作用が起こるのか?」は厳密にはわかっていません。
よほど特殊な薬でない限り副作用が起こる人は、どんな人なのか?どんな場合には起こるのか?がメカニズム的にわからないのです。

一方、漢方薬は、一人一人の体質を分析し、その体質にあった漢方薬を合わせて治療します。
西洋医学のように漢方薬に有効成分があって、その成分が直接「頭痛を止める」といったものではありません。

そもそも漢方では「症状」自体の考え方が健康を保っている体内要素のバランスが崩れることによって、発生したもの。と考えるので、症状自体を直接止めにいくことが治療だとは考えていません。

なぜなら「症状」は所詮、体内要素のバランスが崩れた状態を知らせる警告サインなので、症状だけを直接止めることに意味がないからです。

車のエンジンオイルの警告灯(症状)が点いている状態で、その警告灯(症状)だけを切ってしまうことに意味がありません。警告灯(症状)を切ってしまっても、エンジンが焼けてしまうという結果は避けられないからです。
病院がやっている対症療法とは、こういったものです。
人間の場合は、警告灯(症状)が点くこと自体に不快感が伴うので、ケースによっては、その警告灯(症状)を一時的に消すことは、良いことでもありますが、結局、問題の先送りに変わりありません。

そんなわけで、漢方薬は、症状を直接、消すために使うのではなく「症状」を体内の健康を保っているバランスを見るための情報として利用しています。
病名や症状を2,3あてはめて漢方薬を処方することは漢方ではないのはこういった理由です。

漢方は、症状を体内分析の情報として利用し、そこから体質を読み取り、体質と漢方薬が合って入れば、漢方薬で体内に「変化」を与えて最終的には不快だった症状はなくなります。
漢方薬とは体内に「変化」を与えるもので、症状を「消す」ものではありません。

なので漢方においては、症状は単純に即座に消すべき悪いものとは考えません。
漢方では「選んだ漢方薬で良くなっている」と判断するのは診断した体質と漢方薬が合っていたと判断できた時で、あくまで漢方薬を飲まれた後の体の変化からわかります。

例えば、漢方では二便の水の巡りといってオシッコと便の2つを組み合わせて診ていくことを重要視しますが、体質や漢方薬の種類によっては、治療しはじめるとオシッコが少なくなったり、便秘や逆に下痢になったりします。

これらは二便の水の巡りのバランスが悪くなっている状態を漢方薬によって水の巡りを変えようとした結果、起こったりします。
漢方では体質と漢方薬が合っていなければ副作用になりますので、これらの現象の原因として、単純に体質と合っていないので副作用として現れていたり、もう一つ、重要なのは、二便の水の巡りをなんとか整えようとして、巡りを動かした結果、便秘になったり下痢になったりしている場合があります。

どちらなのかは、体質や選んだ漢方薬によって異なりますので、その都度、患者さんと話し合って、状況を聞きながら判断するしかありません。

漢方薬を使っての治療とは、常に「良くなる効果」と「悪くなる副作用」が共存している感じなのです。
これは例え、世界一の漢方治療の腕を持っている先生だったとしても漢方治療自体の性質、法則なのです。
西洋医学のように「統計的に副作用が出る人もいるかも!?」みたいなものではないです。

僕は、漢方薬のこういった性質も十分に理解しておりますので、当店では、副作用のあった時点で相談していただいて「副作用=悪いこと」とは考えないので、今後をどうしていくかを話し合いながら治療を進めていきます。

漢方薬を飲んで状態が悪くなることは、かならずしも悪いこととは言えないということですね。


posted by 華陀 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

漢方治療を紹介したいが怪しがられる。

うちの店の患者さんから良く、「先生のお店を紹介したいのですが、どう説明したらいいのかわからない」と言われます。
非常にありがたいです。

そして、なんとか紹介してもらっても「あやしげでよくわからない」とか「効き目が遅い、効かなさそう」とかで、一蹴されることも多いようです。

家族間でさえ、そんな感じです。
漢方が、ある種の宗教みたいな感じに捉えられていることもあります。

例えば「漢方治療のみで治してやる!」っていうことで根治まで、がんばる人って、どんな人だと思いますか。

実は、こういった方々には、1つの共通点があります。
「病院や医者、病院の薬が嫌い」というのも、ありますが、それよりも、もっと大きな思いを持って、漢方治療を続けられる方が、いらっしゃいます。

それは・・・

「何箇所もの病院で思うような結果を得られなかった人」
「何箇所のもの病院で曖昧な対応しかされなかった人」

要は、いろいろな病院に何箇所、行っても治らなかった人です。
はい、僕もその1人です。それで、漢方の道に入ったとも言えます。

アトピーでステロイドを塗り続けた人が皮膚科の医者に「いつになったらステロイドなしで再発しなくなるのですか?」という質問をしたら「ステロイドなんて一生、塗り続けないといけない」と答えられたり。

不妊症でホルモン剤を飲んでいた人が「ホルモン剤を飲んでからの方が月経リズムがおかしくなっているのですが、なぜですか?」と質問すると「卵子の老化です」といきなり、歯切れの悪い老化論を持ち出してきたり。

僕の場合は、もっとストレートで40℃オーバーの高熱、幻覚、全身の激痛(数値的には関節リウマチの痛みのある人の27倍)、検査数値のほとんどが異常値となり、死にかけた時に医者が「原因不明です。治し方もわかりません」と言われたり。

この場合は、ある意味、親切でいい医者です。
モゴモゴ、ごまかさずに「治せません!」って言ってくれましたから。

もう一つ、事故で人差し指の関節が60℃以上曲がらなくなった時に、これも診察のしょっぱなから「一生、治りません!」って言われました。その前に「なんで、こんなになるまで放ってたの?」と言われたのですが、「ここに来るまで5件の病院(専門の大病院含む)に行きました」と説明したのに、もはや日本語も通じない・・・と悲しくなりました。
(両方ともに漢方と鍼灸で治っています)

「病院なんて、大して治してくれるところじゃない」
ということを自分の体でもって、知っている人は、漢方薬を根気よく続けて、根治までがんばっておられます。
(この場合の漢方薬の治療は、病名でマニュアル的に適当に処方している漢方薬ではなく、ちゃんと証(体質)をみて治療するケース)

それでも「いえ、病院でも治ります」という、絶大な病院ファンな人もいます。
でも、それは大きな勘違いがあります。

そもそも、病院で処方したり、処置することには、即効性があります。
西洋医学は対症療法なので、すぐに効いたり、良くなってきたりするからです。

しかし、西洋医学の場合は、薬の効果時間が切れたりするとまた、再発します。
あくまで一時的な効果なのです。

だから、その場だけ、治るか、治らないかで見れば、病院は治せます。一時的には。
しかし、一生、薬に頼る、器具に頼る、それが治ったことになるでしょうか?
それは治療ではなく一時的な「処置」です。

この一時的な処置をダラダラと続けていれば、いつか治ると信じている人がいます。
また、なぜか、不思議なのですが、薬は一時しのぎである対症療法という効果やADME(吸収・分布・代謝・排泄)という薬の効果のある成分は最後には排泄されるというエビデンスを知りながら、薬を長期間、出し続ける医者がいます。

科学的に一時しのぎで効かせると証明されているもので、慢性病をどうやって治すのか?僕は、そのメカニズムがわかりません。
昔に西洋医学の天才である医者の師匠に、このことを聞いたら、「対症療法の薬で根本的に治るエビデンスなんてあるわけないじゃん!」ってアッサリ言われました。

ちょっと、話が逸れ気味になりましたが、僕が自分でこんなことを書くのも宣伝みたいで変ですが、漢方を信じていない人に漢方治療に取り組んでもらおうと思ったら、説得ではなく、何軒か、病院に行ってもらえばいいのです。

ただ、漠然と病院に行くと対症療法は、その場は、いい感じの効果が一時的に出ますので、何も考えずに病院に通うと「通っているとそれなりに、調子いい」と麻薬漬け患者みたいになっちゃうので、

「根本的に治るまで、どれくらいの見通しか?」
「どういう風に治療して根本治療につながっていくと考えているのか?」
この2点を医者に聞いてもらうようにしてください。

ポイントは「根本治療」です。

この場合、「根本治療なんてできない」と開き直るケースが多いので、
「対症療法の治療はどれくらいの期間、続けるべきか?エビデンスとともに教えてください」これも聞いた方がいいです。
エビデンスは医者自体が「エビデンスが必要だ!!!」と言っておられますので。

ついでに、こういう質問をすると「治るかどうかなんて保証もできないし、誰にも分からない」と話をすり替えてきます。
そうしたら、
「根本治療を保証してもらいたいわけではないです。クレームをつけるつもりもないです。先生の知識と経験からの独自の見解を治療方針として、お聞きしたいだけ、信用し納得して治療したいだけです」と言ってください。

【病院に行く】→【ちゃんと質問をする】

これをすると「西洋医学って意外と何も治せないんだな」となって、その時に「漢方」っていう手もあるよ。とお話いただければと思います。

この時に気をつけていただきたいのは、個人の「証」(体質)分析をせず、東洋医学的な診断を出さない漢方処方は、これまた、対症療法みたいになりかねないのでお気をつけください。

もちろん、医者から明確な返事がなくても病院に通い続けて、根本的に治れば、それはそれでいいと思います。

ちなみに、うちの家族は、病院に行くたびに、この質問をしますが、毎回、互いに無言になり、未だ、明確な見解をいただいたことがありません・・・


posted by 華陀 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

サプリメントと病院の薬の決定的な問題!

最近は「サプリメントも安易に飲むのは危険!」的な記事がチラホラと目立つようになりました。

実は僕は昔は、漢方薬局さんの店主さんや販売員さんに向けてのサプリメント講習の講師をしたり、サプリメントを製造するのに関わったこともあります。

うちの店も昔は漢方以外でも一部、サプリメントを置いていたのですが、今は置いてません。

最近でも時々、湿疹で悩んでいる患者さんから「青汁って飲んだほうがいいですか?」とか「マカって妊活してるなら飲んだほうがいいですか?」と聞かれます。
僕は必要ないとお答えしています。

実はサプリメントには決定的な問題が1つあります。
この問題は病院の薬も同じ問題を抱えています。

ほとんどのサプリメントは「体に必要で役にたつと言われている成分をたくさん補い元気になりましょう!」というのが目的です。

病院の薬は、症状を緩和したり無くしてくれる成分で不快症状を治したり、PMSや不妊症だったら、女性ホルモンを補ったりして、ホルモンを整えようするのが目的です。

どちらも共通した問題は、ここで「良い」とされている成分には、もう一つのとても、とても重要な条件が欠けています。

それは、体に良い成分があなたにどれくらい必要なのか?
また、どんな種類の組みあわせが必要なのか?

砂糖や果糖などの糖分は人間が生きて行く上で根本的に必要なエネルギー源になります。
しかし、糖分が良いものだからといって、どんどん食べていったらどうなるでしょうか?

そう、糖尿病です。
人間の体に必要なエネルギーを取りすぎることによって、病気になるのです。

サプリメントはどれも、エキスによってたくさんの成分が手軽にとれることをウリにしてます。
つまり、サプリだとあっという間に糖尿病になるかもしれないということ。

不妊治療で使用されている女性ホルモン剤は、量の問題を最も考えないといけないものです。
体内のホルモンは、そのほとんどが、量的に少なくなっているから体がおかしくなっているとは限りません。
体内のホルモンは複数の種類のホルモンをミックスさせて調整しています。
黄体ホルモンが増えたら、エストロゲンが減ったり、何かのホルモンが減ったら、何かのホルモンが増えたり減ったりと脳が微調整しています。

月経リズムだったら、同じホルモンでも低温期や排卵期、高温期と、いろいろな種類のホルモンの分泌量は異なり、またホルモンは、どれも微量に分泌されるので、体内で分量自体が不足しているなんてことは、まずないと思います。

分泌量が少ないのは体内のホルモン量が少ないのではなく、ホルモンとホルモンの組み合わせやバランスがとれていないという原因があるのです。

でも、不妊症、月経不順、子宮筋腫などのホルモン療法はホルモンの物量を足すだけ。
量を増やして強くするだけです。

西洋医学の薬やサプリメントの世界では「良い成分の量が多ければ良い!」みたいな子どものような発想ですが、漢方の世界では、治療で重要なのは「バランスと個人差を考える」です。

どれだけ良い成分でも、その人によって必要な量や組み合わせ、バランスがあります。
良いものだったら、なんでもかんでも、取ればいいなんて考えがありません。

ホルモン剤以外の病院の薬は、体内の働きを騙す成分を取り入れることによって、症状が起きないようにするものが多いです。
痛み止めなどは、痛みを発する物質に薬の成分が取りついて、痛みが出ないようにしますが、体内の痛みを発する物質は同時に胃粘膜を作り胃を保護しますので、薬の成分は、痛みを止めてはくれるでしょうが、胃の状態は悪くなります。だから鎮痛剤と胃腸薬を一緒に処方します。
本当に体にいれて良いものかどうかは、メカニズムから考えると疑問ですよね。

そもそも「痛み」という症状も体内の何かの危険を知らせる警告なので、車で言えば、オバーヒートのランプ(症状)の配線を切って(薬)、警告ランプが点灯しなかったことにしても、やがてエンジンが動かなくなることからは逃れられないのです。

病院の薬はドラッグで売っているものよりも、濃度が濃いものが多いです。
この発想は、まるっきりサプリメントですね。
量が多いと、よく治るという子どもじみた発想です。

これらは漢方の考えからいくとヘンテコです。
漢方が目指すのは、強くも弱くもない多くも少なくもない、今のあなたにとっての丁度の世界。

病院の「良い成分」というのは「一時的に一定の時間だけ症状をごまかす」場合には、良い成分ですが、「根本的に治りたい」場合には、バランスの悪い、ただの人工化合物です。

現在、新しい良い成分だと「なんとなく良さそう」的にサプリメントも病院の薬も手軽に使われますが、それが体内のバランスを崩すものだったら、全然、良いものではなく、かえって悪い成分をわざわざとっていることもあります。

バランスを整えることを考えた場合、良い成分とされているものも、その時のその人の体質では良いものかどうかわからないので、一人一人の体質もみていく必要があります。

運動でエネルギーを失っている人に砂糖たっぷりのジュースは良いエネルギーとなりますが、糖尿病の人にとっては、更に体を悪くする毒にしかなりません。

自分の体を根本的に治そうと思ったら、良いと思われる成分だけを追い求めても無駄です。
どんな成分が、「どれくらい必要なのか?」
「どんな組み合わせ」だとうまく働いてくれるのか?
「どれくらいの間」、その成分は役立ってくれるのか?
などなど、いろいろと考えないといけないのです。

良いと言われる成分だったら、誰が、どれだけとってもいいというノリは、まるでバクチです。
西洋医学やサプリメントはエビデンスを出して、しっかりしたデータに基づいたものですよとアピールしますが、治療の本質から考えると個人差も見ないので僕的にはバクチに近いような感じがします。

漢方治療で重要なのは、個人差、ひとりひとりの体質。
漢方薬は何百種類と、たくさんの種類がありますが、それぞれ、全く違う成分や効果ではなく、よく似た生薬の組み合わせや、ちょっとした効果の強さの違いなどで種類がわかれています。

それは、人ぞれぞれ、必要な量の違い、効果の強さの違いが微妙にあるから、漢方薬は2千年経った、今でもたくさんの種類があるのですね。
なので、その微妙な調整ができる漢方薬を一人一人の体質を見ないで病名だけでマニュアル処方している人は、そもそも漢方薬を使う必要があるのか?と思ったりします。


posted by 華陀 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

良い漢方の先生を選ぶのがカオスすぎるワケ

「同じ病気や症状を伝えているのに、次の漢方のお店では前に処方してもらった漢方薬とは違うものが処方されました。なぜ一緒じゃないのですか?」

これは、うちによくある質問です。

答えは簡単です。
漢方薬は西洋医学と違うから!

すみません。これじゃあ、答えになっていませんね。
ちゃんと説明すると西洋医学には、治療のガイドラインというものがあります。
簡単に言えばマニュアルです。

西洋医学では、感じている症状が同じであれば、大体、どこの病院にいっても同じような薬が処方されます。

アトピーの人がそうですよね。
アトピーの人の薬って?
医者じゃなくても即座に「ステロイド!」って答えられますね。
むしろ、最近の皮膚科は「これしか治療方法知らないんじゃないか?」と疑うほど、ステロイドです。
たまに抗アレルギー剤、抗菌剤。

「えっでも、行く病院によって、いろいろな名前の薬を処方されますよ」

それは製薬メーカーさんの違いで名前が違うか作用の強弱位、それに抗菌の作用が加わる位。
基本的に「ステロイドで無理やり炎症抑える」という治療の考え方は1パターンです。
いろいろなな名前の薬がありますが、やってることは、大して変わらないということです。

西洋医学の治療のガイドラインには、
「この病気にはこんな薬を使います」「その時に最初に処方するのはこの薬。2番目に処方する場合は、この薬」というマニュアルみたいなものがあります。

病気に対する考え方も、「検査がこうだったら、この病気」と、これも流れ作業のように決まっています。
常にすでにうまくいったことが証明されたものをマニュアル的になぞって治療するようになっています。

何年か前に指の怪我で7つの別々の病院で治療を受けましたが、どこもやることは判を押したように同じでした。

@レントゲンを撮る。
Aレントゲンを撮りながら「骨折じゃないけど、捻挫かな?」と話す。
Bなんとなく鎮痛剤を処方する。

どの病院でも痛みは耐えられるし、鎮痛剤は1mmも根本治療に役立たないと思っているので、全部の病院で「鎮痛剤はいりません」と話しますが、そこは華麗にスルーして、治療した気になってる感じでした。
このケースでも治療?パターンは「鎮痛剤で一時的に痛みを止める」これだけですね。

7つの病院とも全部一緒。
この実体験から僕は、よほどの専門の病院でない限りは、病院はチェーン店の餃子の王将みたいなものだと思いました。

たまに患者さんから「どこか良い病院ないですか?」と聞かれますが、僕からしたら、堺市内の王将も大阪市内の王将もほぼ、メニューは同じ。
ほんのちょびっと、地域性のメニューの違いがあるくらい。

なので、こっちの王将(病院)だろうが、あっちの王将(病院)だろうが、どっちに行っても同じでしょ!と思うわけです。どうせ、処方する薬は同じです。

対して、漢方は西洋医学とは全く異なるものです。
漢方には西洋医学とは全く異なる点が2つあります。

@漢方は病気を診断するのではなく体質を診断する。
病院では、アトピーの人は、3歳の子のアトピーだろうが、40歳の大人のアトピーだろうが、アトピーはアトピーとしてひとくくり。どちらも治療方法はバカの1つおぼえではなく・・・得意のステロイド!

東洋医学には基本、病名診断がありません。
病名診断がないというか、病名に対して漢方薬を選んでいく考え自体がありません。

病院で病名や症状だけで漢方薬を合わせている先生がいますが、東洋医学には、そんな方法は一切書いていません。
そもそも、2千年前から中国で独自の診断方法や治療方法を持っていた漢方と200年位前からヨーロッパ周辺で発展した西洋医学との間に何の接点もないわけで、西洋医学の病名(病院で診断された病名)で漢方薬を合わせるなんてルールが存在するわけありません。

A漢方は治療のガイドラインがない。
「検査でここが異常だったら○○病」「アトピーにはステロイド」
漢方には決まったガイドラインはありません。
それどころか、治療の考え方の違いで「古法派」「日本漢方派」「中医学派」などにわかれます。

ガイドラインどころじゃないですね。
派閥が変わると体質の診断方法も使用する漢方薬の種類なども微妙に変わってきますので。
ちなみに僕は日本漢方派で、世間一般の先生方は中医学派が漢方の全てだと勘違いし、派閥の違いで診断方法や使用する漢方薬が変わることも知らない人が多いです。

漢方の診断は、血液検査などの客観的な化学的検査はありません。
患者さんの体質は先生自身がその場で考え出します。

一般の人で、自分のいろいろな症状を順に占いみたいに当てはめて、当てはまる項目が多いものが、自分に合った漢方薬だと思っている人がいますが、漢方は症状を当てはめるのではなく、ちゃんと症状から東洋医学的体質を診断します。

その診断に基づいて、最適な漢方薬を選びます。

なので、病院で診断された病名や自分の症状を同じように伝えても、漢方の先生によって体質の診断も、選ぶ漢方薬も変わってしまうわけです。

その漢方の先生の派閥、診断基準、使用する漢方薬に対する捉え方。
いろいろな条件でそれぞれの治療方針が考えだされます。
いわば、その人だけにコンサルティングするような感じです。

では、どの先生を選べばいいのか?
それは、徹底的に東洋医学的体質のことや選んだ漢方薬だと、その体質がどう調整されて、良くなっていくのかを聞くことです。
まともな漢方の先生は体質を判断し、それに最適な漢方薬を選んでいるので、スッと淀みなく説明できるはずです。

説明が五行論を持ち出してきて煙に巻こうとしたり、私が選んだのだから飲みなさいと説明がなかったり、なんか納得いかず、通ってないな〜と感覚的に感じた先生はやめたほうがいいです。

また、それ以前に病名にあてはめる、症状があてはまるからなどで漢方薬を選んでいる先生は、もう言うまでもなく・・・論外です。東洋医学としては、あまりにレベルが低すぎるので先生も患者さんも治ったらラッキー位に思っておいたほうがいいかもしれません。


posted by 華陀 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

予防医学って実際はどうなのだろう

これからは予防医学!というのが次のトレンドのように言われいますね。
具体的にどんなことが予防なのかは、今は予防医学という言葉だけが走っている状態のようにも思います。

病気じゃなくても検査をしておくことや血圧や心拍、血糖などの日々のバイタルサインを見ていくことが予防と考えられていたり、単にサプリメントを飲むことが予防だったりと考えられていたりするようです。他にもいろいろあるかもしれませんが・・・

病気になる前に病気にならないように防いでいく。
漢方を始める前は、僕自身も現在の予防医学の感覚が重要だと考えていました。

しかし、漢方治療を本格的にやればやるほど、1つの意外なことがわかってきました。

漢方では、未病という考え方があります。
未だ病気にならざる時に治してしまう。

正に予防医学じゃないか!と思っていたのですが、治療をやっていくうちに、その解釈も微妙に違うんじゃないかという感じがしてきました。

漢方では、その時点の体質を見ます。
一般的なイメージでは、おそらく、人それぞれの生まれつきの体質があって、その生まれつきの体質を根本的に治してくれる漢方薬があって、それを飲み続けたら根本的に治る・・・みたいなイメージだと思います。

半分は正解かなと考えているのですが、半分は不正解という感じ。

僕が現場で治療している感じでは、誰しも生まれつきの弱点的体質があるというのは、合っていると思うのですが、別に、それだけで病気になっているわけじゃない。

どちらかというと、現時点の環境(仕事、ストレス、食事、睡眠、住まいの環境など)の影響を受けて病的体質になるといったほうが割合が大きいと考えています。

その時に生まれつき、もしくは家系が継いできた体質の傾向の病気に傾いていく。といった感じですね。

生まれつきの素因的病的体質が20%位あって、残りの80%は後天的な環境等によって作られ発病する感じ。

西洋医学では健康か病気かという、ある種、デジタル的な捉え方をしますが、本来の漢方では西洋医学のようなはっきりとした病気の概念がありません。
病院は何を勘違いしているのか、西洋医学の病名で漢方薬を選ぶマニュアル処方をしていますが・・・

西洋医学だと、検査でひっかからなければ、病気でないイメージですが、漢方は全身の働き(例えば血液循環、筋肉の働き、消化器の働き)の調和がとれているかどうかをみていくので、このラインから向こうは病気。という概念がありません。

病院の検査でひっかからず、病気も何も言われていなくても、雨の前日にかならず頭痛になるのは、漢方的には全身の調和が崩れた結果、起こっていると考えるので、それは明確に病気なんですね。

だから、漢方薬も生まれつきの体質に絶対的に合うものなんかはないし、現在の体質も季節の影響を受けて変化したり、仕事で、ものすごいストレスを受けて体調が変われば、それも体質が変わっていくことになります。

つまり、漢方では、よほどでない限り、本当に健康な人は、なかなか存在しません。
特に現在の環境は、健康になろうと頑張っても体に優しい自然な生活ができない時代なので、「本当の意味で長期間、健康な状態」を保つのは至難の技です。

だから、僕も検査数値は悪くないし、病気の診断を受けたこともないですが、毎日、全力、全開で元気か?と問われると何かしら、不調がところが見つかるので、その時の自分の体質を判断して一定期間で種類を変えながら漢方薬を飲んだり、週に1回、バランスをとるために鍼治療も受けています。

いわば、東洋医学的に考える本当の健康とは楽器のチューニングが合っている状態ですね。
楽器をやっている方なら常識ですが、使った途端に少なからず、チューニングは狂っていきます。
また、終わったらチューニングを行い健康な状態にするわけですね。

だから、漢方の未病を治すというのは、何かの病気になる前に治すというよりも、常に病気になる恐れがあるので、それを漢方薬や自分の体質に合った養生で毎日、チューニングしておくことだと思うわけです。

今、騒がれている予防医学も日々、事前に検査をしたり、毎日のバイタルサインを調べておけば、大きな病気は予防できると思いますが、現実から考えると、大きな病気だけをざっくりと防ぐという感じで、それはそれで重要だと思いますが、日々の辛さを防いで病気にならないようにするには、ちょっと遠いですね。

本当の予防は、やたら検査をしたり、体質に合っているかどうかもわからないサプリメントを漠然とした予防で飲むのではなく、現時点の自分の体質を知り、弱点を知り、日々のチューニング(体質にあった生活方法やメンタルセット)を知り、それを実践することが、具体的で実践的な予防ではないかと思います。

なので、予防は、その人の体質や環境で人それぞれ、方法が変わるということですね。


posted by 華陀 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

5分診療では漢方治療が不可能な理由

漢方治療の歴史は剥き出しの表現をすれば、人体実験の歴史です。
そして、現実の漢方治療も人体実験の繰り返し。とも言えます。
僕はマッドじゃないですよ。人体実験というと拷問的なイメージをしてしまいがちですがそういったものではありません。

漢方薬は様々な生薬で構成されています。
生薬の中には様々なものがあり、中には石なんかも生薬としてあります。
ちなみに石の生薬としての役割は清熱といって体の中の余分な熱をしずめてくれます。

食べ物や生薬などは最初に神農さんという漢方の神様みたいな人が、自然界にあるあらゆるものを食べて、時には1日に何度も毒にあたりながら解明してきたとされています。
実際は一人の人間ではなく、何人もの人間がなが〜い年月をかけて「この葉っぱは体が冷える」とか「この根は体が温まる」とか組織だってそんなことをやってきたのでしょう。
どちらにせよ人体実験が漢方の始まりでもあり、治療の原則とも言えるのですね。

人体実験が治療原則?
なんか嫌な感じですよね。
でも、とても理にかなっているのです。

漢方薬はその人、個人の現在の体質に合わせて選びます。
体質は個人個人、違います。またその体質も普遍ではありません。

一般的には「最初に自分の体質を知って、後は、その体質に合った漢方薬をずっと飲み続ける」といったイメージがあるようですが、これは誤解です。

ある程度、その家系の持っている体質の傾向というものはありますが、その体質も季節や生活環境の変化によって、どんどんと変わっていきます。

一人一人の体質も違うし、その時々でも体質は変化していきます。
非常に流動的なのですね。
だから「同じような症状なのに前に治った漢方薬で治らない」なんてことも漢方では不思議ではありません。

人の体質というのはこんな具合なので漢方薬は「こんな病気だったら、この漢方薬で決まり!」ということができないのです。

毎回、毎回、体質をチェックして漢方薬を検討していく必要があります。

西洋医学は漢方とは全くの逆です。
たまに西洋医学は化学の強い薬を使うもので漢方薬は自然の穏やかな薬を使うみたいなザーッとした分け方をしている方がいらっしゃいますが、治療の根本的な考え、概念が違います。

漢方と西洋医学は互いに異質な医学なのです。
(発祥した場所も年代も違うので当たり前ですが)

西洋医学は、体質をみません。体質ごとに治療する考え自体が存在しません。
実際は顔や体格、性格のように皆それぞれ、体質も違いますが、西洋医学は体の働きは皆一緒!のはず。と見て、一律、「人間」に効く薬を開発しそれを治療に使います。

病院のお薬は「人間」を研究し「人間」に効果のある薬を開発します。
なので、あらかじめ、どんな病気や症状に使う薬かが決まっています。薬の効果も決まっています。
そういう効果を発揮するようにあらかじめ研究し開発しているので。

だから病院のお薬は、どんな人にでも効くようにできています。
そして、副作用も事前にわかっています。

一方、漢方は、現在の体質がどんななのか?
それは誰にもわからないのです。
それを僕は東洋医学理論でもって推測します。
そして現在の体質を割り出し、最適であろう漢方薬を合わせるわけです。

体質も漢方薬の効果もあらかじめ決まっているわけではないので、時には体質の推測がズレていたり、選んだ漢方薬がズレていたりすると全然、治らなかったり、逆に症状がひどくなることもあります。

漢方医の仕事は、どっかのメーカーのマニュアルや漢方の本を見ながら、病名や症状で漢方薬を選ぶことではなく、体質とそれに合わせる漢方薬をズレないように調整することが仕事です。

漢方のすごいところは、ズレるかもしれないことが折り込み済みなことで、ズレた場合は、漢方薬を飲んでからの変化をみて、漢方薬を変更しながら調整できることです。

「流動的な一人一人違う体質に初めから合わせることができるマニュアルなんかない」ということが前提になっているのです。
体質が決まっていないゆえにマニュアル的に合わせることができないのです。

病院の薬の利点は、体質を考えなくても誰でも効くことが事前にわかっていることです。
欠点は、個人の体質に合わせていないゆえの強制的な効果でその場だけの治療になってしまうこと。ステロイドやホルモン剤のように元の体の機能がおかしくなることもあります。
そして、あらかじめ理論的に効くことが前提になっているので、薬の説明通りに効かなかったら、もうどうしようもないです。
「効くはず」のゴリ押しで通すしかありません。
薬は理論的に「絶対に効くはず」という独特な傲慢ルールで成り立っているので、その薬が効かなかったら「ストレス、気のせい」などで心療内科行きです。

一方、漢方薬は元々「体質は未知である」という前提になっているので、効かなかったり、悪くなったりしたら、その結果をふまえて次の治療を考えていくことができること。
おまけに病院のお薬と違って、自然のものなので病院の薬ほどの強制的な効果でないので失敗しても取り返しのつかない状態になりません。
まさに良い意味で人体実験なのです。

病院のお薬は人工化学合成物で作用も強いので、取り返しのつかないことになることもあるので「病院の薬でいろいろと試していく」なんてことはできません。
それこそ、マッドサイエンティストの狂気の人体実験です。

漢方薬を病院のお薬のように病名や症状だけで選んではいけないのはこういった理由です。

うちの患者さんはこういった概念を理解されていますので、ごくたまに「先生、今回の漢方薬はダメっぽいかも」なんて報告してもらいながら、患者さんと毎回話し合いながら治療をすすめます。だから5分診療では漢方治療は不可能なのです。


posted by 華陀 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

未だに横行している症状漢方

「元々、とある京都の漢方薬局で漢方薬を飲んできたけど、なかなか良くならないので」ということで、うちに相談に来られました。

うちでは「今まで、どんな漢方薬を飲んできて、どんな変化があったのか?」をお聞きするのですが、その漢方薬局で大量に漢方薬を飲んでおられたので、最早、何が効いていて何が効いていないのかがわからない状態でした。ご本人も、途中で飲まなくなったものもあり、むちゃくちゃになっていて収集がつかないと困っている状態。

一番、最近での飲まれているのが、漢方薬10種類、サプリメント7種類、生薬系サプリメントが4種類。
これがなんと1日分。
1ヶ月で何十万円にもなります。

このケースはかなり高額ですが、実はこういう風な方法を漢方治療だといって漢方薬やサプリメントを抱き合わせで販売している漢方薬局は結構あります。
残念なことに、こういう薬局って人気があったりするのですね。

相談時のことをお聞きすると詳しく聞くまでもなく症状漢方というもの。

漢方薬がまともに扱えない人用の方法に病名漢方、症状漢方というものがあります。

漢方は東洋医学の理論を元に体質を分析し、その体質に合わせて漢方薬を選びます。
初学の頃はいきなり東洋医学的な体質診断なんてできないので、どうしても、ある病名の時によく使う漢方薬をマニュアルを見て選んだり、漢方薬の適応症状として書いてある症状を勝手にあてはめて症状ごとに漢方薬を選んだりとするしかありません。

僕も漢方の修行し始めの、どシロウトの頃は恥ずかしながら病名漢方や症状漢方の方法で、病名=ある漢方薬(例えばアトピーに消風散や不妊症に当帰芍薬散など)で漢方薬を選んだり、その方法からちょっと毛が生えてきた頃に症状ごとに漢方薬をあわせる症状=ある漢方薬(むくみに五苓散や胃痛、胃もたれに六君子湯など)で漢方薬を選んだりしていました。

今回のこの漢方薬局の選び方は、患者さんの話をお聞きしているとモロ、症状漢方。
頭痛には香蘇散、イライラには黄連解毒湯、むくみに五苓散などなど。
こんな漢方薬の選び方で治るわけがないと思います。

順をおって説明したいと思いますが、この漢方薬局のケースではないですが、病院のやっている病名で漢方薬を選ぶ病名漢方も本来の漢方治療の方法ではありません。

僕も素人同然の頃はやっていたので、言い訳がましくなるかもしれませんが、まず、西洋医学の病名と漢方薬は何の関係もありません。
西洋医学は新薬を使用して治療する医学で、診断も血液検査など化学的な検査を行って病名を診断します。
漢方は2千年前に確立された医学で、西洋医学は200年ほど前、両者には1800年以上の開きと中国とヨーロッパという地政学的な違いがあります。

では、なぜ、病名漢方があるかというと、東洋医学は難解なので、漢方を知らない人間が、いきなり東洋医学的な体質を診断するのは不可能なのです。
ちなみに大学で教えている漢方は素人に毛が生えた程度で、診断方法などは何も教えていないので、医者も薬剤師も一般の方もスタートは何ら変わりません。
みんな平等に「漢方は理論的に知らない」というところから始まります。

そんな状況で、なんとか漢方薬を処方しようと思ったら「ある病名でよく使われる漢方薬」というマニュアルでもないとスタートすることもできないのです。
だから、最初の素人同然の頃は、本来は東洋医学的な体質である証に合わせて漢方薬を選ぶ必要がありますが、アトピーに消風散や不妊症に当帰芍薬散ってなっちゃうのですね。

そういったマニュアル処方を経験していると「同じ病気でも、みんな体質が違うんだな」ということに気づきます。
ただ、この時も「同じ病気でも体質が違う」ということには気づくのですが、かといって、その体質ってどんなのか?は、まだ分析できないのです。

だから、今度は、症状で漢方薬を選んでいこうとします。
ど素人からちょっと毛が生えましたね。

漢方は「漢方薬=体質」という考え方です。
西洋医学は、いろいろな検査で原因を追求してその原因を治すべく薬を選びますが、漢方薬は体質にあわせるので、漢方薬自体がその体質を表しているし、体質はある漢方薬を示しているのです。
ややこしくなってきました。

漢方薬には適応症状といって、その漢方薬を使ってもよい条件的な症状が設定されています。
清上防風湯にはニキビという症状が条件であったり、人参湯だったら下痢という症状が条件であったり。

ここで絶対に勘違いしてはいけないのは、その症状にあてはまったら、その漢方薬というわけではありません。
漢方薬に設定されている「症状」は体質を示すごく一部の条件であって、それがあてはまったらその漢方薬が合っているというわけではないのです。

それによく考えてみてください。
症状なんて、そんなバリエーション豊かにありません。
頭痛や冷えなど、人間の症状なんて、そこそこしかないのです。
でも漢方薬は何百種類とあります。

症状漢方の間違いは、症状をあてはめて漢方薬を選ぶということ。
漢方薬を選ぶ際には、体質を診断する必要があります。
体質は症状だけでなく病位や虚実など他のいろいろな条件を考えあわせて分析した上で導き出すのです。

ギャル向けの軽いノリの占いや血液型診断じゃないんだから、冷えと月経不順があったら当帰芍薬散なんて、そんな軽いバカな世界ではありません。

説明が長くなりましたが、1つの漢方薬にはいろいろな症状が設定されています。
なので、症状ごとに漢方薬をあてはめている今回のケースは、体質を分析できていない証拠ともいえます。

サプリメントを一緒に販売しているのも意味不明です。
漢方薬は何種類かの生薬で構成されています。
1つの漢方薬で8種類等のサプリメントがバランス良く詰まっているようなものなのです。

漢方薬やサプリメントを何種類も出すということは効果のある生薬や食べ物だらけになって、何が効いていて、何が悪さをしているのかわかるわけがないですよね。

ということで、こんな方法は僕は漢方ではないと思います。
多分、儲けで大量に漢方薬を売ってるだけですね。

ちなみにうちでは、なるべく1種類の漢方薬を考えぬきます。
自分の出した漢方薬がどんな方向にいくのかを見極めないといけないので、他の漢方薬やサプリメントは全部やめてもらいます。
つまり1種類の漢方薬だけで、あらゆる症状を治療しようとします。
今のところは、うまくいっていると思います。

病名漢方や症状漢方は合っているとか間違っているではなく「素人臭すぎる」この一言ですね。


posted by 華陀 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

漢方薬は早く効くものか?ゆっくり効くものなのか?

漢方薬はゆっくりと何ヶ月もかけて効いてくるのか?

ブログの中では漢方薬の効果は遅いのでも早いのでもないと説明してきましたが、なんか自分自身でもしっくりこない感じでした。

病院が言い始めたのか?
某漢方薬メーカーが言い始めたのか?

「漢方薬を飲んでいたら、どれくらいで良くなるのか」というテーマに対して、はっきりと言い切れることは、一般に思われているような、「漢方薬の効果が現れるのに3ヶ月ほどかかる」というのは全くのデタラメです。

そんな理屈は、どの漢方薬の本にも書いていません。
素人向けの漢方の本は知りませんが、僕らが治療のために勉強する専門書には、どの専門書にもそんなことは一言も書いていません。

それどころか、昭和の初期のバリバリの日本漢方の達人が残した書には「10日間で◯◯の症状は良くなったけど◯◯の症状は逆に悪くなったので、違う漢方薬に変更した」というようなことが普通に書いてあります。
この頃、真剣に漢方治療をしていた先生方は、10日間という短い期間の中で治療勝負していたのですね、

それが「効くのに3ヶ月かかる」とか、もしこれを医者や薬剤師などの治療のプロ側の人間が説明しているのなら恥ずかしすぎます。

で、結局、早く効くのか?ゆっくり効くのか?

答えはどっちもなんですよ。
漢方薬は早く効く場合もあるし、ゆっくりと効いてくるときもあります。
はい、おしまい。

これだったら、いつもと同じようなざっくりととした説明ですね、
この部分を理論的に説明します。

漢方薬の効果の期間は「治療目標」「その人の体質」「選択する漢方薬」の3つの掛け合わせで決まります。

基本的には漢方薬は早く効くものからゆっくり効くものまでバリエーション豊かにあります。

漢方薬はいくつかの生薬というものから構成されていますが、例えば半夏厚朴湯に使用されている半夏という生薬は飲んでしばらくしたら、喉が首を絞められたように苦しくなります。
この締めつけ感も生姜を飲めば、しばらくすればなくなります。
ほんの10分ほどの間に副作用のような変化を起こさせて、その後、それを消しさることができます。

たとえば、フリスクなどのスーッとする効果はハッカなどの効果ですね。
ハッカも漢方薬を構成する生薬の1つですが、ハッカなんて、食べてる時から効きますよね。
どれくらいで効くの?と聞かれたら「瞬間」ですよ。

「漢方薬は効くのに3ヶ月もかかる」と説明している人は漢方の勉強を一からやり直したほうが良さそうです。

とまぁ、かなり早く効くものもあるのですが、早く効けばいいというものではありません。
早く効かせないといけない病態とゆっくりと効かせないといけない病態があるのですね。
これが「治療目標」です。

例えば「風邪」の治療に何週間もかけていてはいけません。当たり前!
何週間もかかるのなら、もはや、漢方薬で治ったのか?自然に治ったのか?がわかりませんよね。

風邪の「治療目標」は1日単位で考えます。
できれば1袋単位です。風邪は次々に体質を変えていきます。
漢方薬は体質に合わせないといけないので、それに合わせて漢方薬も変更しないといけないのです。

たまに病院で風邪のための漢方薬で1週間分とか処方しているのを耳にしますが、意味がわからない!
「本当に漢方薬で治療する気ある?」と聞きたいです。

慢性病は細かく紐解いていけば、いろいろな体の細かい不具合が時間が経って重なって、複雑な感じの病態にしているものです。
ですから、慢性病を治療する場合は、1つ1つこんがらがった紐を解くように元に戻していくような治療をします。

絡まった糸くずを早くほどかなくちゃいけないとばかりにぐちゃぐちゃと急いでやっても余計に絡まるだけなのです。

慢性病の場合は、その人の回復力に合わせて慎重に時間をかけて治さないといけないのです。物の修復のようにそれぞれの体質によって修復できる時間が違うのですね。

次に「体質」です。
漢方薬は強く効かせるものもありますが「強く効くもの=良い効果」ではありません。
強い効果は強い変化を体に与えるので、体質に合っていけなければ強い変化が悪くて強い変化になることもあるのです。

強い効果の漢方薬はそれなりに体力のある体質でないと活かせないのです。
元の体質が弱ければ残念ながら穏やかな漢方薬を選ぶありません。
体質に合っていない漢方薬は毒になりますから。

最後に「選択する漢方薬」
これはある種、さっきの体質と同じともいえます。
体質に合った漢方薬を選ぶのが漢方なので。
しかし、あえて早く治すために体質より高レベルのものを選んだり、逆に体質よりもゆっくりしたペースで効かせるために体質よりも下のレベルのものを選ぶこともあります。
これで効いてくる期間も変わってくるのですね。

こういった具合で、漢方薬が効いてくる速度というか期間は「治療目標」「その人の体質」「選択する漢方薬」の3つの要素を掛け合わせ考えた上ではじき出されるのですね。

ちなみに東洋医学的な体質を診断せずに体質と合っていない漢方薬を飲んでいる場合・・・永遠に効きません。
体質判断せずに処方してもらった漢方薬が効いているのは、ただのラッキーです。処方した人間もなぜ効いているのか東洋医学的理屈がわかっていないと思います。


posted by 華陀 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

漢方薬の効果に対する大いなる誤解

漢方薬は東洋医学を基に考え、処方しますが、その東洋医学が西洋医学とは全く違う異質なものなので謎な感じが多く、漢方はいろいろと誤解されて理解されています。

実は知っていてなのか、知らないのかはわかりませんが、医者ですら東洋医学の考えで漢方薬を使用せず、西洋医学の考えから漢方薬を使用しているので、意味不明な漢方処方の方法をとっている病院が多いようです。

そういった状態がより「漢方っていうのは実のところよくわからない」というようにしてしまっているのでしょう。

もっとも、大きな誤解は「効果」に対するもの。
効果とか作用とか。
なんでもいいのですが、要するに自分の身体が「良くなる」「治る」という概念が漢方は西洋医学とは全く違います。

うちに相談に来られる場合、大体、僕のブログに共鳴して来られる方が多いので、なんとなーく「漢方の治療は西洋医学の治療とは全く違うものなんだ」と思いながらこられる方が多いのですが、時々、「先生、私の病気が良くなる漢方薬はないですか?」と割合、病院と同じノリで来られる方もいらっしゃいます。

西洋医学は体質全体を整えていくことが目的ではりません。
西洋医学の薬は、ダイレクトに成分が効いて症状が良くなるようになっています。
基本的には1つの症状に対して1つの薬が効きます。

症状1つに対して1つの効果みたいなものなので「効いたか」「効かないか」はすぐに答えが出ます。判断は◯×ですね。

漢方でも、風邪や下痢など急性の病気に効かせる方法もあるので、急性の病気の場合だったら、病院の薬と同じように短期間で「効く」「効かない」の判断で処方しますが、慢性病になると、これがガラッと違ってきます。

急性の病気の場合は、気になる症状は風邪の咳と鼻水だったり、下痢だったり、頭痛だったりと、病院の治療と同じように単体の症状を治す目的のことが多いです。

漢方の場合は、急性でも、いろいろと身体の他の状態もお聞きしますが、基本的には1つの気になる症状を目標にして、うまく治らなかったら、急性の場合は、1日ごとに漢方薬の種類を変更していったりします。

ある種、どの漢方薬が良く効くか?効かないか?みたいな側面もあります。
ところが、慢性病になってきた場合、効くか?効かないか?ではなく体質を変えていくことが目的となるので治療の考え自体が変わってきます。

慢性病の場合は、全身の症状や状態、今の住んでいる環境など、その人の事を詳しくお聞きして分析します。
なので、問診はかなり細かく、お聞きする問診項目もかなり多くなります。

症状をいろいろお聞きするのは、症状の1つ1つを漢方薬の条件にあてはめていくわけではなく、たくさんの症状や状態、状況をお聞きして総合的に考え「東洋医学的な体質」を分析するためです。

「東洋医学的な体質」を分析したら、次にその体質をどの方向にもっていけば、全体のバランスがとれるか?を考えます。
1つ1つの症状に対して「効いたか?」「効かなかったか?」ではなく、治る方向性に体質が順調に向かっているかをみます。

「良くさせる」のではなく身体を良い方向へ「変化」させるのです。

漢方薬は身体に変化を与えながら調整していきますので、中には「悪いような変化」を感じる場合もあります。

例えば、血虚、瘀血という血が足りなくて血の巡りが悪い体質の人は漢方薬を飲み始めた初期に血がグルグル回るので、めまいや立ちくらみという症状が出てきたりする場合があります。

この場合、症状だけで見たら、新たにめまいと立ちくらみが増えてしまっていますが、東洋医学的に見たら、血が巡っている途中だから起こっている場合もあるのです。

この場合は、しばらく続けてもらい血の巡りが良くなる方向として続けば、自然にその症状は治まってきます。

西洋医学的に見れば、新たな症状が増えるのは「副作用」でしかないかもしれませんが、漢方治療は「良くする」のは結果論であって、漢方治療でやっていくことは「身体に変化を与えて調整する」ことが目的なので、新たな症状が増えることも身体が治ろうと動き出した結果かもしれないのです。

「病院で処方してもらった漢方薬を3ヶ月飲んでるけど、一向に良くならない」と言ってる方がいらっしゃいますが、そもそも漢方薬は気になる症状がダイレクトに治っていくのかどうかではなく、気になる症状がなくなるように身体が動いているかをみていくものです。
一向に良くならず、身体の「変化(良いも悪いも含めて)」もないのであれば、漢方薬を変更してもらったほうがいいですよ。
もちろん、最初に書いた東洋医学的な問診に基づいてですが。

漢方薬が直接、ステロイドみたいにかゆみを止めたり、痛みを止めたりするものではありません。

漢方では不快な症状は体質のいろいろな要素のバランスが崩れることによって、起こると考えますので、治療の目的もバランスを整えることになります。

そのバランスが整うことによって、結果的にバランスの崩れで起こっていた症状がなくなっていくということになります。

なので、東洋医学の理論で漢方薬を使う勉強をしてきた僕から見ると、病院で漢方専門の問診をとらないで体質も判断しない漢方薬の処方は、治療が始まってすらいないと思っています。

だって、漢方はダイレクトに薬の成分で効かせるものではなく体質に変化を与えて、症状がなくなるように身体を調整しますので、現在の体質がわかっていなければ、漢方薬が変化を与えることができたかどうかがわからないですよね。
よって、東洋医学的な問診をとらない漢方薬の処方は漢方薬を治療としては使っていないことになると思うのですよ。

漢方は西洋医学とは全く別の医学なので症状に対して効いたか?効かないか?ではなく、いろいろな身体の変化が良い方向に向かっているかどうかで考えましょう。


posted by 華陀 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

患者さんに治療法?を選ばせる漢方薬局

この間、皮膚疾患でうちに来られた方から聞いた話です。

漢方薬局らしいのですが、早く治りたかったら5万円コースがあり、通常なら3万円コースらしいです。

前日に似たような話を漢方薬局を訪問している生薬メーカーの営業さんからも聞きました。

その先生は営業さんに向かって「お客さんには2つの商品を提示して選ばせたらいいんやで。それを勉強会で教えてもらったんや」と得意気に話していたようです。
勉強会で何やってんの・・・漢方の勉強じゃないんだ・・・

僕も昔は漢方相談などをしている薬局さんを営業先として訪問させていただいていたので、この種の話はよく聞きました。

ただ、十年以上も前の話なので、未だにそんな売り方をしているのかと逆に感心しました。薬業界、漢方業界は悪い意味で時間が止まっていますね。

そもそも、高いコースが治りが早いというのが「すごい!」です。

うちでは、当然、高かったら早く治してあげるとか、安かったら普通にしか治さない。という概念自体がありません。

病院の薬は強制的な効果が決まっていますので、決まった時間だけなら、ほぼ確実に効かせることができます。
だから、病院の薬であれば高いコースは早く治る。という提案もできるかもしれません。
ただし、ステロイドなどの新薬を使う場合は、ほぼ確実に効かせられるかもしれませんが、根本的には治らないし「一時的に治る→再発する」の繰り返しです。

じゃあ、漢方となると「こっちの処方だったら早く治るけど高い。
こっちの処方だったら安いので治るのに時間がかかる」なんてありえません。
しかも、この5万円コースの治療って漢方薬でなくて乳酸菌を使うらしいです。
サプリメントなんて漢方よりもはるかに医学レベルが低いのに、お金を高く払ってくれたら早く治すと言えることが単純にすごいなと思いました。

長年、漢方薬での治療に携わっていますが、病気を治すというのは、非常に難しいです。

人それぞれ、いろいろな環境やストレスがあって、症状や病名が他人と似ているように見えても、みんなそれぞれ、違う症状や病気です。

それを見極めて、患者さんとも何度も話し合って治療を進めていきます。

なので、うちで提案するものは、毎回、僕の全力です。
「高いお金を払ってくれたら早く治してあげる」なんて余裕が1mmもありません。

僕が提案するのは、あなたの今の体質にとっての一番のベストだと考えられるもの。
「ちょっと手を抜いた安いバージョン」と「早く治せる高いバージョン」なんて提案できる余裕がない。僕にとったら身体の治療ってそんなに甘くないです。

ましてや、それを患者さんに選ばせるなんて「自分は何のために漢方を勉強してきたんだー!」って感じになります。

なんかそういうのって治療じゃなくて完全な商売なような気がします。
商売だったら、高いものと安いものを同時に提示して選ばせるというのは昔からの常套手段ですから。

昔、うちに相談に来られたある方が
「いくらでも払うから、良いもの全部ください」と言ってこられたことがありますが「残念ながら漢方は医学理論的に、できるだけ、その人にとってベストの1つの処方に絞りこむのが良いので、種類を増やすことはできません」とお断りしたことがあります。
商売的にはもったいないですね。

でも漢方の治療はその人、その人の体質に合わせるものだから、みやみやたらと種類を増やして値段を高くすることは「治せない」ことに直結しているのです。これは漢方医学の原則でもあります。

もちろん、お店を維持していくのに商売的な側面も重要ですが、それよりも「治せない」というのは僕にとって最も恐ろしいことです。

それに漢方薬は何百種類とあるので、その何百種類の中から1つに絞り込んで治せた時の達成感は最高です。
このあたりは漢方マニアとしての快感かもしれません。

僕も早く治したり、普通に治したりと、あやつれるくらいになりたいです。
でも、これからも「全力で1日でも早く治せるかどうか」を地道に努力していくしかなさそうです。


posted by 華陀 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

病院では異常がない。でも自分は不調を感じる。

病院では異常がない。でも自分は不調を感じる。

よく「病院で何も異常がないって言われたのですが、私は◯◯の症状で悩んでいるのです」という話があります。

こういう状態でしつこく症状があるから治してほしいと医者にせまると心療内科行きになったりします。

そういう方がうちに来ると漢方は病名や検査の異常値がなくても、自覚症状や体質などを調整する治療なので、どんな人でも「治療」はできます。
また、漢方的に見ると結構、大変な体質だったりします。

「あなたは異常がないから病気じゃない」
あれって昔からなんか違うんじゃないかと思っていて、そしえ考えてわかったのです。

医者の言い方がおかしいから、物事がややこしくなっているのです。

正しくは「私にはわかりません。ごめんなさい」じゃないかと思います。


患者さん:「私は夜中、毎日眠れなくて頭痛と吐き気が続きます」

医者:「検査もいろいろしたけど、何も検査上は異常ないですね・・・僕にはなぜその症状があるのか僕の治療のレベルではわかりません。ごめんなさい」

ね。しっくりくるでしょ。

ここを

医者: 「何も異常がないからストレスや精神的な問題かもしれません」

なんでもストレスかよーーーって感じです。途端に違和感と不信感。
症状の原因をなんでもストレスするのってサプリメントを売りまくっている詐欺メーカーの常套句みたいで嫌ですよね。

そもそも、医者側が医療者として「病名のマニュアル的条件にひっかからなかったら、その症状は全部本当に気のせいなのか?」と疑問を持たないのだろうかと思います。

先日、事故で僕は左手の指を怪我して第2関節が曲がらなくなっちゃいました。
その時もわざと紹介なしで5つの病院に行ったのですが、どこもレントゲンをとって「骨は折れてません。特に異常ありません」と行って痛み止めの処方。

一番大きな手指専門の病院では「その指はもう治りません」と言っておいて、根本治療に何の役にも立たない痛み止めを処方して「次は来月の◯月◯日」に来てください。
だって。

一瞬、意味がわかりませんでした。
医者本人が「一生治らない」→「根本治療にはならないけど」と痛み止めを処方→「次は来月に来てください」

そこは「折角、来ていただきましたが僕の治療のレベルでは絶対に治せません。ごめんなさい。どこか他のところに行っていただけますか」じゃないですか。

これだったら「そうか、あなたには手に余るんだ。でもしょうがないよね。治療の腕はそれぞれだよね」って納得いきます。

僕は医者には治せっこないのはわかっていたので、次の予約は行かずに友達の鍼の先生とタッグを組んで自分たちで完治させましたが、医療的に素人の人だったら、医者に「来月来い」って言われたら普通、行きますよね。

治せもしないのにダラダラ通わせて何がしたいのでしょう。
病院の利益?
それだったら「医学的にはこれを治すのは難しいとかどうとか」プライド高いこと言ってないで、サッサと「僕の治療のレベルでは治せません」ってハッキリと言ってくださいよ。わかりにくいから。

西洋医学の検査は、かなり悪くならないと病気かどうかがわかりません。
そして、検査ではっきりとわかったとしても、西洋医学には、ほぼ対処療法の薬しかないので、結局、根本的に治すことはできないのですね。

ちなみに僕は一度、原因不明の熱で死にかけたことがあります。
その時は、検査数値のほとんどが明確に異常値でしたが、結局、原因不明でした。

その時の先生は、はっきりと「原因不明で治療の方法もわかりません。すみません」って言ってくれましたので、当日は緊急入院でしたが、次の日に勝手に退院しました。
「わからない。治せない。」ってハッキリ言われましたので、気持ち良く退院し漢方薬に頼って治しました。

漢方の治療はもともと、病名と関係ありません。
漢方の医学理論をまるっきりわかっていない病院や漢方薬局は病名に漢方薬をあてはめて処方する。いわゆる病名漢方というマニュアル方法をとりますが、本来は全身の症状や状態を調べていって証(体質を構成する要素)を立て体質を診断します。
その体質に対して漢方薬を選びますので、何も気になる症状がない状態でない限り、なんらかの治療方針は考えることができます。

病名は証を診断する際に若干、参考にする程度です。

漢方治療においては、ほとんどアテにならない病名だけで漢方薬を処方している病院とかってスゴイなと思います。

そんなわけで、病院はみなさんが思っているほど、身体の不調を見つけ出せるわけではないし根本的には治せません。
今、みなさんが感じている「この病院、本当に大丈夫なのか?」という思いは、医学的に知識がなかったとしてもあっていることが多いと思います。

医者に「何も異常がない。特に問題ない」と言われても症状があるのであれば、それは「僕の医療レベルではわからない。ごめんなさい」という誤変換の場合もあるので、お気をつけください。


posted by 華陀 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

漢方薬は体質を変えることができるのか?

少し昔によく漢方と西洋医学が比べられて「漢方は体質が変わるけど、西洋医学の治療は体質を変えることができないので根本的には治らない」なんてことが言われていました。

これに対して当時の医者は「漢方薬で体質が変わるはずがない」とか言っていたり、今度はその反論に対しての反論で漢方側では「元々ひどいアトピーの人が治った後に遺伝子検査してみたら体質が変わっていた」とか、まゆつば臭い情報なども出てきたり。

漢方薬は体質を変えることができるのか?
みたいな話がよくありました。

今は病院側も当時と違って、西洋医学の治療薬は対症療法で、その場しのぎのもの。ということが一般の人にバレてきています。
そんな状況下で医者自身が「漢方治療をしたい」と思っていなくても社会的な流れで漢方薬を使わざる得ないような流れになってきているので「漢方薬で体質が変わるかどうか?」的な論議がなくなりましたが、それでもうちに相談に来る医者や看護師さんからは、今も「漢方薬って体質から変えることができるのですか?」という質問がチラホラあります。

僕も昔は「漢方薬は体質を変えることができるからすごいもの」と考えていましたが、いろいろな相談を経験するうちに、その考えも変わってきました。
そもそも、その考えは根本的に漢方を誤解してるんじゃないか。と思うようになりました。

「体質が変わる」というものをどういう見方をするかにもよると思うのですが、少なくとも遺伝レベルで変わるとか、元々の体質から、ぜんぜん違う体質に変わることはないというのが今のところの僕の考えです。

そもそも、病気の状態は元の体質が変わった状態ではありません。
例えば、アトピー。これは突然、体質が変わったから湿疹が出るようになったわけではありません。
アレルギー反応を過剰にするような要因がたくさんあって、それが積み重なって湿疹が繰り返し出るようになります。
本来の正常なアレルギー反応であれば、湿疹が出ても次の日には自然になくなっているのです。

このときに西洋医学ではアトピーの原因がいまいちよくわらないので、とりあえず、ステロイドの力で強制的に皮膚の炎症をしずめて湿疹を引っ込めます。
そうしてステロイドの効果がある間だけ強制的に無理やり湿疹が出ないようにするので対症療法と呼ばれるのですね。

漢方は、湿疹が出ているのが、自律神経系の気の問題なのか?余分な熱が頭を中心とした上半身に滞っているのか?血が滞っているのか?などなど、その人独自の原因を考えていきます。(アトピーだったら→消風散。なんて方法では処方しません。それは偽物漢方かも)
この気がどうとか、熱がどうとかの状態のことを漢方では「証」とよぶのですが、その人の元々の体質のことだけでなく現在の体質(状態)も指しています。

皆さんがイメージしているような生まれつきの体質は、どういった証に陥りやすいのかのクセがわかるだけです。
例えば、元の体質で肝臓系が弱い状態なら「余分な熱がこもりやすい傾向がある」などです。

アトピーになっているのは、元々の体質が大きく変わっているのではなく本来の自然の生活リズムにはない食事の質や睡眠などの生活環境の影響が引き金となり、それが元の体質に影響し、一時的に病的状態になっているだけです。

インフルエンザになったら高熱が出るのと一緒で、インフルエンザになったからといって、高熱体質に変わるわけではありません。

ややこしくなってきたので、まとめると、生まれつきの体質があって、それになんらかの悪い影響が影響し、一時的に現在のアトピー体質になっているといった感じです。

だから漢方薬の役割は体質を変えるのではなく、もとの皮膚のトラブルがなかった普通の体質に戻すように調整するのです。
例えばアトピーの方で、余分な熱がある証だと判断すれば、その余分な熱を発散させたり、上半身から下に巡らせてあげれば、湿疹が出なくなります。
そうすると、元のツルツルの皮膚だった体質に戻るだけですね。

漢方の病気の治療は大体こんな感じで、正しい調整を行って、何も問題なかった頃の状態に戻すだけです。

確かに誰しもが生まれつきの体質を持っていますので、その体質の弱点をフォローするように漢方薬を飲んで、その弱点をフォローすることはできます。

しかし、生まれつきの体質が完全に変わるかというとそれは難しいような気がします。
なぜなら、それは個性でもあるからです。

漢方の世界では全ては陰陽の法則で動いていると考えますので、絶対的に強いとか絶対的に弱い体質というのはありません。

冷える人は温めると楽になりますが、熱が多い人は冷やすと楽になります。
どっちがいいとかではなく「そういう体質」そういう個性なんですね。
顔や体格などと一緒です。

なので、何か決まった漢方薬をずぅーーと飲んでいたら、どんな病気にも負けない万能体質になるのではないのですね。
それは陰陽の法則からいってありえません。
だから「ずぅーーと同じ種類の漢方薬を飲み続けていれば治る」というのも漢方の世界ではありえないのです。

見方を変えれば、元の体質のせいでずぅーーとアトピーということもありません。
元の体質×今の生活環境=アトピー なのです。

寒い冬、暑い夏、そのときの環境と生まれつきの体質が相まって、なにがしかの病気になるので、その時の体質(証)を判断し、いち早く漢方薬で対応すれば、大事には至らないのです。

漢方薬をその時の体質(証)に合わせ細かく微調整して、しばらく飲み続ければ、何も飲んでいなかった時よりは体は強くなります。
ある程度、強くなれば、自分の体質に合わせて生活養生をしていれば、漢方薬をやめても病気にならない体はつくれます。
ただし、ずっと何の病気に対しても強い体質になるわけではありません。

漢方薬は不思議な力で体質を変えるものではなく、厳密にその時の体質(証)を診断し体内を調整し元の良い状態に戻してくれる非常に理論的な医学なのです。


posted by 華陀 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

漢方薬は全身の調整治療

東京での漢方相談会を終えました。
今年から3ヶ月に1度ずつ定期的に行っているのですが、開催の度に相談の方が増えていっております。

お越しいただいた方々、本当にありがとうございました。
遠方からも来ていただいている方もいらっしゃって恐縮の限りです。

次回は11月の予定です。
まだ日時は未定ですが、今回、お時間が合わなくて、すでに何名かご予約をいただいています。
今回はすみませんでした。

と挨拶的なものはここまでとして今回、ご相談をさせていただいていて、気になったことがあったので、その事について書いておきたいと思います。

すでに漢方で有名な某大学病院の治療を受けておられる方が数名いらっしゃったのですが、どうもそこの漢方の治療の感じがアレな感じなのです。

長年、ある症状で悩んでいて、いろいろと漢方薬を試してきていた方ですが、ある時に、その長年の症状が良くなってきました。
ところが、それと同時に今度は皮膚のトラブルが出てきたのです。

これ、漢方治療では珍しくありません。
漢方治療は西洋医学の治療と違って症状を部分的に無理やり遮断したり、抑制したりするものではありません。

漢方では身体の中のいろいろな働きは、連携で行われているのですが、その連携のバランスが崩れると、その不調が症状になって現れると考えます。

したがって、漢方では、出てきたいろいろな症状を止めてしまうのではなく、その症状などから、何の連携が崩れたのかを分析します。
これを漢方では「証をたてる」といいます。

そして、それを調整する漢方薬を合わせていきます。

西洋医学では、ただ単に今の症状を部分ごとに無くしてしまおうとしますが、身体を根本的に治そうと思ったら、その症状が何のアンバランスを示しているかを見極めていかないといけないのですね。

ということで、漢方薬は、ただ症状を無くすことが目的ではありません。
バランス調整を行うので、その調整の過程で他の部分が悪くなったように感じるのは、めずらしくありません。

漢方は、そういった治療なので、漢方医の仕事は新たに現れた症状にどんどん対処することではなく、新たな症状が出てきたら、どんな調整の結果、その症状が出てきたのかを考えなければいけません。
場合によっては、一から考え直して漢方薬を変更する必要があります。

ところが、ある症状が治って、それと入れ替わりに皮膚のトラブルが出てきた状態に対して、この有名大学病院の答えは「皮膚科ではどう言ってますか?」

アウト!!
僕はこの先生と直接、お会いしたことはないですが、会うまでもないです。
「皮膚科ではどう言っているか?」
このセリフだけで、漢方の事をなーーーーーーんにも理解していないことが一発でわかるセリフです。

漢方の治療は全身のバランスを調整することです。
なので、内科とか皮膚科なんて分けて考えること自体が異常です。

皮膚のトラブルが出てきたら、漢方薬を処方した、その先生が「一方の症状が治った途端になぜ、皮膚のトラブルが出てきたのか?」その答えを見つけなければ、漢方治療できません。

西洋医学的に言えば、漢方の治療は総合診療科なのです。
全科をひっくるめて治療をコーディネートするのが漢方の常識です。

だから、こういったセリフで「あー漢方治療の考えは理解していないんだな」とわかっちゃうわけです。

僕は嫁さんのニキビとアトピー、母親のリウマチ、僕ら夫婦の不妊症などの漢方治療の実体験していますので、専門的にはニキビやアトピー、リウマチ、不妊治療となりますが、だからといって皮膚科、整形外科、不妊症しかわからないというわけではありません。

漢方修行では後縦靭帯骨化症やてんかんの治療をやっていましたので、そちらも専門と言えば専門。

お店では、急性のヘルペスや冬などは風邪の治療。
ものもらいや副鼻腔炎、喘息発作などん急性の治療。
ハゲの治療もしたことがあります。

これは僕の漢方治療の専門性が広いのではありません。

漢方はもともと、内科とか皮膚科とかに分けて治療するほうが「おかしい」のです。
だから「皮膚科はどう言ってたか?」なんて、事は漢方の世界ではありえないのです。ありえない。

漢方は全身をみて、アンバランスを見つけ、そのアンバランスを調整します。
だから、全身の不調(全科)が漢方の治療領域なのです。

病名は西洋医学が決めたものなので、本来の漢方治療では、西洋医学の病名すら必要ありません。
逆に西洋医学で難病とか原因不明の病気と言われても漢方では東洋医学的な体質を素直に分析すればいいのです。
(ただ、病名漢方といって病名と漢方薬を結びつけたマニュアルで漢方薬を処方している場合は、病名が必要です。)
漢方治療では皮膚科に状態を聞いてきてもらう必要が一切ないのです。
その場で、その先生が見たらいいだけ。


素直に東洋医学的な体質だけを見れば、おのずとなぜ、そんな状態になったのかが見えてくるのですね。

そこが西洋医学とは全く違う治療なのです。
だから漢方専門だと言ってる病院は皮膚科の漢方とか、耳鼻咽喉科の漢方とかやめたほうがいいですよ。
それだけで「本来の漢方治療をわかっていません!!」って宣伝しているようなものだから。

その大学病院、漢方界的には有名だったので、中の事実を聞いて正直、ちょっと残念でした。


posted by 華陀 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

漢方薬は症状や病名を当てはめるだけでは治らない

漢方って謎すぎて一般の人に対して、いろいろな誤解を生んでいるような気がします。
その一般の人の中に「医者」も入っているので、なお誤解に拍車をかけているように思います。

「医者が漢方をわかっていないのに治療で使っている。そんな訳ないじゃん!」

って思われるかもしれませんが、わかっていないというか、今の病院で処方されている方法は東洋医学と関係ない感じの西洋医学の医者用のオリジナルの漢方処方といったものです。
2千年もの昔からの知恵があるのにそれを無視して勝手なオリジナルの方法。もったいない。

その中で最も誤解されているのは、病名や症状に合わせて漢方薬を選べばいいじゃないかという誤解。

一般の人も医者もこれをよく誤解しています。

不妊症に当帰芍薬散とか花粉症に小青竜湯みたいなアレ。
西洋医学の問診とは別に東洋医学的な問診をとらずに漢方薬を処方しているものは、勝手なオリジナルな方法とみて間違いないです。

この間もおそらく症状に当てはめて漢方薬を選べばいいとお考えの方だと思うのですが、頭痛とめまいと下痢ではどんな漢方薬が合いますか?という質問がありました。

自分が気になっている症状にあてはめて、漢方薬を選べば治っていくという誤解。
ネットの情報も月経不順と冷えがあれば当帰芍薬散など「この症状ならこの漢方薬を使えば治るんだ」と誤解させるような嘘の情報が常識化しています。

また、病院もこれと同じ方法で処方しているので、余計にこういうのが漢方なんだと誤解されています。

うちでは、症状のあるなしのチェックだけで211項目あります。
それ以外に症状があるかないかだけでなく、どんな症状なのか?どんな状況でその症状が悪くなったり良くなったりするのか?病院での治療暦、自分が気になっている症状以外の何か病気があるか?職業(体の1日の動きを知る為)などなど、いろいろなことをお聞きしています。

なぜ、自分が悩んでいる症状や病名だけじゃだめなのでしょうか。

西洋医学のお薬は鎮痛剤とか止瀉薬とか、薬の効果が決まっています。
また、西洋医学のお薬は体質を治すものではなく基本的には、1つの症状を1つのお薬の効果で、その場だけ治します。
だから、その時の症状に合わせて薬を選びます。

漢方薬は効果が決まっていません。
例えば、葛根湯は風邪薬として有名ですが、そのほかにも蕁麻疹や歯肉炎、下痢にも使います。

ここでまた1つの誤解が生まれます。

「1つの漢方薬にはいろいろな作用がある」

間違ってはいないのですが、皆さんがイメージする「いろいろな作用」があるわけではありません。

葛根湯自体がどんな体質の人に対しても風邪薬や蕁麻疹の薬になるわけではありません。

葛根湯を東洋医学的な作用で表すと3つの証で成り立っています。
(証とは体質を構成する要素です。その要素が合わさって今のあなたの体質をつくっています)

葛根湯の効果や作用は、
表の寒証、表の実証、脾胃の熱証です。

これが葛根湯の効果。
よく、漢方薬の効果を教えてくださいという質問がありますが、これが皆さんになじみ深い葛根湯の効果です。

全く意味不明ですね。
そうなんです。漢方と西洋医学は全く違う医学なので、葛根湯に鎮痛効果とか咳止め効果なんて、わかりやすいものを期待してもダメです。

それは西洋医学的に勝手にくっつけた効果。

葛根湯の働きは上の3つなのです。

そして、漢方では「効果=体質=証=漢方薬」なのです。
ややこしくなってきましたね。
この辺あたりから一般の方も医者もチンプンカンプンになるようですね。

葛根湯は風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢にも使うとお話ししましたが、これはどんな人の風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢でもOKというわけじゃないのです。
どんな体質の人の風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢にも使えれば、葛根湯はいろいろな効果があると言えますが、
体質が表の寒証、表の実証、脾胃の熱証という限定的な体質(証)でなければ、いくら症状が風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢でも葛根湯はびっくりするほど全く効きません。

体質(表の寒証、表の実証、脾胃の熱証)が異なる場合は、また別に異なる体質に合う漢方薬の中で風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢に使えるものがあるのです。

つまり、漢方薬は風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢という同じ症状に対して、体質別(証別)にいくつもの種類の漢方薬があるのです。ややこしいですね。

わかりにくいか、わかりやすいかわかりませんが、漢方には同病異治、異病同治という言葉があります。
同じ病気は異なる漢方薬で治るし、異なる病気は同じ漢方薬で治るというもの。
要は病名や症状でなく体質(証)で漢方薬は合わせるのですよ。という意味です。

だから、症状だけであてはめようとしたって、証(体質)が違えば、その漢方薬は全く効きません。

なんだったら、風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢という病気の経過した時間が変わっていくだけで漢方薬が変わっていきます。
症状や病名が同じでも経過時間で選ぶ漢方薬が変わるのです。

だからネットやメーカーからもらったマニュアルの症状や病名だけで漢方薬を選ぼうと思ったら、飲んだほうがいいかもしれない漢方薬は無数にでてきます。
(詳しく調べればいくらでもあてはまっていく。自分の都合で調べるのをやめれば、その症状と漢方薬が合っているように感じるだけ)

証を分析できないなら、片っ端からためしていくしかありません。
それこそ、占いなどのラッキーのレベル。

これと同じ占いレベルの治療を病院でやってるから、漢方は誤解されるのです。
漢方薬があやふやな怪しい薬ではなく処方する医者などの人間の側があやふやで怪しいのです。

全ては、病名や症状ではなく、あなたの体質(証)がなんなのか?にかかっていますよ。
自分で漢方薬を選ぶにせよ、誰かに選んでもらうにせよ、体質(証)を証明することが漢方治療の第一歩です。


posted by 華陀 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

漢方薬は特定の症状のみを治せない

漢方薬は現在の体質を判断して、それに合わせた漢方薬を処方しますので、自分が悩んで病気や症状とは違うところも一緒に治ってくることもあります。

例えば、アトピーで不妊症で悩んでいた方が妊娠して、なおかつアトピーも治ったり。
漢方の治療の目的は、特定の病気や特定の症状を治すことが目的ではなく、あくまで体質全体を整えることが主たる目的です。

西洋医学的な特定の病気を治療する場合でも、その病気だけを治すように考えるのではなく、どんな体質だからその病気になったのか?
やっぱり、体質をベースに考えていきます。
漢方は医学理論的には西洋医学とは全く関係がないので、あくまで「東洋医学的体質」をベースなんですね。

病院の漢方は、東洋医学的な体質を分析するための問診を書いてもらわないで西洋医学の病名に対応させたマニュアルを見て漢方薬を処方しますが、これは漢方薬を処方する方法としては間違いです。

「そんな、方法もある」とか、そんな余地もありません。
完全に間違った方法。
治療の考え方は、派閥によって、いろいろありますが、漢方薬はかならず、東洋医学的な体質を分析するための問診が必要です。

話がちょっと横道に逸れましたが、要は漢方は、西洋医学的な病名のついた病気や症状を治すことはできますが、それはあくまで体質全体を調整しながら治していくということですね。

だから、逆に「咳だけを止めてほしい」とか「消化不良だけを止めてほしい」これは無理です。

筋肉や気の緊張系からきている痛みなどは「痛み」のみを止めることもできなくはないですが、咳だけを止める目標であっても漢方の場合は、まずは、どんな「体質」が咳を出す原因になっているのかを考えます。

西洋医学だったら、気管支を広げて咳が出ないようにしたら、抗炎症剤で炎症を鎮めて咳を止めたりと「咳」という部分的なところを狙って治療しようとしますが、漢方の場合は「咳」1つの症状でも、水が原因なのか?血が原因なのか?気が原因なのか?はたまた、五臓六腑のどこかの臓器が原因なのか?などなど、結局、体質全体から考えて、どんな体質が咳につながっているのかを考えないといけません。

だから面倒臭いですが、漢方の場合は「咳が出るんですよ」って言われても「オシッコは何回位行ってるのか?」「食欲はあるのか?」など、体質全体を捉えていかないと、体質に合った適切な「咳を止める漢方薬」を選べません。

「咳」だけの症状だけを聞いて、全身状態を聞かないで漢方薬を処方しているところは、要注意ですよ。完全なニセモノだと思いますので。

漢方薬では「咳」だけを簡単に止めることはできませんが、咳の原因が東洋医学的に上焦の水毒という体質だったら、もし頭痛などもあれば、頭痛も止まります。
なぜなら、咳の原因も頭痛の原因もどちらも水だからです。

そして、ここから「普段の水の摂り方が良くないかも」とか、生活の中の原因を探っていくことができます。

水の巡りが悪くなる根本原因がどこにあるのか?

以外と胃の機能が悪く胃腸での水の吸収が悪い状態が上焦の水毒につながっていたりすることもあり、この場合だと、最近、冷たい水を飲み過ぎていないか?などいろいろと原因を特定しやすくなるのですね。

体質がわかると根本原因を探りやすくなるところが、漢方のいいところです。

逆に欠点は、かならず咳を止めることができるかどうかがわからないところ。
漢方の場合は、気管支を拡張したり、炎症を抑えたりすることが効果ではありません。

その人の体質のアンバランスを正して結果的に咳が出ないようにします。

だから、診断した体質と選ぶ漢方薬。どちらもがピッタリ合わないと咳は止まらないのです。

診断した体質が合っていても選ぶ漢方薬が合っていなければ治りません。
診断した体質が間違っていれば、漢方薬は体質から選ぶので、必然的に選ぶ漢方薬も間違います。

咳だけを止め、その場だけをごまかすだけでいいのであれば、一応、人間であれば、体質に関係なく誰にでも効くようにできている病院の薬の方が無難ですね。

ただ、病院のお薬の場合は、誰にでも効くようにできているがゆえに、効かせる範囲が本当に狭く、体全体を整えるわけではないので、薬の効果が切れれば逆戻りです。

治ってるのは薬の効果時間だけ。
「とにかくなんでもいいから今、咳を止めないと」
となれば、病院のお薬の方がいいかもしれません。

どちらも利点と欠点がありますね。

漢方薬は、人それぞれの体質から治していくので、根本から治せます。
しかし、人それぞれに合わせるがゆえに、その人の体質判断を見誤ることもあります。
体質判断を見誤ると全く効きません。

病院のお薬は、人それぞれの体質は無視。人間をロボットに見立てて治療しますが、逆に体質別に見ないので、どんな人でも効くようにできています。
しかし、人それぞれの体質に合わせていないので、全身は整えません。
よって、咳なら咳という症状のみをその場しのぎのゴマカシ治療みたいに対処します。
だから、急性病やその時だけ効かせるのであれば、病院のお薬の方が向いてます。

どちらも利点、欠点がありますが、僕自身は病院の薬は現在、使われているほど使用用途はないと思っています。

病院の薬は急性の時に使用し、長くても1、2週間程度使う薬で、この期間で治れば、それでいいと思います。
治らなければ、薬理上、慢性的な症状は治せないと思います。

この1、2週間をすぎれば、漢方薬の役割です。
だから、本来は、治療のほとんどは漢方薬を使うべきではないかなと思うのですが、漢方の場合は、東洋医学的な体質が見れない先生には正しく処方することができませんので広く、本格的に治療に使おうと思ったら、まともに相談できる先生がいないことが問題ですね。

病院の現状では体質を見ないでポンポン勝手に処方していますので、漢方薬が正しく治療に使わる日はまだまだ遠そうですね。


posted by 華陀 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

漢方を不可思議な治療にしないでほしい【願】

漢方というと東洋の不可思議な治療と考える人もいるようです。
これが、一般の患者さんならしかたがないのですが、実際に漢方治療の看板を上げている医者や薬剤師にこういう類が結構、いることが漢方業界の問題です。

僕は患者さんが初めて来られた時に以前はどんな漢方治療を受けていたかをよく聞きます。
理由の1つは、以前に飲まれた漢方薬でどんな変化があったかを探り、そこから体質を分析するためです。

もう一つの理由は漢方治療をしている先生の中には、不可思議な治療をする人がいるので、その話を楽しみのために聞きます。すみません、楽しみではなく勉強のためですね。

大半の漢方内科はツムラなどの漢方メーカーからもらったマニュアルや営業から貰った資料を見て、病名に対して漢方薬を選ぶか、漢方メーカーの勉強会で漢方で高名っぽい先生から聞いた漢方薬をこれまたマニュアル的に処方しています。
どちらにしろ「ある病名=この漢方薬」的な方法。

漢方薬局の方は、もうちょっとマシで、これに自分で買ってきた漢方専門っぽい本を読みながら、病名だけで漢方薬を選ばずに症状も、ちょこっと聞いたりして、病名と3,4の症状をあてはめて漢方薬を選びます。
そして、この漢方薬に更にサプリメントを漢方のフリをさせて、くっつけるみたいな感じです。

大体の病院や薬局がやっている漢方ってこんな感じなので話を聞いたって対して面白みはないのですが、たまに面白い方法をしている病院や薬局があります。

この間、患者さんからお聞きしたのは漢方の専門病院。
これがどんな方法で漢方薬を選ぶかというと病名ではないのです。
症状をあてはめるでもない。

では何かというとその人の好きな色。
それぞれの色に漢方薬が割り当てられていて、患者さんに色を選んでもらい該当する漢方薬を飲んでもらうみたいな。

最初、冗談で言ってるのかと思いました。
だって、僕は健康な時も病気の時も好きな色は青とオレンジだからです。
体調が良かろうが、悪かろうが好きな色は一緒。

つまり、この色診断?からいけば僕は健康な時も病気の時も飲む漢方薬は同じだということ。
漢方薬を飲む意味なしッ!

ちなみに色と心理からいけば、青とオレンジが好きな心理は理論的に分析しにくいと思いますよ。
でも、僕は心理学問的にどうであれ感性的にそうなんです。

これって体質に合わせないといけない漢方理論を根底から覆しているような。

でも、待てよ。漢方には古来より五色という法則があります。
例えば「肝の臓なら青色」といった感じに。
肝臓が悪い人は青黒く見えるとかそんな感じですね。

五色は好きな色を選んだりする理論ではないですが、これだったら、漢方薬を選ぶこととは何の関係もないけど、漢方薬を選ぶこととは何の関係もないけど(一応、2回言っときます)全くの的外れではないかな。

そうだったのか!と思って、その色と漢方薬の対応表を見せてもらったら・・・

「五色と何の関係もねーーー!!」
漢方理論との関係なんもナシっっっ!!

基本の漢方理論を無視してでも通す何か新しい漢方薬と色の関係を発見したのでしょうか。
僕には異次元すぎてついていけません。

最初、色と漢方薬を合わせるという方法を聞いた時「保険適応の漢方薬だけでも200処方以上あるんだから、それを1つ1つ対応させていったら、赤とか青とか基本の単色じゃ無理じゃん」と思いました。

200色以上に合わせようと思ったらRGBカラーの「BF914F」とか、カラー番号管理しないといけなくなるし、そもそもグラデーションのような微妙な色彩の違いを患者さんが見分けることができるのか?と思っていたのですが、5色くらいにざっくりと分けてあって、1色の中にいろいろな漢方薬が含まれています。

えーっ!同じ色のグループの中に数種類ある漢方薬はどうやって選別してるの?

結局、問診を分析してそこからちゃんと選んでるんでしょ?と思ってたら、もっと凄まじい事実が・・・

そこでは、問診は通常の西洋医学の問診でしか聞かないような問診しかとらないそうです。

「名前」「住所」「今なにかの病気で病院に通院していますか?」「お薬を飲んでアレルギー反応が出たことありますか?」みたいな普通の西洋医学の病院で最初に記入するあれですよ。

3分くらいで書き終わる問診。
あれの最後に好きな色のことを聞いているだけ。

東洋医学的に体質を分析するための問診を一切とっていないわけですから本気で色だけで漢方薬を選んでいるようです。

なんか、えーとッ・・・占い?

ちょこちょこ、医者や薬剤師という社会的信用性の高い方が、こういうことを真面目にやったりするから、漢方って不可思議な治療だと思われるんじゃないかと僕は思います。

もちろん、色と漢方薬の関係があるのかもしれませんが、正当に古典から勉強し「証」東洋医学的体質を立てて漢方薬を選んでいる僕はこんな選び方は見た事も聞いたこともありません。

いろいろな方法はその先生の個性でいいと思いますが、1つだけ間違っているんじゃないかと思うのは、なぜ、東洋医学的な体質を分析する問診を患者さんに記入してもらわないのか?

どれだけ個性的な漢方治療の方法であろうとこれだけは、これだけは最低限度の基本だと思います。
僕は漢方は西洋医学のような科学的ではないと思いますが、非常に理論的な医学だと考えています。

こんな流れだと西洋医学の3分で書ける問診表しかとっていないのは、東洋医学的な「証」(体質を構成する要素)を分析できないんじゃないの?と穿った見方をしてしまいます。
真相はどうなんでしょうか。

そして、この話にはまだオチがありまして、この医者、日本の漢方の名医の何人かに数えられる人らしいです。

僕はこれを聞いて、ひょっとして、その名医達って芸人のようなオモシロ漢方をする先生ばかりを集めた本なのかな。と思いました。まだ、こんなオモシロ漢方医が何人もいるのかな。

今度、患者のフリして行ってみようかな。と考えています。
処方してもらってから「僕の証はなんですか?」って聞いたら、おもしろいブログネタを提供してくれそうです。

行ってみたら、またご報告しますね。

「ねー漢方の先生方、普通に東洋医学的な証を分析して漢方治療しましょうよ」

posted by 華陀 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

チョコレートでニキビは悪くなる!?

僕はテレビは見ませんが、この間、たまたま見かけたテレビ(なんで見たのかおぼえてない)で女医がドヤ顔でチョコレートとニキビの悪化は関係無いと言ってました。

うちでは、ニキビとかアトピーで悩んでいる人にはチョコレートは厳禁にしています。
というのも東洋医学的にはチョコレートは「昇」とう性質をもっていて気・血・水を体の上部へ押し上げる性質を持っています。

血などが「昇」の作用で上がると同時に熱などを運び、行き場を失った熱は湿疹の形となって現れます。またニキビ、アトピーなどの方は肝熱という状態の方が多く肝の臓に「昇」の作用が加わると血や気などがより上がりやすくなり湿疹をひどくします。

体質にもよりますが、漢方薬で治療する際も顔などにニキビや湿疹がある場合は、上焦(体上部)の「降」で血や熱を降ろすことによって湿疹を治めます。

その他、チョコレートは脂肪が多く、胃もたれや胸焼けを起こすので胃腸を痛めたりします。

まー西洋医学はなぜか、身体はバラバラに存在していると考えていますので「胃腸の調子がニキビやアトピーとどう関係あるんだ」と思うのでしょう。
視野の狭い考えって怖いですよね。逆に人間をバラバラにしたら死んじゃうのですけどね。

ニキビやアトピーの方にチョコレートがよくない理由というのは東洋医学に見ればこういったことがあるのですが、それよりも長年、ニキビやアトピーで悩んでいる方なら自覚があるんじゃないかと思います。
「チョコレートを食べればニキビやアトピーはひどくなる」と。

だから、テレビのドヤ顔の女医は、言葉が足りないと思うのです。
「西洋医学でチョコレートニとキビは関係無い」と言わないといけません。

僕は今回の自分の指の怪我で1つの病院の在り方を理解しました。

今までも物心ついてから「病院に治してもらった」という記憶がありません。
今回も指が40℃位にしか曲がらなくなって、その時に専門医から「これ、もう治らないです」って言われました。
患者が相談に来て「治らないです」っていって成り立つ医者ってうらやましい仕事だなと思いました。
だって「治らない」ってド素人でも言えますよね。それで荒稼ぎするのだから。

ちなみに手指の専門家に「治らない」と保証してもらった指の拘縮は、2週間経って80%は治ってきています。
病院やリハビリは関係ないですよ。病院は「見て」はくれましたが治療には何の役にも立ってません。鍼と漢方薬と整体で治してます。

僕なりにわかったことは、西洋医学と東洋医学はどちらも「医学」がついてて「治療」を目的としていますが「治療」に関しては全く考えが違うということです。

西洋医学が考える「治療」とは見た目、表面、その場が取り繕えたら「治療」が成功です。
だから、ニキビやアトピーの人の治療でステロイドを使うじゃないですか。
ステロイドは炎症を抑えるので、塗れば見た目に湿疹がなくなり、表面上治ったかのように見え、その場は「治った」ことになります。

残念なのは「その場」でしか効かないこと。
ステロイドの効果の時間が切れれば見事に元のアトピー状態です。
やり直しですよ。

でもこれが西洋医学の「治療」です。
だから、東洋医学の肝の臓の熱や胃腸に関係あるチョコレートなんて関係ないわけですよ。
全身で、どんな状態だろうが要は患部にステロイド塗ればいいだけだから。
だから、全国のどの皮膚科もバカのひとつ覚えのように治療はほぼステロイドのみです。

東洋医学が考える「治療」とは根治です。最終的には漢方薬すら頼らないでも治っている状態を目指します。
西洋医学とは逆に見た目をシャッと変えることができません。
かゆみがステロイドのようにすぐに止まるわけでもないので、その場だけを取り繕うことができません。

しかも漢方の場合は漢方薬だけで治るとは考えていません。
漢方では自分の体質に沿って治るように生活方法を変えていくことも「治療」です。
だから、チョコレートなんかも控えていかないといけないのです。
東洋医学は人間の身体は全てつながっていると考えますので。

「エッでも病院でも漢方薬を処方しているじゃないですか?」

残念ながら、ほとんどの病院は漢方の「治療」の概念を理解せずに漢方薬を処方しています。
要は得意の表面的且つその場を取り繕うような西洋医学バリバリのマニュアル思考で漢方薬を処方しています。要するに新薬がたまたま漢方薬だったというだけで、東洋医学に則った「治療」ではありません。

病院が嫌いなので、ディスってるように聞こえるかもしれませんが、要は世間は西洋医学と東洋医学の違いに対する理解が違うのかもしれないということです。

西洋医学と東洋医学はどちらが上でも下でもなく、西洋医学はとりあえず、その場をしのいだり取り繕う治療です。
だから、緊急手術が必要だとか、とりあえず症状を抑えないと危ないという時に役立つ治療です。
逆に慢性病は治せないし、病院に通って治すようなところじゃありません。

東洋医学は逆に緊急手術が必要な状態の人を1ヶ月じっくり漢方薬で様子をみてみましょう。なんてやってたらダメです。西洋医学で初期の緊急状態を抜け出したら、そこからは、じっくりと体質をみて元通りになるように治していくのです。

ドヤ顔の女医の話は西洋医学側での話であって「医学」全体的な話ではありません。
東洋医学ではチョコレートを食べないほうがいいのは、常識レベルです。

一般的に2つの医学の認識や使い方が間違っているように思います。
ただ、1つだけ問題があります。
それは東洋医学に関しては本当に東洋医学の「治療」の概念を理解して「治療」できる人が、ほぼいないのです。
だから、2つの医学を選ぶたって、なかなか出会うことがないと思います。

大体は、西洋医学のその場をしのぐ発想で漢方薬をマニュアル処方していますので。


posted by 華陀 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

一流漢方医の見分け方

一流医師、二流医師、三流医師の見分け方
http://smarthospitall.com/?p=677

こんな記事を読みました。
一般の人にはちょっと難しいかもしれませんが、すごくいいこと書いてあります。
ちょっとこの記事を真似してみました。

この記事中にある通り、日本では国民皆保険という制度なので一流の医師だろうが、三流の医師だろうが治療代金は同額なんですよね。
国民皆保険というのはすばらしい制度ですが、いちサービスとして考えてみたら変ですよね。

腕が悪い医者も、腕が良い医者も同じ料金です。
普通のサービスじゃありえませんよね。

普通のサービスだったら腕が悪かったり、品質が悪いのに一流と同じ料金をとっていたら、「ぼったくり」とか「あそこは騙し」だと言われます。
そして今の時代だと、そんなサービスは、いつのまにか消えていくんですね。

ところが国民皆保険という制度は、いい意味でも悪い意味でも、そんな自然淘汰は起こりません。
この制度だと三流がゴロゴロ残るんじゃないかな。

開業医などが潰れることもありますが、一流、三流の自然淘汰が起っているというよりは周りの患者さんの評判などを聞いていると、腕の良さやサービス以前にコミュ症で人格障害?みたいだったり、経営者としてのセンスゼロ。みたいな印象です。
要するに治療の腕(サービスの品質)以前の問題です。スタート地点にも立ってないようです。

「でも、病院って安いから一流の人が三流の人の料金に合わせてるんじゃないの?」

そんなことはないですよ。
先日、骨折したかもしれないので病院に行ったのですが、僕が払った料金は全部で1500円でした。
「やっぱ、安いじゃん!」と思われたでしょうが、実質の料金はこの金額を3.3倍にした5000円ほどです。

これが病院の治療サービスとしての料金。
僕らが払う料金が安いのは国が全額の3分の2の金額を肩代わりしてくれているからです。

治療時間はいろいろ待ち時間除いて、正味の受付から治療終了までだと15分。
最初の話5分(3分かも)、レントゲン5分、最後の診断と処置(包帯巻くだけ)5分。
15分で5000円ですよ。
一流の料金ですね。

この記事中では
一流医師と二流医師の違いを

(記事より引用)
「患者の治療に対する価値観、病態に応じて「使い分け」しているかどうか?が一流と二流の医師の違いです。
例えば、働きながら治療を希望する患者には、通院回数が減り、仕事に支障をきたす副作用が少ない治療を、他の治療選択肢と比較したうえで提案できる医師は一流です。」
(引用ここまで)

これが僕の経験では、症状自体の状況などは聞かれたことはありますが、仕事などの生活の事を聞かれたことはありません。
外科医の師匠と友達の歯医者(友達だから贔屓にしていません)以外はそんな医師に会ったことがありません。
記事の基準からいけば、三流のみですね。

で、これは漢方でも言えることです。
漢方の場合は知識もさることながらセンスとコミュニケーション能力が重要です。

一流の漢方医の見分け方。
これは、かなり難しいです。
なぜなら、漢方では先生は、みんな知ってる”フリ”をしているから。

「先生」も「店構え」も「Webサイト」も”漢方を知ってるフリ”をしています。
過去に漢方を勉強する前に当時の仕事上で漢方相談などをしている店を400店以上知ってましたが、その中で実践で漢方をわかっているなと思ったのは大阪で1件。そして僕は修業で大阪からわざわざ福岡まで行ってます。

普通に考えたら信じられないことですが、薬局のほとんどは漢方を治療としてはわかっていないようです。
あっもちろん、本を読んで知っているとは思いますよ。
実践の治療レベルでは知らないといった感じでした。
例えれば、野球のルールや野球をする上での体の動かし方の知識はあるけど、実践でやらせたら単純にド下手!みたいな感じですね。
僕もびっくりしました。

こんな業界は他にないと思います。
病院に至っては9割は漢方を治療としては知らないと思います。
現状は漢方薬メーカーからもらったマニュアル通りにやったり、漢方薬メーカーの勉強会で聞きかじった方法をマニュアル的に処方しているだけな感じです。

病院の漢方で東洋医学的な体質をちゃんと診断しているのを聞いた事がありません。
あれって漢方というよりも、なんかよくわからない新ジャンルにしたほうがいいんじゃないですか。

うちの患者さんに病院が、どんなマニュアル使って処方しているかを紹介したら「えっこれだったら私でもできる!」って言っておられました。
インフルエンザに麻黄湯とか、花粉症に小青竜湯ですよ。

そんなフリをしている奴を見破る方法は大きく3つあります。
一流というよりも漢方の場合は大半の先生のレベルが低すぎるので、まともに”普通”にしている先生の見分け方ですね。せつない!

@東洋医学的な問診をとりあなたの東洋医学的な体質をちゃんと説明できる人(西洋医学の問診とは別)。
Aその体質に対してどのようにバランスを整えて治療しようと考えているかを説明できる人。(西洋医学の成分や効果ではない)。
B相談にそれなりの時間を取っている(いくら短くても初診は最低20分。うちは60分とっています。それでも短い!)

最低、これができていないところは実践伝統漢方をやってきた僕としては三流どころか「ただの偽物」だと思います。

一流になってくるとその先生独自のオリジナルの治療戦略が多彩になってきます。
見分けるのは難しいですが、見分ける方法を1つあげるとしたら、漢方のことで質問したら即座にわかりやすく答えることができる人でしょうか。即座にね。


posted by 華陀 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

花粉症だと思い込んでた風邪

一昨日、鼻水ダラダラがひどかったです。
もともと、軽くは花粉症を持っているので「あ〜、花粉症状ひどくなっちゃったな」って思いました。

今年はもともと、花粉症をもっている方々もひどいようです。
僕も3月頃から3種類の漢方薬を使い分けて花粉症状を抑えていました。

僕はひどい花粉症状じゃないです。
そして日によって症状が微妙に変わります。
1つは目の症状はかゆみ。もう一つは鼻水。

日によっては、その日の体質と状況に応じて1日で3種類の漢方薬を飲み変えることもあります。
でも大体、使い分ける条件は「雨の時」「晴れてる時」「ものすごく晴れて気温が高くなっている時」
この3つの状況で漢方薬を使い分けると割合、症状を感じずに快適にすごせてます。

ちなみに小青竜湯だけで全花粉症の症状が抑えることができるなんて幻想ですから。
多分、あれって漢方やる時に東洋医学的な体質をみれない先生が編み出した苦し紛れのマニュアル処方なんでしょうね。

そんな先生たちには残念な情報かもしれませんが花粉症といえども体質や天気などの状況に合わさないといけないと思うんですよね。

そんな感じで、3月辺りから、いろいろと毎日飲み変えていたのですが、一昨日の鼻水ダラダラは何を飲んでもダメでした。

こんなことは初めて。
いつも効いてたどの漢方薬も全く効きません。
鼻水はダラダラダラダラ出たまま。

いつもなら飲んで30j分もすれば鼻水が止まるはずなのに。

そして、その2日前からなぜか身体もダルイ・・・

症状は水鼻の鼻水ダラダラのみですが、もしやと思い、風邪の初期と想定してグルッと180度違う風邪で使う漢方薬に変更しました。

そしたらピタッと鼻水が止まりました。
どうも風邪にかかりかけだったようです。
今年は一度も風邪にならなかったので、最近、「風邪をひいたかも?」って思わないクセがついていました。
それで、鼻水→春=花粉症と思い込んでいたのですね。

今回、効果があった処方は花粉症では、まず使わない処方なんです。
この治療経験で漢方の治療の大原則を思い出しました。

漢方薬を処方している先生で、この「大原則」を知らなくて勘違いしているセリフがあります。

「この漢方薬で効くはずなんだけどな〜なぜだろう・・・」

これ、漢方の理論ではあり得ません。

漢方薬が体質と合っていたかどうかの判断は、狙っていた治療方針に沿って効果が合った時。

ある漢方薬を処方して良くならなかったのは、体質と漢方薬が合っていなかったのです。
要するに処方した先生の
腕が悪いだけ。悲しいけどそれだけ。

細かくみていけば始めの体質診断が検討違いだったかもしれないし、体質の診断はあってるけど、合わせる漢方薬の選択を間違っていたかもしれない。

「漢方薬と体質が合っていた!」というのは3つの条件を全てクリアすることが必要です。

@判断した東洋医学的な体質が合っているか?
A判断した東洋医学的な体質に対して選んだ漢方薬が合っているか?
Bどれくらいの期間で変化が現れるか? 
(漢方薬の効果が現れる時期は人それぞれ体質によって違います。2週間とか1ヶ月は便宜上であって効果が現れる期間ではありません)

漢方薬はどれかが欠けていたら、治療効果がありません。
だから「この漢方薬で効くはずなんだけどな〜なぜだろう・・・」なんてセリフは漢方ではあり得ないのです。

ただ、病院などは東洋医学的な体質判断すらしない(できない?)から、最初から漢方治療していないようですが。
逆にこのセリフを言ってくれたら「僕、漢方って医学的な理論は何も知らないんですよ」って言ってるようなものだから、わかりやすいと言えばわかりやすいですね。

自分が処方した漢方薬で思ったように治らない場合は、さっきの@とAを自分がハズしてしまったか、Bのまだ効果が現れる期間でないかどうかです。
ここでの効果が現れる期間は3ヶ月とか6ヶ月とかではないですよ。大体、どんな体質でも最長2カ月同じ漢方薬を飲み続けて何も効果がなければ処方した先生が思いっきりハズしていると考えたほうがいいです。それこそ腕が悪いだけ。

そんなわけで何か効果があった時に「その漢方薬はあなたの体質に合っていた!」となります。

だから、逆に今回の件は、自分では花粉症の鼻水ダラダラと考えていましたが、風邪で使う漢方薬でピタッと治ったということは、結果的には、花粉症の鼻水ではなく風邪の初期の鼻水だったということがわかります。

漢方っておもしろいでしょ。
西洋医学のように上から目線で自分が選んだ処方(どうせマニュアル)は合っているはず。と反漢方的な理論で考えるよりも、自分の治療の腕を真摯に受け止め、いろいろと考えて挑戦したほうが、いろいろとおもしろいし発見もあるのですね。


posted by 華陀 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする