2012年10月11日

「ブラックジャックによろしく」は現実的すぎる!

この仕事をしているとよく感じますが、日本には絶対的な「病院神話」があります。

例えば、薬やホルモン剤を飲みたくないと思って漢方相談に来ている方でも最悪の事態になれば・・・

「最後は病院にいけば助かる」

みたいな感覚があります。

かくいう、急性病であっても漢方で治療する僕にだって、その感覚はあります。
「最後は西洋医学が助けてくれる」期待というのは、もはや無意識化に刷り込まれた考え方ですね。

でも現実は結局、病院にいったからといって治りません。

病院には、過去に何度も裏切られているし、その度に漢方ってこんなのも治せるんだと感心します。
でもその漢方の感覚はなかなか一般の方にはわかってもらいにくいですね。

病院ってみんなが思っているほどたいしたことできません。と経験上感じています。
それは、僕だけじゃなく、なんとなく、みんな経験したことがあるのではないでしょうか?
特に慢性病の内科関係の病気の方は・・・

今「ブラックジャックによろしく」って漫画が無料で読めます。
漫画フリークの僕は以前からタイトルは知っていたのですが、読んだ事がありませんでした。

しかし、読んで衝撃を受けました。
「こんなに医者の現実を書いてもいいの?」って。

この漫画には、病院の現実的なドロドロした部分や、いかに本当に患者さんのために治療することが難しいかがドラマ仕立てで書かれています。
病院うんぬんと関係なく、いち漫画としてもかなりおもしろい!

この漫画の内容は、かなり綿密な取材を元につくられているそうです。
全部が全部、鵜呑みにはできないですが、「最後は病院にいけば助かる」という神話を見事にぶった切っています。

●治療に熱意がなく、マニュアル治療とルーティンワークに流されてる医者。
●プライドと金儲け、地位のために働いている医者。
●医師免許はとったけど、それほど、知恵に優れていない医者。

漫画の世界は全然、大げさじゃないと思います。現実です。

僕は、漢方の勉強の前に西洋医学の勉強からはじめています。
それも世界微小循環学会に出席などもしていた元細胞顕微外科医に教えてもらいました。

当時は、西洋医学の理論こそ、病を救うと思っていましたが、アカデミックな医学用語と説明だけ立派で現実は・・

「彼女のニキビすら治せない」
「母親のリウマチも治せない」
(のちにどちらも漢方で完治)

「理屈」と「現実の結果」が、かけ離れた医学でした。

その後も「今度こそは、やっぱり病院かな」などと通ったこともありますが、
ことごとく、ことごとく裏切られています。

どこにいっても同じ治療。
ネットでちょっと調べればわかるお粗末な治療。

西洋医学の師匠が言っていたように「今の医者は覚えるほうばっかりじゃなく、もっと想像力を働かしたほうがいい」「もっと1人の患者さんに責任をもったほうがいい」というのもこの漫画を読むとわかるような気がします。

あっちなみに僕は漢方こそ正しいとは思ってません。
うちで患者さんの体質をみるときも西洋医学の生理学部分からみてみたり、現在飲んでいる新薬の作用機序が身体にどんな影響をおよぼしているか(いいも悪いも)を考えたりもします。

それに漢方の診断方法などを混ぜたりして、体質を考えます。

どちらもうまく使うのが、治る早道ではないでしょうか。

「ブラックジャックによろしく」無料
(漫画 on Web http://bit.ly/RbqEPR

(iPhonアプリはこちら http://itunes.apple.com/jp/app/wu-liaode-quan-juan!burakkujakkuniyoroshiku/id556416566?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
posted by 華陀 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

オートキャンプで健康になろう!

先日のお休みにこどもを連れてキャンプに行ってきました。

炊事場とトイレのみのキャンプ場。
写真 12-08-20 10 24 05.jpg
僕が子どもの時は、こんな環境がキャンプ場でしたが、今は、自販機やら、シャワーがあったりするみたいですね。

場補は和歌山県、龍神村の正に陸の孤島な感じのところ。

おそらく20年ぶりのキャンプだったのですが、キャンプを通していろいろと漢方医として勉強になりました。

まず、食べ物は腐るということ。

当たり前の話ですが、こっちで生活しているとなんでも冷蔵庫にいれれば済むので実感として忘れていた感じです。


2日目の料理は何の食材を使うかで悩みました。
なんせ、保存はクーラーだけですから。

外食のお店で使う食材なんていつのなのでしょう?
やっぱり食べ物は、その日とれたものを食べないといけないのだなぁ〜と思いました。

次に実感したのが、食べるのにやたらと身体を動かさないといけません。
なんせ、水道の場所まで5mくらいあって、水を汲んだり、洗い物したり、その都度、水道の場所とテントの間を行ったり来たり、食べるまで自然にいい運動になってます。
写真 12-08-19 16 45 58.jpg

身体を動かすことは大切です。
町に住んでたら本当に身体を動かさないんだなぁ〜と思います。
自然にダイエットできますね。

そして、夜早く眠れて、起きるのが早朝でもスパッと起きれる!
自分で驚くほど、気持ちよく起きました。

テントに差し込む朝日で目覚めたのですが、なんか「そういえば朝ってこんなだったな」って感じ。

早いうちに寝て、早くから起きる。
これも基本ですね。

考えてみたら、漢方治療のはじめに学ぶのが、正にこの法則で、いかに自然と一体化できるかが、治療原則なんですね。

その人の体質にとって無理のない環境、食べ物、そして漢方薬。

自然の流れに逆らわないキャンプと漢方治療は似ています。
posted by 華陀 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

いい漢方のお店や病院の選び方!?

病院とか漢方のお店が、雑誌に載ってると、皆さん、有名で腕のたつ病院やお店だと勘違いしてしまうことが多いようです。

この前も、看護師の患者さんが、”「本当に頼れる漢方医が治す!」本格漢方”という雑誌をみて、「先生これってどんな基準で雑誌にお店の紹介が載ってるのですか?」
って聞かれた。

なぜそんな事を聞いたかというと、自分の働いている病院がその雑誌で紹介されているらしい。
でもそこの先生は、本をみながら、その看護師さんに漢方薬を処方したけど、全く効かせることができなかった。

だから、うちに相談に来ている。

ほぼ、漢方の事を知らない病院がなぜ、漢方の雑誌に載ってるか不思議だというのだ。

でも、実は不思議でもなんでもない。

だって、雑誌には、お金を払って載せてもらうからね。
中には、無料でよいので掲載させてくださいって頼まれる先生もいるけど、実際、頼んでいる記者自身は、ほんとに腕がいいかどうかなんて知らない。

肩書きがよかったり、他の雑誌で有名だったりで頼んでいるケースが多い。
そして、他の雑誌で有名になったのも出だしは、お金を払っていたり、奇抜なことや業界的に初めての事をやって注意をひいたというケースがほとんど。

つまり、本来の治療の実力とは関係ない。

前に患者さんに「すごくいいって有名な皮膚科にいったんですよ」って聞いたので
「具体的に何がよかったんですか?」って聞き返してみた。

そしたら、「病院の待合室がキレイだった」とか「対応が気持ちよかった」とか「あまり待たなかった」
とか、、、

なぜか、病気に関することは1つもない。
よかったのは、治療の腕以外のことなんだ・・・。

そして、その患者さん、うちに相談に来てる。
そのよい病院では治らなかったので。

僕のところにも、定期的に不妊関連の治療施設紹介の雑誌などから、載せませんかって言ってくる。もちろん有料で。

そして、その勧誘は、おもしろい事実と結びついている。

ネット検索でうちのサイトが上位にいるときは、ひっきりなしに勧誘がくるのだ。

ようするに検索をかけて、上位から、かたっぱしに電話してる。
雑誌も店、病院もグルということですね。

ちなみにネット検索で上位にあるお店は、いいお店や病院ではなく、あれもどれだけお金をかけているかのパターンが多い。

うちもいくつかのキーワードで上位にあるが、あれはあれでWeb対策としてがんばってるだけで、宣伝と治療の腕は全く関係ない。

雑誌に限らず、大概のお店や病院はネットでもいいことしか言ってないので、これからは、自分自身で善し悪しを判断していく必要がありますね。


僕の言うことがあってるというわけではなく、こんな情報もありますよってことで。
よかったら、このページを参考に → 本格的な漢方のお店・病院の選び方



posted by 華陀 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

なんともできないトラウマ

昨日は、台風が直撃するということで、和歌山の方へサーフィンへ行ってきました!

最近、波が全然なかったところに、台風直撃のサーフィン。

初めは、思ったほどじゃなかったけど、そこそこ波のサイズも上がってきて、一瞬は久々にびびってしまうサイズになっていた。

波を待っていると波のカレント(海流)にドンドン流されるので、沖に流されないように流されては前のポジションに戻り、流されては前のポジションに戻りとやっていた。

体力的にも疲れてきたので、そろそろ帰ろうと岸に向かった。

このポイント、出だしは漁港になっていて、でっかいテトラと漁港の突堤の間をすり抜けるように出ていくようになっている。

当然、帰りもこの間を抜けていくのだが、帰りは行きより流れがきつくなっていて、若干テトラに吸い込まれる感じになっていた。

いつもなら、台風の時はそんな感じになるのがわかっているので、特に何も考えすに必死でパドリング(手でこぐこと)で抜けていくのだが、なんとその時にトラウマが発動!

実は去年、日本海でこのカレントにやられて、大きな岩場に吸い込まれてかけて、本当にやばかったことがあったのです。

あの時はあの時と、そんなことを忘れていたけど、今、パドリングをしていて、ふっと横をみるとテトラと突堤の間を抜けないでテトラに吸い込まれていっているような感じになって、頭の中が一瞬、パニックになった。

あ〜これがトラウマなんや。

精神的には強いほうだと思う。1度スノーボードで1人で遭難しかけたこと以外でパニックになることはなかった。

普段は、トラウマなんて気の持ちようだと思っていたが、反射的なパニックだった。

すぐに落ち着いて岸に戻ってみたら、海の状態は、パニックになるほどのことじゃなかった。

でも、トラウマはどうしようもないことなんだということが嫌というほど体感させてもらった。

当店は、うつや強度の精神的な障害の人も来られています。

トラウマの存在を理屈ではなく、体感できたことで、何か治療に役立てばと考える今日この頃です。
posted by 華陀 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

茶のしずく「やっぱりそうやったんや」

4ヵ月ほど前にうちの患者さんが顔に湿疹が急にできはじめたと相談された。

もともと、湿疹なんてなかった方だったけど、ほこりの多いところで咳が出たり、目がかゆくなったりするので、若干、アレルギー体質はあった。

生活的な大きな変化も気候の変化もないので、とりあえず体質を分析して漢方薬をお渡しした。

ところが、全然よくならない。

分析の方向性を変えて、いろいろと漢方薬をお渡ししたが、全然よくならない。

一応、アトピーも専門なので、なんでアトピーでひどくもない方にこんなにてこずるのだろうと、ちょっとくやしかった。


そして、何日かたった時に教えてもらった。

最近、使っていた石鹸を「茶のしずく 悠香」に変えてからおかしくなったような感じがすると・・・。


とりあえず、悠香をやめてもらったら、湿疹は嘘のように治った。


自然のものであっても、「どんな人にも合う」というものは存在しない。
だって、みんな顔が違うように体質も違うのだから・・・。


「茶のしずく 悠香」の記事 → http://p.tl/4ClT
posted by 華陀 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

jin-仁-

毎週の放送、楽しみにして見てます。

今回は、漢方薬も出てきてちょっと嬉しい感じ。

はじめ、漢方薬の解毒作用を調べるためにマウスの実験をするとこでガッカリしたけど・・・
「やっぱ、漢方ってかなり誤解されてるな」

でもその後、福田先生が漢方の処方をもってきた時に
仁先生に「このお薬の名はなんというのですか?」
って聞かれた福田先生の答えが、
「なんというか、吉十郎(患者さん)を元気するお薬です」みたいなことをいった時に「そう、そう」って僕もうなずいてました。

漢方は特定の作用で合わせるものじゃないですからね〜
患者さんにあわせた漢方薬は、病名や作用で選ばないので処方名や効能効果を聞かれても、
「何と言われても・・・」と返答に困ってしまうのですね。

福田先生が困ったところはリアルな感じでした。

仁はいっつも勉強になります。

西洋医学とか、東洋医学とかじゃなくて、「人を救うとは何か?」
について考えさせられます。

そして、仁を見た次の日の月曜日は、ちょっとテンション高いです。

さー悩んでいる人いらっしゃいって感じで。
posted by 華陀 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

マニュアルと臨機応変

原発事故がなかなか終息しません。

次々に問題が持ち上がり、事故当初とはどんどん想定外の方向へいっています。

原発関連の記事をみていて、興味深いものがありました。

大前研一さんが説明されているものです。
http://m.youtube.com/#/watch?xl=xl_blazer&v=0Igl8bSdBKs
(福島第一原発 現状と今後とるべき対応策 48分あたりから)

その中で原発の安全と事故について、お話されていました。

原発は、えらい学者さんが、考えられるだけの安全を考えて設計しているとのこと。
しかし、その想定外が重なって今も事態は終息していません。

なぜ、ここまでひどくなったか?
それは、テクノロジーの限界と現場の知恵の不足だと言っておられました。

テクノロジーの限界というのは、今回の実際の現場で、学者が理論的に考えていた安全性は、いとも簡単に吹き飛んだということです。

現場の知恵の不足というのは、現場の人は、マニュアルを守って、やってきたゆえに、現場独特の知恵が養われてこなかったと。
それで、対応がうまくいかなくなっていったと言っておられました。

このはなしを聞いていて、現在の医学にも通ずるなと思いました。

うちにくる患者さんは、大概、不妊治療のクリニックを経て来店されます。
それぞれの人が様々な地域の別々のクリニックからこられるのですが、どの方も、ほぼ同じ治療パターンです。

違う病院なのに、治療方法、使用するホルモン剤、どの期間でホルモン剤を切り替えるか、ほとんど同じ。

まさにマニュアル通りといった感じです。

マニュアルというのは、基本的な方法だと思うのです。
「何も問題がなければうまくいきますよ」という意味ですね。

ところが、問題が起こった時は、マニュアルなんか通用しません。
それが、今回の原発ですよね。

想定外の事が起こったからと言っていますが、事故や問題が起こるのは、想定外のことが起こるからからなんです。
想定されている事しか起こらないのであれば、マニュアルで対処できるので。

医療のマニュアルは、皆さんの身体の問題を解決するためのものです。
つまり、もとのマニュアルは基準的な病気の状態を想定して、つくられているのです。

ところが、人間の身体は、年齢、その人の住んでいる環境、仕事、人間関係、持病などで、様々なパターンに別れるのです。

ところが、施される治療は、一律、ほぼ同じ。

マニュアル想定通りの人は、妊娠しますが、それ以外の人は、今回の事故みたいになってなかなか解決に向かいません。

ましてや、もともと、それぞれの体質にあわせないといけない漢方薬を漢方相談せずにマニュアル的に選んでいるなんて、考えられません。

マニュアルは、平時には役立ちますが、トラブル時には、現場の先生の知恵と知識と経験であらゆる手段を考えないといけないのですね。


soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
不妊症、にきびや蕁麻疹、アトピーなど病院のお薬を飲んでもなかなかよくならないとお悩みの方。
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

不妊治療と原発

原発事故によって、新ためて電力について考えるきっかけになった。

原発の必要性や今後の電力の問題。

経済が発達するためには、電力が必須。だから原発も必須。
逆にピークプライシングでピーク電力を金額の変更によって、原発をなくすことができるとか。

日本は、波や風、太陽を使えば原発に頼らなくても電力がまかなえるとか。
波や風、太陽の電力は、不安定で莫大な設備費用がかかるとか。

どちらのも言い分もありそうな記事がたくさんあった。

原発に関しては、経産省と電力会社の利権問題や、使用済み燃料の処理の問題。
今までの原発の問題において、学者の机上論と現場の人が知っている実際の問題のくい違いなど、マイナス記事は、目立っていた。

これから、電力はどう転ぶのかわからないが、僕は、今回の事をきっかけに節電するようになった。

大阪が、節電してもほとんどの電力を送れないことは知っている。
僕がしている節電は、今まで電気を垂れ流しで使っていたなと思う部分である。

使っていない部屋の電気とか、寒くも暑くもないのにつけているエアコンとか。
ちゃんと見てないテレビとか。

電気に限らず、食品なども現在は、経済活動のもとにずいぶん無駄が多い気がする。
それは、医療にもおよんでいる。

年齢が若く、明らかにホルモン不足やホルモン異常がない女性に不妊治療でホルモン剤を使っていたり、
医者自身が、ホルモン剤を投与する必要がないと考えていながら、惰性でホルモン剤を処方するとか。

漢方薬であろうが、新薬であろうが、サプリメントであろうが、不妊を治したり、妊娠させる効果のあるものは存在しない。

どれも最終的には、その人自身の体調を整え、月経リズムを整え妊娠を促すもので妊娠するのは、自分の力だ。

極端に女性ホルモンが少ない人や異常がある場合は、新薬のホルモン剤で基礎体温、排卵が整うかもしれないが、大概の人は、ホルモン自体に問題があるわけではない。
ただ不妊高度治療を除いて治療するとしたら、ホルモン剤くらいしかないからだ。

漢方薬は、体調を整え、月経リズムを整え、自然妊娠の成功率を高めるものなので、飲み続けていれば、かってに妊娠するわけではない。

サプリメントにいたっては、メーカー自作の理屈が多く本当のところは、効いているのかどうかさえ怪しい。

どちらにしても、最も大きな問題は、自分自身の体調が本当に整っているかということ。

自分の体調は、生活の影響で成り立っている。
生活環境(食事やストレス、気候など)と全く関係なく体調が悪いのであれば、それは、感染症や遺伝子の病気、器質的な問題の可能性がある。

つまり、どの治療を選択肢するにしても、自分自身の身体を整えていくというのは避けられない。

特にホルモン剤は、体調を整える目的ではなく、排卵させたり、高温期を伸ばすことが目的。
もちろん、その人の体質とは全く関係なく。

体調を整えることではない証拠に皆、同じ種類のホルモン剤を使い、医療期間は、それを延々と妊娠するまで出し続けている。
下手すれば、ホルモン剤によって余計に体調を崩す人もいる。これは明らかに体質の違いがあることを示している。


不妊治療クリニックから治療をはじめるのも1つの方法だと思うが、本当にホルモン剤が必要なのか、まずは、基本的な体調を整えることからはじめることが必要なのかを考えてみてもよいかもしれない。


結局、難しいのは、妊娠することより流産せずに健康な赤ちゃんを産むことなんだから。
その時に頼りになるのは、自分の体調だ。

電気にしてもそうだが、今後の経済活動のために原発が必要かどうかより、日本全体が、今までのような垂れ流しの部分の電気が必要なのかどうかを考える時期かもしれない。

まず、本当に必要かどうかを検討し、それらを振り分け、それから必要なことに取り組んでいく。

原発も、不妊治療もそういった時期にきているのかもしれない。
posted by 華陀 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

あれ? 不妊相談してましたっけ??

変な話を患者さんから聞きました。
それは、うちのサイトを検索していたときの話です。

いろいろなサイトで不妊漢方の相談をしているので、どこに相談すればよいのかわからないとのこと。
「どこのサイトが不妊漢方相談をしているのですか?」
と聞いて、いくつかのサイトの名前を教えてもらいました。

お店の名前を聞いていて「あれっ?」とちょっとひっかかりました。

僕は昔、全国のいろいろな漢方薬局の先生と仕事をしていたので、漢方相談をしているお店のことは、ある程度、裏事情まで知ってます。

何にひっかかったというと、あそこもここも不妊相談をしているのです。

もちろん、そのお店のことは昔から知っています。

あの店、不妊相談なんかやってたっけ???

気になったので、現在もその漢方薬局と仕事をしている人に確認してみました。

「◯◯漢方薬局って、昔から不妊相談してました?サイトをみたら不妊漢方専門です。みたいなこと書いてあるんだけど」

そしたら、

「そうなんですよ、先生もご存知の通り、最近不妊漢方相談をはじめられたのですよ」
「やっぱりそうなんや、僕が直接知っている頃は、不妊のふの字もなかったもんね?」
「最近、流行りですから・・・」

そう、今、不妊治療は困っている人が多いので、看板をかけかえているんですね。
ひどいサイトになると、「自分たちも不妊で悩みました」って不妊症だったみたいにでっち上げて書いてあります。

僕が直接、その先生を知っている頃は、不妊治療のことなんて、聞いたこともなかったです。

流行りにのっかることも商売上、必要かもしれませんが、もう少し漢方の目的は治療だということも自覚してほしいですね・・・。

えっ僕ですか?
僕は、自分が不妊症で悩む前から不妊症専門で相談していました。
そして、夫婦で実際に不妊症で悩みました。

だから、漢方薬のことだけでなく、そのときの心境や環境の事、実際の悩みをなんでも相談してくださいね〜〜
posted by 華陀 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

レアアースと漢方薬


レアアースが最近問題です。

レアアースとは、希少な鉱物類で、ハイブリットカーや液晶テレビを作る際に必要なんです。

でなんで、問題になるかというと、世界中の国が中国から輸入していて、ほとんど中国に頼っているのですね。

そのレアアースを中国は最近、売ってくれなくなりました。
尖閣諸島の問題もあるし、経済発展してきている中国は、これからも経済発展させるために、いろいろと作戦を考えるようになっているのですね。

中国は、今、レアアースの輸出を制限しています。
建前は、今のペースで輸出し続けたら、国内のレアアースが枯渇してしまうということ。

大変なことにレアアースは市場で4倍位の値まで跳ね上がっています。

そして、将来、漢方薬の原料である生薬もこのレアアース的存在になりつつあります。
この対応で期待したいです。

以下は日経新聞の記事
 ↓
http://www.nikkei.com/tech/ssbiz/article/g=96958A9C93819696E0E5E2E4818DE0E5E3E2E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E5E2E3E0E2E3E2E1EAE4E2

2日前にちょうど、漢方薬は限りある資源で漢方薬は湯水のごとくあるわけじゃないよって書きました。

んで、将来ほんとに漢方薬がヤバい感じなんですね。

だから、しつこいですが、真剣に漢方を勉強してまで漢方薬を扱う気のない人は、将来の医学のためにやめるべきだと思いました。

漢方は体質を考えずに処方するものではないし、西洋医学やサプリメント販売の片手間でできるものではないと思います。
腕がいいか悪いかではなく、漢方に対する努力と時間が必要です。

漢方では、東洋医学独特の思考と経験が必須なので、
 「西洋医学の診療の傍ら、たまに漢方薬を処方する」
では、いつまでたっても漢方薬の腕はあがらないと思います。

●病名だけで判断して、詳しい体質判断しないで処方してる先生
●売れればいいと思っているメタボ漢方のメーカーさん
●サプリを漢方だといって販売してるお店の先生

将来の医学のために真剣に漢方に取り組むか、、、
あるいは、漢方薬を体質、考えないで売るだけ、
をやめるか、分岐点に来たのではないでしょうか・・・


soudanbutton.gif
漢方についてなんでもお聞きください

人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif


posted by 華陀 at 16:02| Comment(2) | TrackBack(1) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

漢方薬は限りある資源

漢方薬は、野菜などと同じ、自然界の限りある資源です。
不作の年などは、品薄になるし、絶滅の危機にある漢方生薬もあります。

新薬は、大量生産できる化学品なので、原料調達にそれほど、苦労はしません。
中には、原料が石油由来やアクリル樹脂由来のものもありますので。

実は、このごろの中国の市場経済の発展によって漢方薬自体が、非常に貴重なものになりつつあります。

だから、大事に大事に使っていかないといけないのです。

漢方は本来、人の身体を治すためにあるものなので、「はやっているから」「自然のもので化学薬品より人気があるから」とか「なんとなく漢方に興味があるから」で取り組むのではないと思っています。

漢方は西洋医学の理論とは全く違うものなので、理解できなければ、無理してやる必要はありません。

漢方薬を使って、治せる治せないは、腕の差があると思いますが、漢方をやるからには、真剣に取り組んでいくことは最低限必要なことだと思います。

なので、病名が一緒だったら、誰にでも同じ漢方薬を出す人(不妊症だったらみんな当帰芍薬散など)とか、メタボにいいといって大量に売ろうとする医薬品メーカー(体質別で選ぶ気がなく、売る気が満々です)

今一度、漢方は、まず治療するということがあって、売ることが一番重要ではないということを考えてほしいです。
患者さんは悩んで相談にこられるのです。

漢方がいくらでもつくりだせるものであれば、ジャンジャン売って、
安いもの、高いもの、皆さんの価値観で選べばよいと思うのですが、少しずつ少なくなっていく資源です。

なので、西洋医学の片手間とか、サプリメントを販売する片手間で使うのは、漢方薬の無駄遣いのような気がします。
だって、適当に選んだ漢方薬は効かないので・・・

そして、漢方治療を考えておられる方も、
漢方とは本来、数百種類の中から、自分の体質にあわせて飲んでいくものなので、通常の医薬品と一緒のように考えて、病名や症状であわせて飲むのではなく、また、片手間で漢方薬を扱っているところより、しっかりと真剣に漢方を勉強し、漢方として相談をしているところで飲まれるようになるといいなと思います。

それが、貴重な漢方生薬を節約することにつながりますし、真剣に漢方治療に取り組んでいる患者さんのためでもあります。


soudanbutton.gif
漢方薬について かわいい
漢方薬のことなどは・・・


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

インターネットの正しい使い方


皆さん!
インターネットで漢方の事を調べたりしますか?

しますよね〜

その時に気をつけていただきたいことがあります。

僕んとこには、よくこんな質問があります。
「私のようなアトピーが○○の漢方薬で治ったと、あるホームページに書いてあったのですが、その漢方薬で治りますか?」

この時に2つ注意しておかないといけないことがあります。

1つは、インターネットの情報は嘘も一杯!

悩みに関するキーワードを入れれば、瞬時にそれに関連するホームページがたくさんでてきます。
めっちゃ、便利ですね。

でも、全ての情報が正しいとは限らないのです。
インターネットのホームページの情報は、個人でつくったページやショッピングのホームページ、よく知っているメーカーのホームページなど
いろいろなホームページがあります。

自分の知りたい情報はたくさん出てきますが、正しい情報なのかどうかは別の問題。

なので、インターネットサイトから情報を得るときは・・・
■誰が書いた情報なのか?
■どんな機関(個人の趣味、お店、研究所、大学、政府機関などなど)から出た情報なのか?

これらをよく考えて情報を選ばないと・・・
「やったーすごい情報をたくさん知ることができた!・・・全部、ニセモノだけど」
なんてことになっちゃいます。

漢方相談のお店をやってる僕が言うのもなんですが、少しでも利益が絡んでいるサイトの情報で、あえて悪い情報を流すことはありえません。いいことばっかりです。

「ひどいアトピーだった人が、3カ月間、○○の漢方薬を飲んだらすっかりキレイに」
「不妊クリニックの治療でも妊娠できなかった私が○○の漢方薬を飲んで妊娠しました」

もちろん、基本的には、本当のことを書いていると思いますが、嘘を書いていたってわかりません。現にホームページをつくるときの鉄則としてお客様の実際の声を乗せましょうと言われています。

みんながみんな、本当のことを書いているとは限らないし、本当のこと大げさにふくらましていることもあります。
また、患者さん自身の体験ではなく、お店のオーナーさんが勝手に書いているかもしれません。
ホームページの情報は鵜呑みにはできないということですね。

専門家の僕からみたら、特に健康食品、漢方薬、化粧品関連は、いいかげんな情報が多いですよ。
アトピー、シミ・シワ、不妊症などですね。

2つ目は、漢方の場合、他人の成功例はかならずしも自分にあてはまらない。

漢方薬は、体質にあわせてお出しします。
体質にあわなかったら、効果を発揮してくれません。

そして体質は人それぞれです。

つまり、ホーム―ページに書いてあった漢方薬が「あなたの体質にあう」とは限らないのです。

漢方の場合は、前に同じ不妊症の人が○○の漢方薬で妊娠したから、これでいこう!
というのは、通用しません。

毎回、その人、独自の体質を分析し、漢方薬を選ぶしかないのです。

だから、あくまで参考にしかならないということです。

「自分はどうせ違うかも・・・」

そう思ってもらっていても差し支えないかも。


では、では、漢方において偽物か本物かを見分ける方法をご紹介!

@漢方薬がショッピングカートで買えるようになっているところは、偽物の可能性大!!
だって漢方薬は体質別に選ばないといけないので自分だけで勝手に買えるのっておかしいでしょッ

A漢方薬は、当帰芍薬散とか温経湯とか四字熟語みたいな名前です。
最後に「湯」とか「散」とか「丸」とかがつきます。
それ以外を漢方と説明しているところは、健康食品を勝手に漢方に、こじつけている可能性大!!
書いた人の漢方の知識自体もあやしいものです。

B情報を書いたところに実際、電話して問い合わせする。
これが実は一番いい方法です。メールが発達したとはいえ、人と人のつきあいは変わりません。話を大げさに書いていたり、嘘をついていたりすれば、書いてあった情報に関して、詳しく話を聞いていけば、ボロが出てきます。すっきりいかない感じがあります。
例え、あなたが、漢方の知識がなくとも、そういったことは感覚的にわかるものです。

あっ、別に僕のホームページが一番いいですよって言ってるんじゃありませんよ。
患者さんに聞かれたホームページをみてみたら、「漢方知らずに書いてるんじゃないの」とか「これは、話をかなり盛ってるな」って思うところが多かったので、こんな記事を書いてみました。



soudanbutton.gif
大阪堺で漢方相談受付中 かわいい
不妊症で悩んでおられませんか?よろしければ一度ご相談ください。不妊と漢方の疑問になんでもお答えします。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

ある日の大建中湯

以前、テレビで大建中湯という漢方薬の特集がやってました。

大建中湯の効果を説明していたのですが、なんと、ネズミで実験した結果、こんな作用があります。みたいな説明でした。

これには、思わず笑ってしまいました。

西洋医学のお薬は、ネズミで実験しますので、おそらく、漢方薬も同じノリで実験したのでしょう。

でも、これは意味がないです。

西洋医学のお薬は、そのお薬の効果がどの部分にどのように効くのかを臨床で調べ、その作用が必要な病気の人に使います。

漢方薬は、そもそも効果を目標として使うものではなく、体質にあわせて使うものです。

そのためにその人の姿勢や声、脈をみたり、あれこれ聞いて、問診します。

そのネズミに誰が、聞くのでしょう???

「ネズミさん、お腹はどんな時に痛くなりますか?」

よくこういうふうにやっている漢方薬の実験をみて思うのですが、こんな実験なんの意味があるのかなと思います。

だいたい、食品でも細かく調べればなんらかの効果のある成分はみつかるものです。

漢方の生薬だって細かく調べれば、なんらかの効果のある成分はたくさん、みつかるでしょう。

でも、それに何の意味があるのでしょう。

「効果や成分がわかれば、どんな時に使えばよいかわかりやすいじゃないか」
お医者さんが言いそうですが、漢方は病名ではなく、体質にあわせて使うので、いくら、効果がわかっていても体質があっていなければ、微塵も効果を発揮してくれません。

効果がわかっても「どんな時に使うか」がわかっていなければ一緒です。

まず、必要なのは、どう体質を判断するか。
もちろん、漢方薬を選ぶ場合、西洋医学の理論は関係ないですよ。

最近の漢方のこういった研究は治療と関係ない1つのジャンルだなと思いました。

ただ単に漢方薬を化学的に実験してみるジャンル。
西洋医学の製薬には、役立つでしょうが。

漢方薬の効果や成分を研究するなら、漢方独特の診断方法も化学的に研究するべきだと思います。


soudanbutton.gif
不妊漢方相談受付中!
かわいい
不妊症でお悩みの方、一度漢方のことを聞いてみたいという方、お待ちしています!相談は無料です。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

得たいの知れない不安


僕のところには、メール相談なんかでよくこんな質問があります。
(うちの患者さんじゃありません)

『病院で漢方薬を処方してもらったけど、自分で調べてみたら、なんか自分の身体にあってない感じがしたので、飲むのをやめました』

『当帰芍薬散や温経湯を飲んだけど、よくわからなかったので、やめました』

よく似た内容が何件も・・・

なんとなーくよくわからないので飲まない・・・

なんでこんな事が多いのかな??

うちの患者さんは、『わからなければ即質問する』ルールにしてるので、こんなことがあることすら知りませんでした。

そこで考えてみた。

・・・・おそらく、病院か薬局かわからないけど、処方してもらった漢方をちゃんと説明してくれなかったので、どこか不安だったんじゃないのかなと。

漢方薬を飲んでみてもよくわからなかったのは、どんな症状や状態の変化があれば、続ければいいのか、また漢方薬を変更しなくちゃいけないのか指導してくれなかったんじゃないか・・・

漢方薬には、西洋医学のようにきっちりとした理論があります。
本当の漢方では、漢方薬を選ぶときは、体質をしっかり判断し、飲んだ後にどうなっていけば、続けるのか。
また漢方薬を変更するのかを事前に考えてから処方します。

症状や病名だけで選んじゃったら、飲んでからどうすればよいのかわからなくなっちゃうんです。
だって、『症状が治るか治らないか』しか判断する基準がないじゃないですか。

漢方薬は、数百種類ありますから、ちゃんと考えてから選ばないといけません。


soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
不妊症、にきびや蕁麻疹、アトピーなど病院のお薬を飲んでもなかなかよくならないとお悩みの型。
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

紫根 紫の根みたいな・・・


朝から紫根、紫根、紫根。

「紫根ください」

「いったいどうしたんだ!」

生薬の中でもめったに使わない紫根が、いきなり大人気!

僕はテレビをみていないので知らなかったのですが、どうもテレビでシミに
いぃということで紫根の化粧水が紹介されていたみたいですね。

「なんで紫根・・・」
紫根が肌と直接関係あったっけ・・・
紫雲膏は肌と関係あるけど・・・

気になるので、復習兼ねて、もっかい調べてみました。

そしたら、紫根は、涼血解毒。
紫根単体では、炎症性のにきびや女性の外陰部の炎症に外用として使います。

紫根が含まれている有名な漢方薬は紫雲膏。
これは、やけどやあせも、ひびわれ、傷の修復に使います。

「ん〜紫根単体でシミにいいのかよくわからん」

あっもしかして紫色素のアントシアニンかな・・・

たぶんアントシアニン?


soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
不妊症、にきびや蕁麻疹、アトピーなど病院のお薬を飲んでもなかなかよくならないとお悩みの型。
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

ツムラ漢方(カンブリア宮殿)


昨日、カンブリア宮殿でツムラ漢方のことがやってました。

漢方は、世間では、いろいろと誤解されているので、てっきり、そんな誤解を解いてくれる番組かと思いきや、ツムラのただの宣伝じゃない?

お医者さんにツムラの漢方を使ってもらうのに、社長が営業に対して、「はじめはすぐに効く頓服の漢方を医者に使ってもらえば扱ってくれる」
「その攻撃を2回繰り返すんだー」
てな感じで、治療の事より、「どうやってツムラは儲けてきたか」みたいな話になってたような印象です。

番組の中で『お医者さんは、漢方には、エビデンス(科学的根拠)がないから、扱いづらいのでさける傾向があり、ツムラ漢方を扱ってもらうのに苦労した』なんて話がでてましたが、そもそも、いまだに漢方のエビデンスなんて、的外れなことを言ってる医者がいるのにあきれました。

だいたい、そのエビデンスがしっかりしてる新薬で効いてない人がいるのに、エビデンスを気にしてること自体、笑えます。
僕自身も新薬で説明された効果をしっかりと感じたこと自体少ないです・・・

効果をあらわすのに勝手に平均値で効果を計測するというルールをつくっといて、「あなたがこの薬が効かないのはおかしい」みたいな態度をとられたという話をうちの患者さんからよく聞きます。

効かなかったら、効かない人がおかしいみたいな理論は変ですね。
普通なら効かない人がいるという事実が発覚したんだから、その原因を追及して、その薬は臨床を最初からやり直さないと。(莫大な費用が、かかるから絶対できなでしょうが・・・)

漢方薬は”使う”ものではなく”選ぶ”ものです。
新薬は、製薬会社が決定したあらかじめ決まった効果があります。
これは、服用する人によって変わることはありません。
誰が飲んでも同じ効果があるである。というものです。

なので、新薬は、体質など人にあわせて選ぶのではなく、病名を決定して、あらかじめ決まっている効果にしたがって、”使う”のです。

漢方は、”漢方薬=体質” 「足の冷えがあって疲れると耳鳴りがして・・・」
という人には、桂枝茯苓丸があっている。
または、「足の冷えがあって疲れると耳鳴りがして・・・」
という人はすなわち桂枝茯苓丸である。

という感じで、患者さんの体質を分析して、その体質をしめしている漢方薬を数百種類から”選ぶ”のです。

冷えてるから○○の漢方薬!!
痛みがあるから○○の漢方薬!!
この病気なら○○の漢方薬!!
なんて、症状や病名が一緒なら誰でも一緒のお薬になるような新薬とは、わけが違います。(こんな単純に処方できたら楽なんですが・・・)

桂枝茯苓丸にどんな効果やエビデンスがあるのか関係ありません。
桂枝茯苓丸を飲まれる方の体質が、その漢方薬とあっているかどうかです。
ちなみに根拠でいうなら、漢方薬は2千年の経験。新薬は200年の経験です。

ツムラも昨日でてた医者も、東洋医学に対して、とんでもない勘違いをしているなーと思いました。

いつになったら、漢方の誤解は解けるんだろう・・・


soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
不妊症、にきびや蕁麻疹、アトピーなど病院のお薬を飲んでもなかなかよくならないとお悩みの方。
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 12:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

パブロンの効果は・・・


この前、鼻炎のひどい男の子に漢方薬をだしました。
飲んで2日目位から、何年も詰まっていた鼻はみごとに通りました。

ところが!

寒いところから、温かくなると、一気に後戻り、鼻水は、ポタポタと垂れるほ
ど・・・

あんまり、ひどいので、「漢方薬を飲みながら、鼻水を止めるためにパブロン
を飲んでもいいですか?」と聞かれました。

「西洋医学のお薬は、早く対処するには、もってこいなので、まったくの同時
でなければ、一緒に飲んでもいいですよ。」と言いました。

パブロン鼻炎用は、鼻粘膜の充血を抑制するプソイドエフェドリン。
抗コリン作用により、鼻汁の分泌を抑制するベラドンナ総アルカロイド。
炎症の原因物質になるヒスタミンを抑制するマレイン酸カルビノキサミン。
炎症による腫れ、痛みを抑え、粘稠な分泌物や痰を溶かして排出しやすくする
作用があるリゾチーム塩酸塩。

4つの作用で鼻詰まりや鼻水を止めます。
この4つの効果をみていると効かないほうがおかしい感じがします。
そう思いません?

ところが、残念ながら、3日間飲んで、小指の先ほども効かなかったとのこと。

こんなとき、漢方家として知りたいのは、効く作用の理論より、

「なぜ、その人には効かなかったのか?」

成分が少なかったからなのか、パブロン鼻炎用が効かないことがわかっている
体質の人がいるのか? 鼻炎用と言いながら、全く効かない種類の鼻炎なんか
があるのか?

これは、漢方でも言えることです。
体質を判断するのが、とても難しいとき、本なんかに書いてある「こんな病気
にはこんな漢方を出したらいいよ」とマニュアルみたいに書いてあるのを読ん
でたら、このまま、体質なんか考えずに出せば、治るんじゃないかと錯覚する
ことがあります。

例えば花粉症に小青竜湯とか・・・

ところが、そんなに甘くない。

やっぱり花粉症でも、小青竜湯が効く人、桂麻各半湯が効く人
と明らかな違いが出るんですね。

理論上は・・・ 理論上は・・・

マニュアル的な考えは、西洋医学にしろ、東洋医学にしろ、結果を出してくれま
せん・・・

やっぱり日々、研究あるのみ。
生涯修行から逃げれそうにありません。


soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
不妊症、にきびや蕁麻疹、アトピーなど病院のお薬を飲んでもなかなかよくならないとお悩みの型。
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

アラジン-1

筑波大の研究グループが、アレルギー症状の発症を抑制する分子を発見したら
しい。

発見した分子は「アラジン-1」というもので、この遺伝子をもたない、ねずみ
は「アラジン-1」をもってるねずみの2倍近くのアレルギーを引き起こした。

花粉症やアトピーなどのアレルギーを根本的に抑制できる薬がつくれるんじゃ
ないかと注目されている。

でも、ちょっと待てよ・・・

西洋医学の治療ではいつも思うんだけど、そもそもアレルギー反応は、人間の
身体に元々備わっている機能だ。病気でもなんでもない。

その反応が花粉や黄砂で過剰に反応している状態が花粉症やアレルギー症状と
なって出ている。

中にはいるかもしれないが、ほとんどの花粉症の人は遺伝的に問題があって、
アレルギー症状が出ているわけではない。

おそらく、生活の中の問題(食事やストレス、睡眠)が複雑に絡みあってアレ
ルギー反応として出ていると思う。

それをアレルギー反応を抑えるお薬を飲んで症状を抑えたからといって本当の
意味で治るんだろうか・・・

「花粉症が3日ほどしか続かないから」って言う人だったら、3日間だけ新薬で
しのげばいいと思う。その方が効率的だ。

でも毎年、毎年、繰り返し、何ヶ月と症状に悩まされている人は・・・

長く飲んでいれば、元々ある身体の機能を抑制するわけだから、どこかに支障
がでてきそうだ。

製薬分野では研究でいろいろと新しい効果のある成分を発見しているが、結局
、人間の自然治癒力は絶妙なバランスの上に成り立っていると確認しているだ
けのような気がする。


soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
不妊症、にきびや蕁麻疹、アトピーなど病院のお薬を飲んでもなかなかよくならないとお悩みの型。
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

これって漢方薬!?


漢方は、めっちゃ誤解されていると思います。
うん、きっとそうだ! そうに違いない!

漢方について教えてほしいと電話がありました。

『PINEって書いてある漢方薬を漢方薬のお店ですすめられて買ったのですが、
これって漢方薬ですか?』

『はいっ!ちがいまーすッ!』

そもそも2千年前に中国で誕生した漢方に英語なんかありません。

葛根湯とか当帰芍薬散とか桂枝茯苓丸とか
最後に 湯・散・丸 とつくのが漢方薬です。

巷では、生薬ベースにしたサプリメントを漢方薬とよんだり、ただ単に漢方と
説明したりすることがあります。

【生薬を使ってたら→漢方薬】ではありません。

漢方薬は、生薬の組合せで構成された処方を漢方理論に基づいて、体質にあわ
せて飲むお薬のことです。

漢方薬で、ダ・イ・ジ・なのは体質判断と病理判断で漢方薬を選ぶことで、
生薬だったらなんでもえぇよ。ではないのです・・・
(サプリメントも原料は生薬や食べ物なので、身体に合う、合わないはあります)

サプリメントはつくったメーカーさんが勝手に『これで治りますよー』って理
屈をくっつけたものなので生薬を使っていても漢方理論がないので漢方ではな
いのです。

そこんとこよろしくです!

soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
不妊症、にきびや蕁麻疹、アトピーなど病院のお薬を飲んでもなかなかよくならないとお

悩みの型。
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

ツムラの漢方勉強会

以前にツムラの漢方薬の勉強会に行ってきました。
僕自身は、ツムラの漢方勉強会には、何の興味もないですが、世間のお医者さんの漢方レベルを知っておきたくて、参加しました。

まず、感じたのは、『漢方の医学理論自体は、知らないけど、病院では漢方薬を処方している』というお医者さんが7割位いたことです。

だから、勉強会をしてるんでしょうが・・・

以下、参加していたお医者さんが講師に質問していた内容を書きます。

(お医者さんの質問)
妊娠しているかもしれないときには、どんなお薬を選べばいいのですか?
何のお薬を出せばいいのかわかりません。
妊娠していたら使ってはいけないお薬がわからない。

(僕の意見)
いくつかあげていましたが、僕の経験からは、的外れだと感じました。


(質問)
うつの患者さんで、症状があてはまらずに、何を選べばいいかわからないときは、何を処方すれば、いいですか?
(答え)
実証とよばれるお薬以外(柴胡桂枝湯と柴胡桂枝乾姜湯)を処方すれば、無難ですよ。
 ↑
(僕の意見)
体質にあわせて処方する漢方薬を”無難”なもので、処方するという感覚がよくわかりません。


(質問)
西洋医学のお薬をやめると症状がぶり返す方が多いと思いますが、漢方でもその状況は一緒でしょうか?

(講師の答え)
漢方でもそれは、一緒で、その人のストレスなどの問題で、薬をやめると再発するので基本的には治らないです。
 ↑
(僕の意見)
『漢方薬を処方しなくてもいいじゃんと感じるような元も子もない答えですね。』


(質問)
うつで何の漢方を出せばいいかわかりません。

(講師の答え)
漢方薬を2週間飲ませて、何も症状が変わらない場合は、漢方薬を廃薬して、新薬に変えたほうがよいです。
 ↑
(僕の意見)
そもそも何を処方すればいいかに答えてません。結局、新薬に戻すとか本末転倒ですね。新薬に変えなくてもうつだけでも、15種類は、候補になる漢方薬があります。

とにかく、医者からの質問は、全般的にどうやったら、治るかより副作用を出さないように、どうすればクレームなく処方できるかが気になっているように僕は感じました。

あとは、講師の方が下記のことを説明していました。

◆患者さんが症状を訴えるごとに処方を付け足してく。
◆漢方薬を選ぶ東洋医学的根拠はなく漢方においては結構、いい加減に選んでいる
◆何を処方したらいいかわからない時は、自分で全部、飲んでみる。(何を言ってるのか意味がわからなかった)

それと、びっくりしたのですが、柴胡桂枝湯と柴胡桂枝乾姜湯は、違う処方であるということをいちいち説明してました。

『一般の人向けの勉強会じゃあるまいし、ド素人でない限り誰でも明らかに違う処方だと知っている基本中の基本のことをなんでいちいち説明しているんだろう』とすごく不思議でした。

僕としては、ツムラの勉強会の漢方レベルを知りたかったのですが、レベルの高い低い以前の問題でした。

その中で問題だな〜と思ったのは、基本すら、知らない素人同然の質問を繰り返していた病院が、自分のホームページに『漢方処方もします』とか「自分は以下に漢方に詳しいか」と書いてあることです。
なんとでも嘘をつけるWebサイトの怖さですね。

僕自身は漢方の事は、何ひとつ勉強にはなりませんでしたが、ツムラ漢方を扱っている病院の現状がわかっておもしろかったです。


soudanbutton.gif漢方相談受付中 かわいい
不妊症、にきびや蕁麻疹、アトピーなど病院のお薬を飲んでもなかなかよくならないとお悩みの型。
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif
posted by 華陀 at 18:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする