2006年02月22日

お薬は体質にあっていないと効かない!?

現代医学が考える病気とは、身体のどこかに1つの大きな原因があると考えます。それは、胃や腸などの臓器であったり、働きがおかしくなった細胞組織であったりと・・

身体を部品のように捉えて検査を行い、どの部品が悪いのかを分析していきます。基本的に個人差というものを考えません。

例えば太っていて関節の痛みがある人は、関節炎+肥満と考えます。痩せていて関節の痛みがある人は、関節炎と考えるだけで痩せていることは治療に関してあまり考えないと思います。

どちらのタイプであっても痛みを鎮めるお薬・ステロイドが治療薬exclamation×2
それに肥満の方は、検査してコレステロールが多ければコレステロールを抑える薬、もしくはダイエットとなり、関節炎に対するお薬自体は太っていようが痩せていようがあまり変わりません。

一方、漢方医学では、自然治癒の力には、大きな個人差があると考えます。グッド(上向き矢印)
なので太っていて関節炎痩せていて関節炎では、全然違う漢方薬を選ぶことになります。

「関節炎にはこの漢方薬!」という決まった選びかたはしませんあせあせ(飛び散る汗)
つまり関節という部品が悪くなっていると単純には考えません。

体質のどのバランスが崩れているかをみきわめる分析となり、関節炎だけにこだわりません。もちろん”関節の痛み”を無視するわけではありませんよ。

さっきの例からいくと漢方医学では、現代医学で重要視されていなかった”太っている””と”やせている”ことが重要になってきます。

漢方医学の真髄はココにあります。ぴかぴか(新しい)

目太っている方や筋肉質のしっかりした体質の方にあう薬
目痩せていて華奢な体質の方にあう薬
どちらのお薬も質が大きく異なります。

このお薬の選び方を間違うと大きな副作用はありませんが効くこともありません。どんっ(衝撃)
漢方薬を選ぶとき病名だけで薬を選ぶと、よくなるかもしれないし、何にもないかもしれない五分五分のバクチのような選び方になってしまいますね。

初めの問診で重要なのは、関節の痛みがどんな状態なのかも重要ですが、「あなたは痩せていますか?」 「太っていますか?」 も重要です。


soudanbutton.gif
漢方相談受付中 かわいい
リウマチや腰痛、関節炎など、病院のお薬を飲んでもなかなかよくならない方
あなたに1番あった漢方薬をお探しします!相談は無料ですよ。


                           
人気ブログランキングに参加しています。
役に立ったと思ったら、ぜひとも応援クリックお願いします m(__)m
    ↓
banner.gif


posted by 華陀 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

県別に肥満度ランキングを見てみよう
Excerpt: 県別肥満度ランキング 男女共に肥満の割合がもっとも高いのは沖縄! 他の肥満度ランキングは? 今回ご紹介する県別肥満度ランキングは読んで字のごとく県別に肥満度ランキングを調査したものです。
Weblog: やせる・キレイに・ダイエット!
Tracked: 2006-05-08 23:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。