2012年02月15日

食べ方を間違えるとからだが悪くなるトマトや生姜

トマトが売り切れているとのこと。

トマトや紫根、生姜、トウガラシ・・・

今までもいろいろなものが出てきては消えていきました。

こういった情報には踊らされないほうがいいと思います。

サプリメントも同じですが、こういった食べ物やサプリメントでは、「○○に有効な成分が入っている」

などといわれていますが、そもそも細かく分析すれば、食べものには、何かしら良い成分が絶対に含まれています。

まだまだ、現在の科学では発見されてないだけで、たくさん含まれている。

トマトの中に脂肪を燃焼させる成分があると発見されたのもそのうちの1つ。

成分を気にするのであれば、全部の食べ物を毎日、たくさん食べたらいいと思います。

かえってからだを壊しそうだけど。

サプリメントは、こういった成分が発見されたら、それをエキスにして錠剤にして売り出します。

セサミンなどもそう。

あれも要するにゴマ。

トマトもそのうちサプリとして登場するかもしれません。

漢方的には、何かの食材を偏って食べることはおすすめできません。

漢方では、食べ物には食性があると考えられています。

トマトなら、からだの余分な熱を鎮め、水を補ってからだを潤し気を下げます。

もし、あなたの体質的が、これとは逆に余分な熱なんかなくて、冷えていて、むくみやオシッコの回数が多くて、どちらかというと落ち着きがあり沈みがちの人だった場合は、トマトが毒になります。

そして、トマトを食べるのは夏がよいです。

こういったように食べ物の成分ではなく、食べ物の食性を考えたほうが、健康を損なわずに食べることができます。

キツイ言い方かもしれないが、現実は食べながら痩せるなんてありえません。

食べ物は健康を保つために食べます。

太るのは食べ物の種類の問題ではなく、量の問題

食べ物の成分が脂肪を燃やすかもしれませんが、食べる量を減らすことと運動することには到底かないません。

編食でからだを壊す前に、今日からご飯を少しだけ減らして、お家で少しの時間、もも上げ運動だけでもいいので、しばらく続けてみましょう。

3ヵ月後にはスリムになってるかも。

●高脂血症など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter


人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。m(__)m
    ↓
banner.gif


posted by 華陀 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康生活!食べ物のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。