2013年04月02日

漢方薬は効かなかった時もそこから得られるものがある。

漢方薬は「効くか?」「効かないか?」の2つの選択肢で飲むものではありません。
ここんとこが、かなり誤解されてる・・・。

そして、病院や薬局自体が勘違いか知識がないのか、わかりませんが、西洋医医学の薬と同じように考えて効果の「あるなし」で処方しているところが、ほとんどなので、業界自体が患者さんに漢方医学を誤解させてしまっています。

病院のお薬は、どんな効果があるのかが飲む前から決まっていますが、漢方薬は飲む前から効果は決まっていません。

例えば、頭痛に効く「鎮痛剤」は、誰が飲んでも、どんな体質の人が飲んでも、効果は「鎮痛」で痛みをなくす効果です。

漢方の場合は、頭痛を治すために処方する漢方薬は「体質」によって種類が変わります。

水毒という水の巡りの問題で頭痛になっている人。
月経時に強い頭痛に襲われる人。
気が巡らない気滞が原因んで頭痛という症状が出ている人。
など、頭痛1つとっても、いろいろな体質の人がいます。

漢方では、それらの人、全員、一緒くたに「鎮痛」して痛みを抑えるのではなく、
水毒の人なら水を巡らせる漢方薬。
月経時の問題なら血の巡らせる漢方薬。
気が巡らないなら気を巡らせる漢方薬。
をそれぞれの体質に合わせて体質を調整した結果「頭痛」という症状をなくしていきます。

実際は「頭痛」という症状だけに合わせるのではなく、身体全体の症状や状態をみて、総合的に見つつ、主に水の巡りが悪いとか、血の巡りが悪いとか、気が巡らないとかを判断します。

このように漢方薬は「痛み → 薬で痛みを止める」といったような単純な働きではないのですね。
「体質を頭痛がなくなる方向に向かわせる」といったほうがよいでしょうか。

だから、漢方の場合は「飲む前から体質に合っている」とわかることはあり得ません。

「僕が考え出した漢方薬を飲んだら症状が治った。 → 治ったから考え出した漢方薬が合っていた」となるんですね。

体質と合っていない場合は、悲しいくらいに効きません。
つまり、違う人でめちゃっくちゃ効いた漢方薬でも体質が違えば「自分には全く効かなかった」ということもあります。

そのために漢方は、病名や症状をあてはめていって漢方薬を選ぶのではなく、過去の病気や現在の症状、自分を取り巻く状況など、いろいろなことから今の体質を分析するのです。

ものすごーく詳しく分析しても、当たらないときもあります。
漢方薬の効果は、結局は結果論なので。現実はキビシーです。

じゃあ、効かなかったら、もうダメなのか?

そんなことはありません。
はじめに東洋医学的な体質の診断がされていて、今後の治療方針が考えられていれば、はじめに選んだ漢方薬が効かなくても、次に違う種類の漢方薬に変更することによって、治療の一歩を再び進めることができます。

全くの変化がないということはありません。
例えば、病院や薬局でやっているマニュアル的な病名や症状をあてはめて漢方薬を選んだ場合、言い方を変えれば、マニュアルまかせのあてずっぽうなので、目的の病気や症状が「治ったか?」「治らないか?」の2択になります。なので、細かな変化を見る事ができません。

最初に体質を判断し、治療方針を立てていれば、変化がなかった症状、変化があった症状を見直して、次の一手を打つ事ができます。
より詳しくみて、飲んだ漢方薬の後の変化を踏まえて、次の体質を考えていくのですね。

「この漢方薬、効かなかったな〜」ってなっても、次に進めていけます。

ただ、先ほどのマニュアル的に選んでいる場合は、治らないからといって、いろいろな漢方薬に変えていっても、やってることは毎回同じです。

元の体質判断や治療方針がないので、何と比べて「よかったか?」「悪かったか?」を考えることができないので、毎回、「治った、治らない」で次々に適当に漢方薬をためしていくだけになります。

それでも漢方薬自体は、いいものなので、ラッキーで体質とマッチングすることもあります。
でもそれは、狙ってではなく、ただ運がよかっただけ。

ルーレットと一緒ですね。
そんな先生は「なぜ、治ったのか?」「なぜ治らなかったのか?」は永遠にわかりません。

漢方薬は、どんな体質にでも共通する効果がなく、合わせる体質によって効果が変化するので、漢方医学理論の詳しい先生と毎回、話し合いながら一歩、一歩、治していくものです。

東洋医学的体質の診断なく、今後の治療プランのないものは、漢方ではなく、漢方薬を商品として買ってるだけだと思います。




posted by 華陀 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。