2013年08月22日

漢方治療には科学的根拠(エビデンス)がない?

よく漢方にはエビデンスがないと批判されます。
特に西洋医学の優秀な医師から。

エビデンスとは、簡単にいうと科学的根拠のことですね。

「漢方は科学的な証拠がない!だから効果なんてあるのかないのか疑わしいっ!」
ってな感じに言われます。

実はこの感覚。
西洋医だけではありません。

一般の人は批判はしませんが「なんか怪しい・・・」と思っている人もいます。

なぜか特に男性。
漢方の効果を疑っている人は、なぜか男性が多い。
かく言う、僕も初めは漢方って、占いかなんかの眉唾ものだと思っていました。

その点、女性はすごいです。
漢方が科学的にどうなのか?なんて気にしません。

「もし、漢方治療にチャンスがあるのなら、やってみよう!」
みたいな感じです。
多分、新しいことや環境に飛び込む度胸が女性の方が男性よりもあるのだと思います。

ちょっと、話が逸れましたが、漢方にはエビデンスがないと言っている人は、そもそもの前提を間違っています。

その前提とは、漢方に医学がついているからといって科学的かどうかで考えること自体が違います。

こう書くと「ほら、ほら、漢方をやってる人って、問題をすり替えようとするし、宗教じみてるよね」って思われるかもしれませんが、まー聞いてください。

漢方が科学的でないから非科学的かというと、そんなことはありません。
これほど、科学的に捉えていこうとした医学はないと思います。

ただ、科学的、理論的な捉え方が違うのです。

漢方は科学的でないと言われる人は、大概が西洋医学的な方向の思考から考えています。

西洋医学の思考とは「何か1つの現象が何か1つの原因に起因する」という考え方。(僕の勝手な持論ですが)

だからすぐに「その漢方薬の成分は何か?」「なんの成分がどう効いたのか?」ということを問題視します。

しかし、そもそも、漢方医学自体が1つの現象を細かく細かく捉えていこうとは考えていません。

身体を全体で捉えて、その全体がどんなバランスで成り立っているのかを考えていきます。
根元の考え方が違うのですね。

漢方薬は何か1つの病気や症状を何か1つの成分で治そうとはしません。
また、その成分を増やしていって治す症状を増やしていこうとするような単純な足し算もしません。

何種類もの異なる働きをもった生薬が1つの処方となって、身体中のいろいろなところに効いていくのです。

構成されている生薬、1つをとってもいろいろな働きがあります。
何百種類、ひょっとしたら、何千種類の働きが組み合わさって身体全体を調整しようとします。
組合わさった生薬は足し算ではありません。(しつこいか・・・)

だから、漢方は非科学的に効いているのではなく、働きが複雑すぎて、現在の科学では捉えられないのです。

それに加えて、漢方薬は病名に合わせるのではなく体質に合わせます。
体質は人それぞれ違います。

2人の同じ頭痛持ちの人がいたとします。
一方の人の症状には頭痛以外に軽いめまいや胃もたれがある状態。
もう一方の人に頭痛以外に夜中のオシッコ。
このたった1つか2つの特徴的な症状が加わるだけで頭痛持ちの2人の体質は全く変わるのです。

体質が変われば、当然、選ぶ漢方薬も変わります。
同じ漢方薬で治せないのです。

この 「体質=漢方薬」 というお薬の選び方も科学的に証明する邪魔をします。
漢方薬が、その都度、その人に合わせた、それぞれの働きになるので一定して分析できないのです。

だから、非常に理論的ですが、科学的には捉えることは難しいです。

では、科学的に捉えるのは難しいから、適当な医学なのか?

そんなことはありません。
漢方は2千年前から発達してきましたが、その2千年間で一度も「西洋医学的な科学理論で捉えて治療しなさい」なんて言ってません。

現在のヘンテコな方法は、厚生労働省やツムラなどに代表される漢方薬メーカー、漢方的体質をみれない医師達が、自分たちの都合でやり始めたことです。

大昔から、漢方は漢方の理論で診断すれば、スムーズにいくようになっています。

なぜ、あれだけの漢方理論が揃っているのに、なぜ、漢方では指示したこともない西洋医学理論を無理矢理あてはめて漢方をやろうとしたり「エビデンスがない」と言っているのか・・・とても不思議です。

頭を科学でガチガチに固めないで、人間の感情や自然など、世の中のまだまだ科学で解明できない部分に目を向ければ、漢方がなんとなくみえてくるように思います。




posted by 華陀 at 18:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
漢方がなぜ効くのかはわかってないってこと?
Posted by at 2016年02月12日 03:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。