2014年02月18日

風邪や菌の漢方治療は病気との戦争

漢方は治療を病気と戦う戦争に例えて考えます。

また漢方は西洋医学とは全く違うものなので、この考え方や感覚をもっていないと、体質にあった漢方薬は選べません。

この感覚がない場合は、素人と同様に症状や病名にあてはめてマニュアルをみて漢方薬を選ぶしかありません。

そういった使い方だと一般的に思われているような漢方薬は病院の治療の補助的なものんに成り下がってしまい、思ったより効かないものになります。

漢方薬を効かないものにしてしまっているのは薬自体の効果が強い、弱い以前に、処方する使い手がヘタだからです。

使い手、つまり処方する先生の腕が、ヘタクソだと漢方薬は一向に言う事を聞いてくれません。

僕も含めて漢方家はヘタクソにならないように日々、勉強が怠れないのですね。

話しが逸れましたが、特に風邪などの急性治療は西洋医学的な治療感覚を全部捨て去り、漢方的な感覚が必要になります。

漢方では風邪などの感染症系は戦争と同じように考えます。

いわば「病気」と「体内」の攻城戦です。

治療が戦いのストーリーになります。

病気を漢方では「邪」と呼びます。

「邪」はイメージで言えばウィルスとか菌系の感じですね。

ただ漢方の場合はイメージ医学なので「邪=ウィルス」ではありません。

カゼではない「風邪(ふうじゃ)」という邪は風の病気の元となるもので、風にふかれると骨に影響するなど、病気の原因になります。

今回は急性の話しなので、カゼなどのウィルスや菌のイメージです。

その邪は身体の上部から攻め込んでくると考えられます。

漢方では肺から上の部分を上焦というのですが、その上焦が自分の陣地(体内)の城郭ですね。

鼻や口が最初の城郭です。

ここから邪は侵入を開始します。

この邪を免疫がどうたらこうたらという西洋医学の話しにはなりません。

漢方では急性の場合はまず、どこまで攻め込まれているかを考えます。

喉まで症状が来てなければ邪の侵入は浅いとみて漢方薬を考えます。

太陽病というランクに属している漢方薬から選びます。

風邪なら葛根湯ではないのですね。

初期ほど、侵入度合いは浅く強めの漢方薬を使います。

ちなみに漢方薬の場合は「強めのお薬=効果が高い」ではありません。

強いお薬はそれなりの体力が必要になりますので、あくまで現状の体質と合っているかどうかが重要です。

強いお薬は効けば早いです。

戦と同じで城への侵入が浅いほどやっつけやすい。

つまり治療しやすいです。

この時もどんな強さの武器(漢方薬)を使うか選ばないといけません。

この時点で数種類の武器(漢方薬)があります。

武器の使い方を誤れば、自分の陣地もダメージを受けます。

そしたら敵方有利です。

漢方薬は慎重に選ばないといけません。

急性の病気の初期の漢方治療は1回ずつが勝負です。

急性の場合は見誤れば、敵は一気になだれこみます。

邪がさらに攻め込んでくると、戦いの場は中焦という肺からおへそまでの位置に移ります。

まずは上から順番なので、喉。そして気管支。

それと同時に病気を分析する時、漢方では身体の表面に邪がいるのか、裏にいるのかということもみます。

3次元的な見方ですね。

なんか漢方っておもしろくないですか?

僕だけかな治療で、ワクワクしながら戦略を考えてるのって。

医者みたいにマニュアル見て、自動的い漢方薬を選ぶのってもったいないと思います。

おもしろくもないし、効きもしないし。

喉や気管支系は中焦の位置の病気でもあり、半分が表面で半分が裏面の半表半裏という位置に病がいるとも見ます。

敵は喉から胃、腸、膀胱へと下へ下へと侵入していきます。

漢方的は下にいくほど病が深いとみます。

それと胃腸などの消化器は漢方では補給基地です。

補給基地がやられたら、いくら強い武器をもっていても戦えません。

だから食欲があれば戦えますが、食欲がなくなると戦は圧倒的不利になります。

漢方薬を吸収するのも胃腸ですからね。

なんか順番に書いていったら、おそろしく長くなりそうなので重要なポイントだけ。

なぜ病気の軍隊がどの位置にいるのかとか、病気の軍隊がどれくらい侵略しているかを知る必要があるのでしょうか?

それは各戦場の場所や侵入の度合いごとに使える漢方薬が決められているからです。

その状況に合わせた武器(漢方薬)を使わないといけないのですね。

漢方は「カゼ=葛根湯」や「インフルエンザ=麻黄湯」といった幼稚な考え方で処方はしませんよ。

治療戦略を自分で考えるのです。

漢方においては、マニュアルは参考にはしても、それに従うものではありません。

それは、おバカでヘタクソな先生の処方です。

●風邪や喉痛、インフルエンザなど、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉


posted by 華陀 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気を治す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。