2015年08月04日

漢方薬は症状や病名を当てはめるだけでは治らない

漢方って謎すぎて一般の人に対して、いろいろな誤解を生んでいるような気がします。

その一般の人の中に「医者」も入っているので、なお誤解に拍車をかけているように思います。

「医者が漢方をわかっていないのに治療で使っている。そんな訳ないじゃん!」

って思われるかもしれませんが、わかっていないというか、今の病院で処方されている方法は東洋医学と関係がない医者用の西洋医学的なよくわからないオリジナルの漢方処方といったものです。

2千年もの昔からの知恵と経験があるのにそれを全部無視した勝手なオリジナルの方法

平たく言えば、デタラメな漢方薬の選び方をしています。

もったいない。

その中で最も誤解されているのは、「西洋医学の病名や症状に合わせて、東洋医学の漢方薬を選べばいいんじゃないか」という誤解。

一般の人も医者もこれをよく誤解しています。

不妊症に当帰芍薬散とか花粉症に小青竜湯みたいなおかしな選び方。

西洋医学の問診とは別に東洋医学的な問診をとらずに漢方薬を処方しているものは、デタラメな方法とみて間違いないです。

この間もおそらく症状に当てはめて漢方薬を選べばいいとお考えの方だと思うのですが、「頭痛とめまいと下痢ではどんな漢方薬が合いますか?」という質問がありました。

「自分が気になっている症状を順にあてはめて、漢方薬を選べば治っていくだろう」という誤解

ネットの情報も月経不順と冷えがあれば当帰芍薬散など「この症状ならこの漢方薬を使えば治るんだ」と誤解させるような嘘の情報が常識化しています。

また、病院もこれと同じ方法で処方しているので、余計にこういうのが漢方なんだと誤解されています。

うちでは、症状のあるなしのチェックだけで250箇所あります。

また「症状があるかないか」だけでなく、それ以外に「どんな症状なのか?どんな状況でその症状が悪くなったり良くなったりするのか?」「病院での治療暦、自分が気になっている症状以外の何か病気があるか?」「職業(体の1日の動きを知る為)」などなど、いろいろなことをお聞きしています。

なぜ、自分が悩んでいる症状や病名だけで漢方薬を選んではいけないのでしょうか。

西洋医学のお薬は鎮痛剤とか止瀉薬とか、薬の効果が決まっています。

また、西洋医学のお薬は体質を治すものではなく基本的には、1つの症状を1つのお薬の効果で、その場だけ抑えるだけのものです。

だから、その時の症状に合わせて薬を選びます。

漢方薬は効果が決まっていません。
例えば、葛根湯は風邪薬として有名ですが、そのほかにも蕁麻疹や歯肉炎、下痢にも使います。

ここでまた1つの誤解が生まれます。

「1つの漢方薬にはいろいろな作用がある」

間違ってはいないのですが、皆さんがイメージする「いろいろな作用」があるわけではありません。

葛根湯自体がどんな体質の人に対しても風邪薬や蕁麻疹の薬になるわけではありません。

葛根湯を東洋医学的な作用で表すと3つの証で成り立っています。

(証とは体質を構成要素、もしくは病気の原因です。その要素や原因が合わさって今のあなたの病的な状態をつくっています)

葛根湯の効果や作用は「表の寒証」、「表の実証」、「脾胃の熱証」です。

これが葛根湯の効果

よく、漢方薬の効果を教えてくださいという質問がありますが、これが皆さんになじみ深い葛根湯の効果です。

全く意味不明ですよね。

そうなんです。

漢方と西洋医学は全く違う医学なので、葛根湯に鎮痛効果とか咳止め効果なんて、わかりやすいものを期待してもダメ。

それは西洋医学的に勝手にくっつけた効果。

葛根湯の働きは上の3つで、これ以外はありません。

そして、漢方では「効果=体質=証=漢方薬」なのです。

ややこしくなってきましたね。

この辺あたりから一般の方も医者もチンプンカンプンになるようですね。

葛根湯は風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢にも使うとお話ししましたが、これはどんな人の風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢でもOKというわけじゃないのです。

風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢も人によって「その原因」が違います。

例えば風邪の原因が「表の寒証」、「表の実証」、「脾胃の熱証」というものであれば、葛根湯がで治ります。

また違う人の風邪の原因が漢方的に「表の水滞症」「表の虚証」だと葛根湯では治りません。

風邪という病名が同じでも、「証」とう原因が違えば、他の漢方薬を選ばないと治らないのです。

つまり、漢方薬は風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢という症状に対して、人ぞれぞれの原因(証)があって、それに対していくつもの種類の漢方薬があるのです。

ややこしいですね。

大体、風邪だけでもその時の状態によって10種類くらいを使い分けます。

漢方には治療原則に同病異治、異病同治というものがあります。

同じ病気は異なる漢方薬で治るし、異なる病気は同じ漢方薬で治るというもの。

要は病名や症状でなく体質(証)で漢方薬は合わせるのですよ。という意味です。

だから、症状だけであてはめようとしたって、証(体質)が違えば、その漢方薬は全く効きません

なんだったら、風邪や蕁麻疹や歯肉炎、下痢という病気も経過した時間が変わっていくだけで漢方薬が変わっていきます。

症状や病名が同じでも経過時間で選ぶ漢方薬が変わるのです。

だからネットやメーカーからもらったマニュアルの症状や病名だけで漢方薬を選ぼうと思ったら、飲んだほうがいいかもしれない漢方薬は無数にでてきます。

(詳しく調べればいくらでもあてはまっていく。自分の都合で調べるのをやめれば、その症状と漢方薬が合っているように勝手に思い込んでいるだけ)

証を分析できないなら、片っ端からためしていくしかありません。

それこそ、治るか治らないかは占いなどのラッキーのレベル。

これと同じ占いレベルの治療を病院でやってるから、漢方は誤解されるのです。

漢方薬があやふやな怪しい薬ではなく処方する医者などの人間の側があやふやで怪しいのです。

全ては、病名や症状ではなく、あなたの体質(証)がなんなのか?にかかっていますよ。

自分で漢方薬を選ぶにせよ、誰かに選んでもらうにせよ、体質(証)を証明することが漢方治療の第一歩です。

●下痢や蕁麻疹など、漢方相談ご希望の方は、こちらのまごころ漢方の「無料漢方相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【このブログの著者】
まごころ漢方薬店 国際中医師 松村直哉

FaceBook

Twitter



posted by 華陀 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方ってなんだろう? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。